知っとこ 旬な話題を深堀り、分かりやすく。静岡の今がよく見えてきます

3時のアフタヌーンクリップ

 こんにちは。新しい冷蔵庫を買いました。自動で氷を作ってくれるそうです。毎日何度も氷を作る作業から解放されると思うと気が楽になります。
 さて、この時間の〈知っとこ〉は定番の「アフタヌーンクリップ」です。アイスコーヒーや緑茶を片手に気軽に読めそうな話題を4つお届けします。
 〈静岡新聞社編集局TEAM NEXT・尾原崇也〉

まろやかでクリア 限定「秋の月見酒」 花の舞酒造

 花の舞酒造(浜松市浜北区)は、季節限定の「秋の月見酒」を発売した。春先に搾った日本酒を夏まで貯蔵した後、生づめする江戸時代から続く伝統製法「ひやおろし」で仕込んだ。

花の舞酒造が発売した季節限定酒「秋の月見酒」
花の舞酒造が発売した季節限定酒「秋の月見酒」
 昨年まで「ひやおろし」の商品名で販売していたが、製造方法を改良してラベルも刷新した。温度のむらが少ないこれまでより大きな冷蔵タンクで保管。タンクの温度を5度前後上げ、江戸時代の製造条件に近づけた。酵母の働きが活発になり、まろやかですんだ味わいに仕上げた。
 特別純米原酒、純米原酒、純米吟醸原酒の3種類。720ミリリットルの本体価格は1100~1630円。

浜松三ケ日町・浜名惣社神明宮、御朱印帳頒布 表紙に手筒花火の絵柄あしらう

 浜松市北区三ケ日町の浜名惣社神明宮はこのほど、オリジナル御朱印帳の頒布を始めた。

浜名惣社神明宮のオリジナル御朱印帳=浜松市北区三ケ日町
浜名惣社神明宮のオリジナル御朱印帳=浜松市北区三ケ日町
 既存のお守りをモチーフに、花火師が伝統の手筒花火を行う様子が鮮やかに描かれている。裏面には社紋や国の重要文化財に指定されている本殿の絵などがしたためられている。一冊2千円。
 同宮の禰宜(ねぎ)、鈴木栄男さんは「2年連続で手筒花火が中止になったので、絵を見てもらえれば」と話した。

プラタナスコンサート開幕 平和祈る合唱、オンライン配信

 音楽を通して平和の大切さを訴える「プラタナスコンサート」(浜松市、静岡新聞社・静岡放送主催)が14日、新型コロナウイルス対策のため、オンラインで始まる。15日の終戦の日に向けた恒例行事。公式ホームページで9月30日まで、浜松市歌の合唱動画などを配信する。

浜松市歌大合唱の様子
浜松市歌大合唱の様子
 メイン企画の「市歌大合唱」は、市民らから寄せられた合唱の映像27本を一つの動画にまとめた。市内の中高8校や合唱団、個人など約370人が参加している。
 コンサートのテーマソング「小さな街のプラタナス」の合唱、浜松ゆかりのアーティストのリモートコンサートも配信する。動画は公式ホームページ<http://www.at-s.com/e/platanus/concert>で視聴できる。

トリイソース味 ウズラの卵発売

 鳥居食品(浜松市中区)は20日、カネセイ食品(藤枝市)と共同開発したソース味のウズラの卵を発売する。木おけで熟成させた鳥居食品の「トリイソース」を使い、食べやすい優しい味に仕上げた。

トリイソース(右)で味付けしたウズラの卵
トリイソース(右)で味付けしたウズラの卵
 国産のウズラの卵をゆでた後、ウスターソースで煮込んで味付けした。通常のソースにデンプンを加え、煮込み専用に改良。しょうゆ味のウズラの卵などを製造販売するカネセイ食品が最適な時間で加工調理し、卵の柔らかさを保ったままソースの豊かな香りと味をしみ込ませた。
 1袋10個入りで税込み500円。14、15日に遠鉄ストアで先行販売する。