テーマ : 熱海土石流災害

熱海土石流発生から5カ月 静岡県警、不明者を捜索

 7月に熱海市伊豆山で起きた大規模土石流で、静岡県警は3日、発生から5カ月に合わせ、行方不明になっている女性の一斉捜索活動を行った。土石流が襲い26人が犠牲となった現場を中心に、県警機動隊など約50人態勢で臨んだ。

行方不明者の発見のため一斉捜索を行う関係者=3日午前11時10分ごろ、熱海市伊豆山
行方不明者の発見のため一斉捜索を行う関係者=3日午前11時10分ごろ、熱海市伊豆山

 隊員らが午前10時ごろから岸谷地区の立ち入り禁止区域に入り、女性の自宅周辺や土砂が流れた逢初川の下流部を重点的に捜索した。被災現場では、がれきの撤去は大きく進んだ一方、いまだ多くの土砂や被災家屋が残っている。隊員らは太田さんの発見につながる手がかりを地道に手作業で探した。
 県警は11月12日に海域での一斉捜索を実施した。この日も河口付近や沿岸部の捜索活動を継続した。
 同隊の西川功隊長は「家族や市民の期待に応えられるように1日でも早く女性を発見する」と述べた。

いい茶0

熱海土石流災害の記事一覧

他の追っかけを読む