空きビル活用、地域元気に 沼津駅近く、半年賃料無料で入居募集

 静岡県東部の2設計事務所と沼津市は、JR沼津駅南口近くの空きビルを利活用して地域活性化を目指すプロジェクト「_for now」の第2弾を始動する。9月から半年間、賃料無料で新事業などに取り組む事業者などを募り、空き物件とのマッチングを図る。

半年間のプロジェクトへの入居者を募る丸天ビル=沼津市大手町
半年間のプロジェクトへの入居者を募る丸天ビル=沼津市大手町

 昨秋から半年間実施した第1弾のビルには約10組が入居し、入居者がコーヒー専門店「チャトラコーヒー」を開業した。今回入居を募るのは沼津仲見世商店街にある「丸天ビル」の3、4階と地下。築58年、鉄筋コンクリート造8階建てで、かつては地下でレストラン「ボルカノ」が営業していた。
 賃貸期間は9月12日~2023年3月12日の半年間。光熱費など共益費月額1万円で入居できる。毎月第3日曜、一同に出店するイベントデーに参加することが条件。音楽や書籍、アート、飲食、アトリエなど多様な用途を想定する。
 市街地の空きビルを活用して居住促進を目指す市の「まちなか居住促進事業」の一環で、合同会社レイバー(同市)と勝亦丸山建築計画(富士市)が企画運営している。レイバーの鈴木智博さんは「駅前ビルの2階以上の多くが空き物件。大家と入居者の間に立ち、助走支援に取り組む」と話した。
 入居者募集は8月14日まで。内覧会を6、7日の午後1時から開く。詳細は「_for now」のインスタグラムへ。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ