LIFEライフ

静岡新聞教育文化部

【静岡県立美術館 の 「天地耕作 初源への道行き」展】 担当学芸員渾身の年表に拍手

静岡新聞教育文化部が200字でお届けする「県内アートさんぽ」。今回は、静岡市駿河区の静岡県立美術館で2月10日に開幕した「天地(あまつち)耕作 初源への道行き」展。会期は3月27日まで。

1988年に端を発する「天地耕作」の30年超を追う。村上誠さん、渡さん兄弟と、山本裕司さんの3人が協働で行った浜松市が拠点の美術制作プロジェクトは、自然物を自然の中に置くことが主眼。多くの人の目に触れることが目的ではなく、いずれ「自然に還る」ことが運命づけられている。台風に見舞われた「天地耕作 弍」の顛末から、それを強く感じた。このような「尖がった」企画展を県立の美術館で、静岡新聞社・静岡放送の主催で行うことが誇らしい。学芸員渾身の年表に拍手。(は)


静岡新聞教育文化部

静岡県内の音楽、美術、文学、演劇、パフォーミングアーツなど、さまざまな表現活動を追いかけます。教育分野の動きもフォロー。最新情報は公式X(旧Twitter)で。

あなたにおすすめの記事

RANKING