LIFEライフ

アットエス編集部

<静岡県西部エリア>さっぱりなのに濃厚!絶品ジェラート7選

さっぱりなめらか!濃厚な味わいのジェラートおすすめ店7選 <西部エリア>


サッパリしながらもクリーミーで、豊かな風味と濃厚な味わいが魅力のジェラート。美味しい乳牛から作った定番のミルクジェラートをはじめ、季節のフルーツや野菜、シラスといった地元ならではの食材を生かしたご当地フレーバーなど各店とも個性豊か。同じ食材でもお店によって味わいが異なるのも魅力の1つです。フレッシュな材料を使って手作りしている静岡県内のジェラート専門店をピックアップしましたので、いろいろ食べ比べてみてください。

1.じぇらーとげんき(袋井市)


袋井市の禅寺・可睡斎門前にある手作りジェラート専門店で、日替わりで常時16種類が並びます。「うちは、元はお茶屋さんでしたから」と店主の木村さん。旬ごとに変わる野菜やフルーツを使ったフレーバーもおすすめですが、やはりイチ押しはお茶のジェラート。「こだわりながらも、とらわれない、昔ながらの抹茶ジェラート」を提供しています。

<DATA>
じぇらーとげんき
住所:袋井市久能2952-1
電話:0538-43-7766

2.なかやす牧場 手づくりアイス工房(浜松市)


自家製の餌で育てた牛から搾った乳と、自然飼育のニワトリが産む卵を使った、自家乳100%のスイーツが揃う牧場直営のお店です。ジェラートは、牛乳がたっぷり入った『ホワイトベース』と、卵を入れた『イエローベース』の中からフレーバーをチョイスできるのがこのお店の特徴。牧場自慢の牛乳そのものの風味をとことん味わってください。

<DATA>
なかやす牧場 手づくりアイス工房
住所:浜松市浜北区寺島823
電話:053-587-3473

3.ジェラートの店 アリア(森町)


古い町並みを残す森町で営んでいる小さなジェラートショップ。お米屋さんの一角にジェラート?と不思議に思いますが、店主の奥様が元パティシエだったんです。求肥が入った新食感の「桜もち」などユニークなフレーバーが登場するのも魅力的です。地元産の食材を使った旬の味覚のジェラート&シャーベットが40種類ほど並びます。

<DATA>
ジェラートの店 アリア
住所:周智郡森町森214 高柳米穀店内
電話:0538-85-2354

4.Gelateria Piccolo Picchio(浜松市)


まるでおとぎの国のような、ぬくもりの森の構内にあるジェラートショップ。ジェラート作り一筋30年の職人が作るジェラートは、濃厚なのに口溶けがよく、良質な乳製品だけが持つさっぱりとした後味が特徴です。時間をかけてじっくりと練り上げるためしっかりとコシがあり、滑らかな食感。フレーバーは36種類の中から選べます。

<DATA>
Gelateria Piccolo Picchio
住所:浜松市西区和地町2949 ぬくもりの森内
電話:053-489-3010

5.マテリア(浜松市)


東海地方最大級の観光鍾乳洞・竜ヶ岩洞にあるジェラートショップ。天然素材100%の手作りジェラートは、いなさ牛乳をメインにした砂糖控えめのあっさりとした味で、低カロリー。一番人気はいなさ牛乳と生クリームで作る「ホワイトクリーム」。このほかに抹茶もおすすめです。

<DATA>
マテリア
住所:浜松市北区引佐町田畑217-1
電話:053-543-0884

6.Gelateria Corleone(菊川市)


菊川・加茂にある本格イタリアンジェラートの専門店で、旬の素材を使った濃厚で味わい深いフレッシュジェラートを手作りしています。定番から季節限定、アルコールを使った大人向けまで常時20種類を展開。このお店では、カップやコーンのほかに、ふわっふわなワッフルをチョイスできるのもポイントです。

<DATA>
Gelateria Corleone
住所:菊川市加茂6078
電話:0537-29-7123

7.イタリアンジェラート MARE(御前崎市)


御前崎の観光施設・御前崎海鮮なぶら市場の中にあるジェラートショップ。ここには、駿河湾の名産しらすを使った「しらすジェラート」という、静岡らしいご当地ジェラートを扱っています。甘さ控えめのミルク風味のジェラートに、ちりめんじゃこの食感と、ほんのり塩味のしらすが絶妙にマッチ! なぶら市場に行ったらぜひお試しあれ。

<DATA>
イタリアンジェラート MARE
住所:御前崎市港6099-7 御前崎なぶら市場内
電話:0548-63-5963

アットエス編集部

グルメやレジャーなどのおでかけ情報や暮らしに役立つ情報、旬なトピックなどをご紹介。最新のアクセスデータをもとにしたランキング記事は必見です。公式Twitter(@shizushin_ats)やInstagram(@shizushin_ats)もあわせてどうぞ!

あなたにおすすめの記事

RANKING