あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

特集 : 函南町

函南メガソーラー調査 自民県議PTが中間報告会

 函南町軽井沢の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画を巡り、地元の請願を受けて県が行った林地開発許可の調査を進める県議会自民改革会議の対策プロジェクトチーム(PT)は26日夜、中間報告会を同町の農村環境改善センターで開いた。
 PTは10月の産業委員会集中審査、11月の閉会中審査を通じ、災害防止や環境保全など林地開発許可の基準を定める森林法4要件に沿って県の対応が適切だったかを主眼に調査を行った。
 調査の結果、許可の申請書に記された集水区域、改変面積などに誤りがあったほか、調整池の雨水を放流する河川の狭さく部について県と事業者の間で協議が行われていない点などが明らかになったという。狭さく部は水が流れにくいため河川への影響が大きく、4要件に含まれる「水害の防止」について調整池が適切な設計になっているか「判断する根拠がない」と審査上の問題点を指摘した。

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む