追っかけわたしの特集

特集 : 熱海土石流災害

熱海土石流 検証委“行政失敗”総括 川勝知事「受け止める」

 熱海市伊豆山の大規模土石流を巡り、静岡県の行政対応検証委員会が「県と市の対応は失敗だった」と総括したことについて、川勝平太知事は25日の定例会見で「正面から受け止める」と述べ、全面的に受け入れる考えを示した。同市の斉藤栄市長は検証委の結果に「県所管の関係法令に踏み込んでおらずバランスに欠ける」との認識を示していて、両トップで見解の違いが鮮明になった。
 川勝知事は遺族や被災者に「申し訳ない気持ちでいっぱい」と謝罪した。その上で、県と市の連携不足や当事者意識の欠如など検証委による総括について「短期間で膨大な資料を検証してもらった。指摘はもっともだ」と語った。
 遺族らが崩落した盛り土の現旧所有者らを相手取った損害賠償請求訴訟で、原告を補助する形で裁判に参加するよう原告側から要請されたことに関しては「被災者の立場に立って判断する。県として何ができるか、そう遠くない将来に方針を示す」とした。

いい茶0

熱海土石流災害の記事一覧

他の追っかけを読む