LIFEライフ

はらぺこリズム

【富士山の茶の間】富士山に最も近い大淵笹場のプライベートティーテラス!

「富士山の茶の間」とは?

富士山の茶の間」は、富士市の大淵笹場に設けられたプライベートティーテラス。

茶畑に囲まれた富士山を望む最高のロケーションで、ゆっくりと思い思いの時間を過ごしてみませんか?

完全な私有地ではないので、利用者以外の方がいることもあります。

「富士山の茶の間」の概要

静岡を代表する景観としてテレビやポスターなど多くのシーンで利用されている大淵笹場。電柱や電線がなく撮影にはもってこいのプレミアムな風景。

大淵笹場の景観

大淵笹場の景観

大淵笹場は富士山の噴火によって黒ボク土で覆われていて、下に溶岩石が埋まっているそう。だから、ミネラル分が豊富なんだとか。富士山パワーですね。

大淵笹場の景観

条件が揃えば、こんな感じで富士山を拝むことができます。ありがたやー。写真はAOBEATさんにお借りしました(笑)見えたらラッキーですね。

富士山の全体が見える日は年間162日(令和3年 午前8時の観測)。季節や時間にもよりますが、ちゃんと見えない日のほうが多いので、どうか見えなくても泣かないでください(笑)

大淵笹場の景観

ただ、大淵笹場は周辺の景色がとても良いので、富士山が不在でも満足度は高め。茶農家を中心とした景観保存会のみなさんによって、このような美しい景観が保たれています。

大淵笹場の景観

静かな大淵笹場で極上のティータイム

茶畑に囲まれた「富士山の茶の間」で極上のティータイム。ちょっとスマホは置いて、ぷかーっと水面に浮かぶような感覚で時間に身を委ねましょう。

富士の茶の間

富士の茶の間

緑茶・ほうじ茶・紅茶は、すべて富士で作られたもの。まずは緑茶から淹れていただきました。

お茶

お茶

ぬるめのお湯だと甘みを感じて、熱めのお湯だと苦みを感じる。温度によって味わいや成分も変わるし気分も変わる。ちょっとしたことでこんなにも世界は広がるんですね。

控えめに言って最高のリラクゼーション空間。開放感のある茶席で、日々のストレスをリリース。茶畑で飲むお茶ってとても贅沢ですね。

茶農家さんがお茶請けを用意してくれますが、持ち込みも可。富士山を眺めながら「富士山頂」をキメるのも乙。

和菓子

香りがとても良くてやわらかくクセのないほうじ茶。笹場紅茶もめちゃくちゃ飲みやすいし、食事にすごい合いそう。

ほうじ茶

紅茶

気分爽快!

はなげっくす
いつも富士山に敬称をつけて「富士山さん」と呼ぶべきか悩むよね。
なんの話なの?
ぺこ

「富士山の茶の間」のここがおすすめ

「富士山の茶の間」のおすすめポイントをおさらいしていきましょう。

  • 最も富士山に近い茶の間。
  • 周辺の景観が素晴らしい。
  • 隠れ茶の間があるらしい。

茶の間の情報

名称 富士山の茶の間
受付場所

大淵笹場 第一駐車場

  • カーナビゲーション等の住所設定は、「富士芸術村(所在地:静岡県富士市大淵1516番地)」で設定してください。
  • 実際の茶園および第一駐車場の場所は、富士芸術村から300メートルほど離れております。
  • 富士芸術村の付近より案内看板があります。
  • お車でのみお越しいただけます。
  • 受付場所から茶の間まで:歩いて5分
貸出時間

90分

  1. 10:00~11:30
  2. 12:15~13:45
  3. 14:30~16:00
  4. 16:30~18:00

※11/1~2/28の間は④は営業しません

料金 3,500円/1人
※茶農家が育てたお茶のふるまい付き
予約方法 「富士山の茶の間」の予約はこちらから

まとめ

「富士山の茶の間」は、その名の通り、富士山を間近で眺めながら素敵な時間を過ごすことができるティーテラスでした。周辺の景観も見応えがあるのでぜひ楽しんでみてください。

Copyright © 2022 はらぺこリズム All Rights Reserved.

新着記事

はらぺこリズム

静岡市を中心に静岡県内の美味しいものを紹介するグルメブログ。「今日のごはんは何にしよう?」を一発解決します!デートや記念日などにぴったりなおしゃれでハイレベルな飲食店をお探しの方必見!

あなたにおすすめの記事

RANKING