テーマ : 熱海土石流災害

渡辺周氏(立民、衆院比例東海) 盛り土規制の実効性を【とうきょうウオッチ/永田町便り】

 熱海市の大規模土石流を受けた盛り土規制法案が衆院を通過した。国土交通委員会で政府に対し、実効性確保に向けた質問、提案をした。野党提出の修正も実現して一定の成果を得たものの、ここからが重要だと指摘する。
 「成立すれば半歩前進。ただ、課題は残る。例えば施行までの期間。政府は1年とするが、この間に駆け込みの盛り土が増える懸念がある。短縮を求めたい。国交委は13項目もの付帯決議を全会一致で可決した。異例の数で、この法案で全て満足しているわけではないという意識の表れだ。国会の場で引き続き政府の取り組みをただす」

いい茶0

熱海土石流災害の記事一覧

他の追っかけを読む