LIFEライフ

SBSラジオ IPPO

津波防災とハザードマップについて静岡大・牛山素行教授が警鐘!能登半島地震から学ぶ、命を守る一番の手段とは?

今回は津波防災とハザードマップというテーマについて、静岡大防災総合センター教授で副センター長の牛山素行教授(災害情報学)にSBSアナウンサー牧野克彦が話を聞きました。

おすすめは国土交通省の「重ねるハザードマップ」

牧野:ハザードマップがひとつテーマですが、改めてハザードマップから何が分かるんでしょうか。

牛山:大雨に伴う洪水の浸水範囲やその深さ、土砂災害の危険性のある場所、津波の到達範囲、様々な避難場所などが載っているものもあります。

市町村が作るハザードマップもありますが、色の使い方や名前が違ったり、市町村ごとにバラバラな場合があります。特定の市町村だけ見続けるのであればいいのですが、出かけた先や自分が住んでいない場所の危険性を見るには、国土交通省作成の「重ねるハザードマップ」が最もおすすめです。市町村のハザードマップに比べて情報の更新は遅いですが全国一律で同じ情報を見ることができます。

広範囲で捉えて相対的な危険性を把握しよう

牧野:今手元で検索し「重ねるハザードマップ」のサイトを開いていますが、洪水や土砂災害、高潮などのボタンがあって、それぞれのボタンを押すと詳しい情報が表示されて分かりやすいです。見方の注意点はありますか。

牛山:厳格に読み込まないことが大切です。「自宅の危険性を確認しましょう!」というと自分の家だけを見てしまいがちですが、ハザードマップで示される情報は計算の前提になるデータにより大きく異なります。

そのため「自宅は何分後に浸水するんだ」などあまり細かなところを見てもしょうがないんです。家1軒を見るのではなく、地図の広い範囲で見て、どのあたりが相対的に危険あるいは安全なのかを見ておくことが適切だと思います。

牧野:参考にしつつも想定を超えてくることもあることを意識したほうが良さそうですね。

牛山:想定より被害が大きいことも小さいこともあるので、ぜひピンポイントに見るのではなくて広範囲で見てください。

避難場所・経路を固定的に考えるとパニックに陥る危険性も

牧野:とはいえ先生、赤いエリアに自宅が入っていると相当気になってしまいます。避難指示を待たずに逃げることを意識した方がいいですか。

牛山:まず場所のことで言うと、避難場所が示されていることが多いと思いますが、これもあまりこだわりすぎない方がいいです。特に津波の場合、避難場所であろうとなかろうとどうでもいいわけです。基本は少しでも高く少しでも早く海岸から速やかに移動することが重要です。決められた避難場所はここなんだと固定的に考える方が弊害があります。

「避難経路を考えましょう!」とよくやりますが、あまり細かく覚えても仕方がないと思うんです。東日本大震災の時はあまり建物が倒壊しなかったため「道がふさがって避難が難しかった」とはほとんど聞きませんでした。ですが今回の能登半島地震は、建物が大量に倒壊し、通れない道だらけなんですよ。そうなると「ここに避難しよう!」と決め込んでしまうとそこでパニックになって打つ手なしになってしまうかもしれません。

海岸付近で強い揺れを感じたら、すぐに避難が大原則

牛山:なのでハザードマップと同じであまり細かく考えずに、どっちが安全性が高い方向なのか、付近一帯の地形を大まかに頭に入れておく方が重要です。また避難指示や津波警報を待たずに海岸付近にいて強い揺れを感じたらすぐに移動するのが大原則です。

牧野:能登半島地震の津波被害はどのような規模でしたか。

牛山:今まさに調査中ですが、津波で流されたり、津波による被害を受けたりした家で亡くなった人は、おそらく少なくとも4人くらいはいらっしゃると思います。今回は揺れによる倒壊規模が非常に大きく、揺れによる倒壊と津波の影響が混ざり合っている部分はかなり多いと思います。海岸付近でも多くの建物が倒壊してしまいました。改めて津波は注意しないといけないと思いました。

今回、津波の規模は、海岸付近で高い所で地面から3メートル前後くらいで極端には大きくはなかったです。集落に到達した時間も30分くらい後だと思います。あくまで結果論ですのでもっと早くもっと大きな津波が到達していたら、さらに大きな被害があったかもしれません。

「住み替える」ことも方法のひとつに

牧野:改めて静岡県に住む私たちが津波に備えて意識しておくべきことは。

牛山:1にも2にも耐震化しかないと痛感しています。現場を見ると道幅5〜6メートルで車がすれ違える道路も完全に倒壊した建物に閉塞(へいそく)されているのが珍しくありません。こんな状態ではいくら避難経路の確認や訓練をしていても意味がなく、建物が壊れてしまっては何にもならないと感じました。

そういった点を踏まえて、「建物を建て替える」、「耐震化を進める」、「住み替える」というのも対策だと思います。今回も高齢の方が亡くなっているケースが多いですが、条件が許せば、高齢者施設に移り住むのも住み替えのひとつかと思います。いずれにせよ「壊れにくい町」を作っていかないとどうしようもないなと痛感しました。

牧野:分かりました。皆さん、まずは「ハザードマップを大きく捉えて傾向をつかむ」、「耐震化」や「住み替える」ということも備えとして考えてください。

※2024年3月7日にSBSラジオIPPOで放送したものを編集しています。
今回お話をうかがったのは……牛山素行先生
長野県生まれ。信州大卒業。京都大防災研究所助手、東北大災害制御研究センター講師、岩手県立大准教授などを経て2009年に静岡大着任。内閣府、気象庁、自治体などの公的委員を歴任。日本自然災害学会副会長。専門は風水害を主対象とした災害情報学。

SBSラジオIPPO(月~金曜:朝7:00~9:00)忙しい朝を迎えているアナタに最新ニュースはもちろん、今さら人には聞けない情報をコンパクトに紹介!今日の自分をちょっとだけアップデート!番組公式サイトX(旧Twitter)もぜひチェックを!
radikoでSBSラジオを聴く>

関連タグ

あなたにおすすめの記事

  • 住民を守った入念な事前の備え「地域のつながりで命を救う」能登半島地震 最北端の町は【わたしの防災】

    住民を守った入念な事前の備え「地域のつながりで命を救う」能登半島地震 最北端の町は【わたしの防災】

    SBSテレビ LIVEしずおか

  • 「発生した状況が参考になる」南海トラフ地震と多くの類似点 能登半島地震の津波“3つの特徴”【わたしの防災】

    「発生した状況が参考になる」南海トラフ地震と多くの類似点 能登半島地震の津波“3つの特徴”【わたしの防災】

    SBSテレビ LIVEしずおか

  • 命が一番大事…でも避難後の寒さや食料も心配 「防災」弁護士が考えた“津波避難すごろく”【わたしの防災】

    命が一番大事…でも避難後の寒さや食料も心配 「防災」弁護士が考えた“津波避難すごろく”【わたしの防災】

    SBSテレビ LIVEしずおか

  • 能登半島地震の津波調査“海底地すべり”が起きた可能性も 南海トラフ地震では「いきなり大きな津波襲来のリスク」【わたしの防災】

    能登半島地震の津波調査“海底地すべり”が起きた可能性も 南海トラフ地震では「いきなり大きな津波襲来のリスク」【わたしの防災】

    SBSテレビ LIVEしずおか

  • 「後悔しないように」津波から自分たちの命を守った“てんでんこ”を語り継ぐ【わたしの防災】

    「後悔しないように」津波から自分たちの命を守った“てんでんこ”を語り継ぐ【わたしの防災】

    SBSテレビ LIVEしずおか

  • 「噛んでいて差し歯がとれた」被災地で欠かせない口腔ケア 歯科専門チームが能登半島地震で奮闘【わたしの防災】

    「噛んでいて差し歯がとれた」被災地で欠かせない口腔ケア 歯科専門チームが能登半島地震で奮闘【わたしの防災】

    SBSテレビ LIVEしずおか

  • 「知らないことは怖いこと」視覚障がい者向け“防災マップ”は音で伝えます! 耳で聞いて災害リスクを知る【わたしの防災】

    「知らないことは怖いこと」視覚障がい者向け“防災マップ”は音で伝えます! 耳で聞いて災害リスクを知る【わたしの防災】

    SBSテレビ LIVEしずおか

  • 「命は一番大切」地震が来たら警察官が率先して逃げる…変わる津波対策 東日本大震災から13年

    「命は一番大切」地震が来たら警察官が率先して逃げる…変わる津波対策 東日本大震災から13年

    SBSテレビ LIVEしずおか

  • 「津波により壊滅状態で大きな被害」能登半島地震 被災地派遣の消防隊員と市職員が活動報告=静岡・沼津市

    「津波により壊滅状態で大きな被害」能登半島地震 被災地派遣の消防隊員と市職員が活動報告=静岡・沼津市

    SBSテレビ LIVEしずおか

  • 「高齢化が進むと耐震化が進まない」能登半島地震で相次いだ住宅倒壊 伊豆半島も似たような環境 対策が欠かせず

    「高齢化が進むと耐震化が進まない」能登半島地震で相次いだ住宅倒壊 伊豆半島も似たような環境 対策が欠かせず

    SBSテレビ LIVEしずおか

RANKING