追っかけわたしの特集

特集 : 熱海土石流災害

川勝知事「検証委の判断」 熱海土石流、関係職員の証言一部公表巡り

 熱海市伊豆山の大規模土石流の行政対応に関わった職員への聴取内容に関して静岡県内部で情報公開の対応が食い違っている問題で、川勝平太知事は25日の定例記者会見で、県の行政対応検証委員会(委員長・青島伸雄弁護士)が関係職員の証言の一部だけを公表したことについて「青島委員長の判断に異論はない」として、検証委の判断だったとする認識を示した。証言全体を非開示とした県の決定は「(自身が)直接判断しているわけではない」と述べた。
 一方、検証委側は概要をまとめた資料を作って一部公表を判断したのは聴取を担当した県法務課だったとしており、川勝知事の認識を否定している。同課は情報開示請求に対し、検証委の結論まで証言全体を非開示とする判断を出していて、専門家から「ちぐはぐな対応。迅速な公開を行うのが県の務めだ」と指摘されている。
 川勝知事は非開示の理由について「市の検証と突き合わせないといけない。調整などをしないまま違う意見が出てくると誤解を与える」と説明した。

いい茶0

熱海土石流災害の記事一覧

他の追っかけを読む