LIFEライフ

静岡新聞運動部

清水エスパルスのDF高橋祐治「こんな悔しい経験したことない」 MF西澤健太「力不足痛感」

来季をJ2で戦うことが決まった清水エスパルスは6日、本格的に選手の契約更改交渉を開始しました。取材に応じた選手の声の一部です。

DF高橋祐治


ー今季を振り返って
「前半戦はあまりチームの結果が出ない中でも、守備は地道に渋くやれていた。守備陣の皆で手堅く頑張った1年だったと思う。それだけにリーグ最終戦、プレーオフ決勝と自分の甘いプレーで全員を悲しませてしまったので、そこは悔しい」

「個人的にはサッカーやってきてこんなに悔しい経験はしたことがない。メンタル的にもここまで落ちてしまうような経験はこれまでなかったので、まだ頭の整理がついていなく厳しい状況だが、この状況を変えるのは自分自身のこれからの活躍や結果だと思うので、少しずつ顔を上げていくしかないと思っている」

ーJ2の難しさは?
「一番難しかったのは、もともとJ2にいたチームは僕たち清水に対して毎試合、本来持っている力の何倍も強い力で挑んできた印象があった。1点入ればゲームの進め方は楽になるが、入るまでは大変だった」

MF西澤健太


ー今季を振り返って
「監督交代の責任も僕は感じているし、出ているうちに結果を残さなければいけなかったと思う。監督が代わってからはあまり試合に出られなかったが、チームが勝っている姿は誇らしかったし、このチームで上がりたかった」

「強いチームは若手が生き生きしていて、生き生きさがゆえにミスもあるが、それをベテランがカバーするチームが健全だと思う。そういう雰囲気をつくってあげられなかったのは責任を感じているし、そこに僕も割り込んでいけなかったのは自分の力不足を痛感している。

今年はいろんなポジションをやったりして難しかったが、良い意味ですごくサッカーを考えたなと思うので、それは本当に僕にとって良い経験だったと思うし、これをどう生かしていくか。この1年が無駄じゃなかったと数年後に言えるようにやっていかなければいけないと思う」
シズサカ シズサカ

静岡新聞運動部

静岡新聞社編集局運動部がサッカーや野球、バスケットボール、ラグビー、バレーボールなど、さまざまなスポーツの話題をお届けします。紙面では紹介しきれない選手たちの表情や、ちょっとしたこぼれ話をお楽しみに。最新情報は運動部の公式X(旧Twitter)でチェックを!

あなたにおすすめの記事

RANKING