テーマ : 熱海土石流災害

川勝​知事「報告を尊重」 逢初川の砂防規制放置で見解【熱海土石流】

 熱海市伊豆山の大規模土石流を巡り、盛り土(積み上げた残土)のあった逢初川上流域で砂防法に基づく規制が放置されていた問題で、川勝平太知事は11日の定例記者会見で、上流全体を規制しなかった県の対応を「妥当」とした県行政対応検証委員会の報告内容を尊重するとし、県に法的問題はなかったとする認識を明らかにした。
 検証委は砂防法関連の検証について「手が回らなかった」(青島委員長)とし、他の関係法令を重点化して議論していた。
 川勝知事は会見で「今から思えば適用すれば良かったという法令は他にもある」とした上で「結果論から言うのではなくて検証委の検討結果を最大限尊重するのが県の立場だ」と述べた。
 地権者の同意取得が求められる砂防規制の在り方に関しては「(検証委で)しかるべき議論がされた」と説明したが、検証委は地権者の同意取得の是非を議論していない。検証委の報告の妥当性が今後焦点になりそうだ。
 砂防ダムの管理を担当していた熱海土木事務所の歴代職員に県が事情聴取をしていないことには、砂防課から報告を受けていないとして同課に確認する方針を示した。

いい茶0

熱海土石流災害の記事一覧

他の追っかけを読む