テーマ : 熱海土石流災害

知事「再検証しない」 熱海土石流、砂防規制放置問題で見解

 熱海市伊豆山の大規模土石流を巡り、逢初(あいぞめ)川上流域で砂防規制が放置されていた問題で、川勝平太知事は8日の定例記者会見で、県行政対応検証委員会(委員長・青島伸雄弁護士)が報告書をまとめた後に新たに分かった事実を踏まえても、砂防規制を放置した行政対応を再検証する必要はないとする考えを示した。
 砂防規制の県の対応に関しては、検証委が「妥当」と判断した報告書をまとめた後に、検証委で県側の説明が不十分だったことや砂防担当職員へのヒアリング結果が判明した。
 川勝知事は砂防規制について「検証委で一段落した。新たに検証する動きはない」と述べた。砂防規制しなかった理由に関しては「砂防法を導入するにはそれなりの要件があり、それを満たしていない」と説明した。
 ただ、国は砂防規制の対象として「土石流危険渓流」や「開発区域・開発予想区域」を挙げていて、逢初川上流域はいずれも該当している。

いい茶0

熱海土石流災害の記事一覧

他の追っかけを読む