音街ウナ列車、新装発進 天浜線の仮装アイドル 11月アルバム発売PR

 天竜浜名湖鉄道(浜松市天竜区)と音声合成ソフトの開発会社「エム・ティー・ケー」(同市東区)は23日、同社の仮想アイドル「音街ウナ」のラッピング列車を一新した「うなぴっぴごー!」のお披露目式を天竜二俣駅で開いた。ファンや家族連れ約100人が生まれ変わった列車を見て楽しんだ。24日から定期車両として運行する。

ロイヤルブル-を基調に一新した列車「うなぴっぴごー!」=浜松市天竜区の天竜二俣駅
ロイヤルブル-を基調に一新した列車「うなぴっぴごー!」=浜松市天竜区の天竜二俣駅

 音街ウナは2016年7月にデビュー。動画投稿サイトなどで国内外のファンから支持を集めていて、「音楽の街」を掲げる浜松市の地域振興に貢献している。11月16日に発売するウナのセカンドアルバムのPRに合わせてデザインを変えた。
 今回のうなぴっぴごー!は、オレンジ中心の配色から、ウナの帽子の色にちなんだロイヤルブルーに一新。誕生から6年が過ぎ、大人の要素を込めた。デザインはイラストレーターのチェリ子さん=東京都=が担当した。
 お披露目式では、天竜浜名湖鉄道の松井宜正社長が「『相変わらずかわいい』のが第一印象。列車から飛び出しそう」と喜んだ。
 出発進行の合図は、抽選で選ばれた湖西市のパート社員尾崎鈴菜さん(36)が務めた。娘の五紀(いつき)ちゃん(5)と一緒に「出発進行!」と大きな声で合図した。尾崎さんは「絵に一目ぼれ。天浜線や浜名湖をアピールしてほしい」と期待を寄せた。
 うなぴっぴごー!運行時間は天竜浜名湖鉄道のホームページで確認できる。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ