高校生ICT活用議論 11月、都内で全国サミット 静岡

 高校生が情報通信技術(ICT)の活用について議論する「高校生ICTカンファレンス」が11日、静岡市駿河区の中村学園専門学校静岡電子情報カレッジで開かれた。県内5校から21人が参加し、「デジタル社会における学び方と学びの場」をテーマに意見を交わした。

情報通信技術の活用について議論する生徒=静岡市駿河区
情報通信技術の活用について議論する生徒=静岡市駿河区

 ICTを駆使した社会課題の解決方法について考えた。教育現場でのICT導入に、高校生からは「学習の効率化につながる」と肯定的な意見が相次いだ。ただ、オンライン授業などの増加により、非対面化が進むことを危惧し、「学校に登校して友達と協調性を育み、対人関係を築くことも大切」と慎重な声もあった。
 11月には東京都内で同カンファレンス全国サミットが開催され、本県からは掛川工高2年の浅岡竜正さんが出場する。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ