テーマ : 熱海土石流災害

熱海土石流 前所有者ら廃棄物搬入か 百条委、証人尋問で関係者証言

 熱海市伊豆山の大規模土石流に関する市議会調査特別委員会(百条委員会)は11日、起点の盛り土部分を含む土地の前所有者の関係者に対する証人尋問を行った。同百条委が法的拘束力のある証人尋問を行ったのは初めて。
 同日の証人は、前所有者が関わった解体現場で発生した木材などの産業廃棄物の仮置き場を貸した人物。証人は「廃棄物を置かせてあげただけで前所有者に片付けるように言った。金をもらったわけでもない」と述べた。廃棄物は前所有者らが伊豆山に運んだとの見方を示した。
 「建設残土を伊豆山に運んだことはあるか」との質問には、自身の関係先を含め「ありません」と答えた。

百条委員会の証人尋問 地方自治法第100条に基づき設置される特別委員会で、証言や記録の提出を求める調査権限がある。参考人は委員会の求めに応じる義務がないが、証人は正当な理由なく出頭を拒んだり、虚偽の証言をしたりすると禁錮刑や罰金刑が科せられる。

いい茶0

熱海土石流災害の記事一覧

他の追っかけを読む