難病患う漫画家「声援に感謝」 出版記念し短編上映会 磐田

 指定難病「好酸球性胃腸炎」を患う漫画家寺田浩晃さん(27)=磐田市福田=が21日、13日に発売された自身初のコミック出版を記念し、短編漫画の上映会を同市見付のワークピア磐田で開いた。寺田さんが登壇し、観客約100人に本出版に込めた思いや感謝の言葉を伝えた。

書籍出版の思いを語る寺田さん=磐田市見付のワークピア磐田
書籍出版の思いを語る寺田さん=磐田市見付のワークピア磐田

 寺田さんは雑誌連載を目前に控えていた2019年、治療法が確立されていない病を発症。闘病を続けながら、書籍出版を目指して動画投稿サイト「ユーチューブ」で短編漫画を発信してきた。
 21日、市民ボランティアの協力で開催したイベントで、漫画に音声を入れた動画を上映した。書籍タイトルになっている「黒猫は泣かない。」などを紹介し、参加者は物語の世界に引き込まれた。
 寺田さんは本の出版後、地元で開いた作品展で「温かい言葉をもらって、温かい人に会えた」と声援を受けたことに感謝し「作品を通じて苦しみながら生きる人の心が少しでも軽くなればうれしい」と思いを口にした。
 主に県内書店でのみ取り扱う寺田さんの書籍を全国に流通させるための資金を募るクラウドファンディング(CF)が5月末、始まる予定。ファンによる取り組みで、専用サイト「キャンプファイヤー」で受け付ける。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ