LIFEライフ

SBSラジオ IPPO

ジャニーズ副社長の滝沢秀明さん、事務所を退所!

芸能リポーター菊池真由子さんに、旬な芸能ネタをご紹介いただくコーナー。今回は、ジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明さんの退所について、SBSアナウンサー牧野克彦がうかがいました。
※11月1日にSBSラジオIPPOで放送したものを編集しています。

ジャニーズ激震

菊池:ジャニーズ事務所の滝沢秀明さんが事務所を退所したというニュースが飛び込んできました。スポーツ紙ではかなり大きく報じられています。ジャニーズのホームページでも正式に発表されました。

牧野:噂レベルではあったんですか?

菊池:10月31日のお昼過ぎぐらいからザワザワしはじめて、でも「嘘でしょ」みたいな感じなんですよ。滝沢さんはまさにジャニーズという感じがしますし、ジャニーズJr.時代からリーダー的な存在で、仲間たちをずっと引っ張ってきて「小さなジャニーさん」と呼ばれているほどジャニーズを愛していました。タッキーはこのままずっとジャニーズでいくんだろうなと思っていました。

牧野:ですよねえ。

9月中旬に退任の申し出

菊池:ジャニーズ事務所によると、滝沢さんから9月中旬に退任の申し出があったということです。事務所側は残ってほしいと言ったそうなんですが、本人の意思が固かったそうです。

滝沢さんはジャニーズ本体(株式会社ジャニーズ事務所)の副社長のほかに、グループ会社の「ジャニーズアイランド」の社長を務めているんですね。これはデビュー前の新人を育成する会社で、ジャニーズJr.の人たちが入っています。ジャニーズアイランドの社長は、9月26日の役員会で承認されて退任していました。ジャニーズの副社長の方は、10月末で退任となりました。 

牧野:9月の時点で決まっていたのに、意外と漏れないものなんですね。

菊池:既に後任が決まっていて、元V6の井ノ原快彦さんが「ジャニーズアイランド」の社長に就任しています。

牧野:イノッチですか。

菊池:「滝沢さんとは違うけど、ジュニアたちと一緒にいろんなものをつくりあげていきたい。できないものはいろんな人の手を借りてやりたい」という感じの井ノ原さんらしいコメントを出していました。

滝沢さんのプロデュース力

菊池:滝沢さんは2018年いっぱいでタレント活動を引退した後、裏方としてジャニーズJr.の育成に携わってきました。 ジャニーさんの下でジャニーズイズムをもっと学びたかったところ、急逝されて。そんな中、ひとりで画期的な取り組みをやってこられました。

Snow ManとSixTONES、この2グループを2020年に同時デビューさせました。同時デビューはこれまでなかったことです。ひとつずつグループをデビューさせていくことがセオリーというか当たり前だった中、2グループを同じ日にデビューさせていく。

牧野:両グループとも好調ですよね。

菊池:Snow Man派・SixTONES派みたいにファンも意識し始めますし、プロデュース力はすごいなと思います。もう一つはTravis Japanです。Travis Japanは、10月28日に全世界配信デビューしています。これもジャニーズ事務所初なんです。ジャニーさんがずっと世界デビューを夢見て、願っていたというのがあって、それを滝沢さんの力で実現した形です。

滝沢さんは今年3月、Travis Japanをロサンゼルスに留学させました。現地でオーディション番組に出て、活躍しているところをアメリカの大手のレコードレーベルが目をつけ、契約に至りました。日本逆輸入という感じですよね。先に世界デビューをして、花道を作って日本に帰ってくる。この仕掛けも滝沢さんが作ったといわれています。

Snow ManとSixTONESをすごいグループにして、Travis Japanが無事に世界デビューを果たし、一区切りという部分でこのタイミングの退所なのかなと思います。

タッキー、今後は火山探検家に⁉

牧野:新しいことをするのが好きな方だったから、全く新しいことに挑戦したくなったんですかね。

菊池:会見もなくコメントを出す予定もないそうなので、滝沢さんの気持ちはわからない部分が大きいと思います。私の取材では、休養しながら今後は実業家になるのではという話も出てきています。ネームバリューもありますし、何をされても「タッキー」ですから、という部分ってあるじゃないですか。

ただ、タレント復帰は可能性が低いといわれています。 ずっと裏方でいくんじゃないかと。 演出とか映像系にはとても強いので、今後もそういうクリエイティブな仕事に携わっていくのではないかという見方もあって、いろいろな意見が出ているんですね。

牧野:そうですか。

菊池:ひとつ面白かったのが、スポニチさんが「火山探検家になるのでは」と報じているんです。

牧野:ないでしょうそれは(笑)。

菊池:まだタレントのころ、テレビの企画で火山の調査をして以来興味を持っていて、入れる火山に挑戦しているそうなんです。趣味の域を超えているということで、そっち方面の人脈もあるし、火山探検家になるのではというのが、私は衝撃的でした。

牧野:まだ我々知らないタッキーの面が、ひょっとしたらあるかもしれないですね。

菊池:ジャニーさんのお葬式の取材で東京ドームに行った時のエピソードですが、私もお焼香というか手を合わせたかったので、会が終わるギリギリの時に一人で行ったんです。一人だけ異彩を放ったオーラがあるスタッフがいて、パッと見たら滝沢さんでした。普通にスーツ着てインカム持って、スタッフに指示出してました。裏方に回っても隠せないオーラというか、醸し出すイケメンのフェロモンは、今後も隠し通せないだろうなと思いますね。

牧野:ジャニーズ事務所とは敵対せず別れているんですか?

菊池:敵対ということはわからないですが、円満かどうかもまだわかりません。滝沢さんのコメントが出ないのが気になります。

牧野:続報が出たら教えてください! 今回もありがとうごございました。
今回、お話をうかがったのは……菊池真由子さん
東京都生まれ、東京アナウンスアカデミー卒業。卒業後、ケーブルテレビ局のグルメ・旅番組のリポーターに。日本テレビ『レッツ!』でワイドショーリポーターとなり、その後も同局『ザ!情報ツウ』『スッキリ!!』などにレギュラー出演した。取材現場での積極的な姿勢と鋭い質問で、“現場の爆弾娘”の異名をとる。現在は1児の母として育児をしながら、取材や番組出演をこなしている。

SBSラジオ IPPO

SBSラジオIPPO(月~金曜:朝7:00~9:00)忙しい朝を迎えているアナタに最新ニュースはもちろん、今さら人には聞けない情報をコンパクトに紹介!今日の自分をちょっとだけアップデート!番組公式サイトX(旧Twitter)もぜひチェックを!
radikoでSBSラジオを聴く>

関連タグ

あなたにおすすめの記事

RANKING