テーマ : 熱海土石流災害

難波喬司・静岡県副知事退任 理事としてリニア、土石流担当継続

 難波喬司副知事(65)が17日、2期目の任期満了を迎え、退任した。18日付で一般職任期付職員の県理事として県に採用され、引き続きリニア中央新幹線と熱海市土石流災害の二つの県政課題を担当する。

任期最終日に記者会見する難波喬司副知事=17日午後、県庁
任期最終日に記者会見する難波喬司副知事=17日午後、県庁

 任期最終日の17日は副知事として最後の会見に臨み、約2時間にわたって土石流災害を巡る県の対応などを説明した。2期8年の所感を問われ、「最後の日なので笑顔で退任したいところだが、この問題を考えると会見の場で振り返ることはしたくない」と胸の内を明かした。
 一方で「副知事と県理事の立場は全然違う」と述べ、「県理事になってからでは踏み込んだ発言ができない可能性があり、任期中に記者会見をしたいと思っていた」と語る場面もあった。
 難波氏は国土交通省大臣官房技術総括審議官などを歴任し、退職後の2014年に副知事に就任した。在任期間は県政史上最長。
 川勝平太知事は12日の定例記者会見で、リニアと土石流については副知事と同じ権限を持つと説明し、「退任後も実績豊富な経験、見識をいかんなく発揮してほしい」と述べた。県理事の任期は1年。後任の副知事人事は未定で、当面、県職員出身の出野勉副知事(69)の1人体制となる。

いい茶0

熱海土石流災害の記事一覧

他の追っかけを読む