立候補者8氏 川勝知事との連携、距離感さまざま【参院選しずおか】

 22日の公示から1週間が経過し、選挙戦真っただ中にある参院選で、川勝平太知事が鳴りを潜めている。昨年10月の参院静岡選挙区補欠選挙では、街頭で特定の候補者の応援に立つなど注目を集めたが、今回は目立った行動をしていない。補選でのいわゆる「コシヒカリ発言」が問題視された際に表明した「政務をしない」との約束が守られている格好だ。一方で、国と県との連携は県民生活の向上に欠かせない。参院選静岡選挙区の立候補者に川勝知事との連携を聞くと、距離感の違いが浮き彫りになった。

川勝平太知事との連携について 各候補者の考え
川勝平太知事との連携について 各候補者の考え
参院選静岡選挙区 立候補者
参院選静岡選挙区 立候補者
川勝平太知事との連携について 各候補者の考え
参院選静岡選挙区 立候補者

 立候補者の中で最も知事との近さを強調したのは、無所属現職の山崎真之輔氏(40)=国民推薦=。県議時代から知事を支えてきたとし、「直接間接問わずに政策面で連携している。信頼関係は全く変わらない」と強調した。補選では川勝知事から支援を受けたが、今回は選挙前に交流サイト(SNS)に並んだ写真をアップしたほかは目立った連携は見られない。
 無所属現職の平山佐知子氏(51)は「防災関係、教育問題などで個別に相談した経緯もある」と参院議員として連携してきたとし、「県選出の議員としてこれからも連携を深めたい」とした。知事については「富国有徳の思想のもと、優れた行政手腕とトップセールスで県政を引っ張ってきた」と評価した。
 是々非々を強調したのは共産党新人の鈴木千佳氏(51)。「県民の願いを実現する施策・方針には力を合わせて取り組み、間違ったことはきっぱり反対する」と言い切った。その上で「住民の暮らし、地域経済を守る自治体本来の役割を果たせるよう、必要な提言を行っていく」とした。
 一方、補選で知事の批判の対象になった自民党新人の若林洋平氏(50)=公明推薦=は「情報発信力は素晴らしい」と持ち上げつつ、「静岡のポテンシャルを生かしきれていない」と苦言も呈した。その上で「経済低迷、人口流出の課題において連携したい」と具体的なテーマに言及した。
 NHK党新人の舟橋夢人氏(56)は「静岡は日本の縮図。連携して一緒に静岡と日本を盛り上げたい」と前向き。同党新人の堀川圭輔氏(48)は「リニア問題、大規模太陽光発電所(メガソーラー)問題と同様に多くの県民が不安、不満に思っているNHK問題解決のために応援してくれるのでは」と期待した。諸派新人の山本貴史氏(52)は「特に考えていない」とし、無所属新人の船川淳志氏(65)は「個々の施策についてオープンな対話ができると確信している」とした。

 ■コシヒカリ発言後 各方面から批判… 知事「誰も応援せず」明言
 知事選のたびに、自民党と激しい戦いを繰り広げてきた川勝平太知事は、選挙後には「ノーサイド」を強調してきた。一変したのが昨年6月の知事選。自民推薦候補がリニア中央新幹線について党の方針と異なる「ルート変更」や「工事中止」に言及したことに激高し、「ノーサイドというわけにはいかない」と対決姿勢を継続した。続く10月の参院静岡選挙区補欠選挙、衆院選では自民党の対立候補を応援するため街頭演説に立った。補選の演説で「(御殿場市には)コシヒカリしかない」と発言し、各方面から批判を浴びると、今後、政務を行わないと約束した。
 今回の参院選については、公示後の6月29日の定例記者会見で「誰の応援もしない」と明言し、特定の候補者の支援は行わない考えを改めて示した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ