LIFEライフ

トロライターズ

「葵わさび」×「木乃華サクヤ」 静岡のご当地VTuberが初のリアルイベントを開催 

2023年5月28日(日)、静岡市葵区長沼のユピテル静岡研究所で、静岡のご当地VTuber「葵わさび(ユピテルプラス所属)」と「木乃華サクヤ(静岡新聞SBS公認)」が出演するライブステージイベント、『Azalee(アザリー)』が開催されました。

これまでにお互いのYou Tubeチャンネルで20回以上のコラボを行っている「葵わさび」「木乃華サクヤ」の2人ですが、リアルイベントの開催は今回が初めて。集まったファンや関係者らおよそ100人と『わさくや』(※“わさび”と“サクヤ”の意味)が一体となり、会場はリアルイベントならではの熱気に包まれました。

会場となったユピテル静岡研究所のXRスタジオは、最先端の機材・設備を備えていて、2人がVTuberであることを忘れさせるような迫力と臨場感です。

ライブにトーク、じゃんけん大会も 盛りだくさんの2時間


トークショーと歌唱ライブを中心としたステージはおよそ2時間。木乃華サクヤのオリジナル曲『桜クライム』は、「葵わさび」「木乃華サクヤ」の2人で歌う“わさくや”バージョンで披露されるなど、コラボイベントならではの演出となっていました。

このほか、賞品の用意されたじゃんけん大会などもあり、ゲスト参加型のプログラムが会場を沸かせていました。

ステージ以外も充実 リアルイベントならではの仕掛け


リアルイベントならではの楽しみは、ステージだけではありません。会場となったユピテル静岡研究所2号棟のショールームには、等身大パネルが展示され、その脇にはスタッフが記入したメッセージボードと、ゲストが自由に記入できるホワイトボードが設置され、県民ちゃんら(※「県民ちゃん」は木乃華サクヤのリスナーを表す言葉)たちの撮影スポットとなっていました。

屋外の芝生エリアには、ARスポットが設置されました。ユピテルが提供している、キャラクターと一緒にARや空間認識で写真撮影ができるスマートフォンアプリを使うと、“わさくや”が画面に現れ、限定ボイスを聞くことができます。

グッズの販売コーナーも充実していて、2人が揃った今回のコラボイベント限定のグッズが人気を集めていました。「葵わさび」「木乃華サクヤ」それぞれのグッズも販売され、牧野パパ(木乃華サクヤの生みの親)ことSBSの牧野克彦アナウンサーが売り子を務めた「木乃華サクヤ」グッズは、ほぼ売り切れとなりました。

正午に開場し、ステージ開幕の午後3時までおよそ3時間あった今回のイベント。お腹を空かせた県民ちゃんたち向けに販売されていたのは、静岡市のパン屋「ブレッドランド NACHURU」が“わさくや”をイメージして作ったサンドイッチです。

柴漬けのたまごサンドイッチ(木乃華サクヤ)、鶏肉とわさび漬けサンドイッチ(葵わさび)という、変り種のサンドイッチが2種類セットになっていました。

「葵わさび」からサプライズ発表 オリジナルの新曲披露


ステージから物販、関連展示等まで充実していた今回の『Azalee』ですが、初のリアルイベントに合わせて、重大発表もありました。「葵わさび」初となるオリジナルソングの発表です。

歌唱時にはアニメソングやボーカロイド曲を中心にカバー曲を披露することが多いVTuberにとって、自身のオリジナルソングを制作・発表することは、大きな意味を持っています。これにより、“わさくや”はいずれもオリジナルソングを持ったご当地VTuberとなりました。

充実の初開催 今後に期待


VTuberの2人、そしてスタッフにとっても新たな挑戦であった初のリアルイベントは、ファンの熱がその場でしっかりと感じられる充実したイベントだったに違いありません。

第2回はあるのか?はたまた新たなコラボや単独のイベントが開催されるのか?新たな境地を開いた静岡のご当地VTuberから、今後も目が離せません。

(文:深夜の天輔星)
 

トロライターズ

静岡新聞SBS有志による、”完全個人発信型コンテンツ”。既存の新聞・テレビ・ラジオでは報道しないネタから、偏愛する◯◯の話まで、ノンジャンルで取り上げます。読んでおくと、いつか何かの役に立つ……かも、しれません。お暇つぶしにどうぞ!

あなたにおすすめの記事

RANKING