あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

特集 : 函南町

ごみ分別、減量の大切さ理解 函南・西小で講座 再生利用の仕組みも

 函南町は24日、ごみ分別出前講座を西小で開いた。ごみ焼却場での社会科見学を予定している4年生が受講し、事前学習としてごみの分別、減量の大切さを学んだ。

ごみの分別、減量の大切さを学んだ出前講座=函南町立西小(写真の一部を加工しています)
ごみの分別、減量の大切さを学んだ出前講座=函南町立西小(写真の一部を加工しています)


 町環境衛生課の職員が町民1人当たりが毎日出すごみと同じ重さのペットボトルを用意し、児童らは手に持ってごみの量を体感した。スチール缶は鉄製品に、新聞紙はチラシになるなど、分別によってごみが生まれ変わる仕組みも学び、リサイクルの重要性に触れた。ごみを減らすための目標として「食品ロスを出さないよう、もりもり食べる」「分別は2度、3度確認して正しく行う」などと意見を出し合った。
 職員は「おうちで家族とも話し合い、みんなで取り組んでほしい」と呼びかけた。

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む