追っかけわたしの特集

特集 : 熱海土石流災害

熱海土石流 損賠訴訟参加「議会の了解必要」市長会見

 熱海市伊豆山の大規模土石流の遺族、被災者が土石流の起点となった盛り土を含む土地の現旧所有者らに損害賠償を求めた訴訟で、斉藤栄市長は24日の定例記者会見で、市が原告側の補助参加人として訴訟に参加するかどうかについて「議会の了解が必要」と述べ、現時点では決まっていないとした。被告の現土地所有者側が県、市、斉藤市長に訴訟への参加を促す訴訟告知を申し立てたことについては「困惑を禁じ得ない」と述べ、「市として被災者のために何かできないか考えたい」と話した。自身の参加については「市の立場と相反することはないだろう」との認識を示した。

いい茶0

熱海土石流災害の記事一覧

他の追っかけを読む