LIFEライフ

静岡新聞運動部

清水エスパルスのMF乾貴士「感情的になって祐治に申し訳ない」 DF吉田豊「気持ちを込めて魅力あるクラブに」

清水エスパルスのMF乾貴士選手とDF吉田豊選手が、契約更改交渉のためクラブハウスを訪れました。J1昇格を逃した今季を総括してもらいました。

MF乾貴士
<J2リーグ32試合出場 10得点10アシスト>


ー今季を振り返って
「新しいポジションで充実した1年だった。ただ、最大の目標を達成できなくて申し訳ない。最後の試合では感情的になって(高橋)祐治のことも言ったが、1年間頑張ってくれた選手なので全員が感謝しているところがいっぱいある。

批判が来ているみたいなので、自分が言ったことは申し訳ないと思っている。自分は(批判を)気にしないが、気にする人もいるのでやめてほしい。(東京ヴェルディ戦の結果は)点をとれなかった自分にも責任もあるし、祐治が悪いわけではないってことだけは伝えさせてほしい」

ートップ下のポジションに定着した
「自由にわがままにやらせてもらっていたので、責任はあったし、ただその責任を果たせなかったというところでは満足は全くしていないし、もっとチームを勝たせられる選手になりたいと思う」

吉田豊
<J2リーグ32試合出場>


ー9季ぶりに古巣に復帰したシーズンとなった
「よくやれた部分とまだまだの部分がある。以前に所属していた時とは違う立場なので、選手としてはもっと上を目指すためにやらなければならないことはたくさんあった。ただ、自分がチームのことを考えて行動するところは以前の所属時よりもできたのではないかと思う」

「(昨年に)再度清水にオファーをもらって、地元ということもあるし、気持ちを込めてこのクラブに帰ってきたので、魅力あるクラブにしたいと思っている」
シズサカ シズサカ

静岡新聞運動部

静岡新聞社編集局運動部がサッカーや野球、バスケットボール、ラグビー、バレーボールなど、さまざまなスポーツの話題をお届けします。紙面では紹介しきれない選手たちの表情や、ちょっとしたこぼれ話をお楽しみに。最新情報は運動部の公式X(旧Twitter)でチェックを!

あなたにおすすめの記事

RANKING