Topics トピックス

14日に防災講座 浜松市学習センター、オンラインで開催
浜松市防災学習センターは14日午前10時から、「防災力は君たちの命を守り人生を切り開く」と題して、日弁連災害復興支援委員会の副委員長を務める永野海弁護士=静岡市清水区=によるオンライン防災講座を開く。申し込みは11日まで。新型コロナウイルスの感染拡大を教訓に、人生に降りかかる危機を乗り越えるためにど…
MORE >
こち女ボイス「本物の食材の力」
5月下旬にネットを通じた販売に力を入れている県内漁協の“イチオシ品”を特集しました。春先に「コロナ禍による外食産業の低迷で、高級魚の需要が下がっている」という記事を見て気になっていただけに、県産品を応援できればという気持ちで企画しました。ところが、私や関係者の予想に反し、オン…
MORE >
<LINEモニタリング>オンライン対話は好きですか?
新型コロナウイルス対策の一環として、オンラインコミュニケーションを活用する機会が増えている。こち女は「オンラインコミュニケーション、好きですか?」をテーマに、LINE(ライン)アプリを使ってアンケートを行った。回答者の皆さんから寄せられた意見を基に、オンラインをより快適に、楽しく使いこなすための方法…
MORE >
こち女ボイス「多様な新聞読者の目線、意識」
コンビニエンスストアで時々、新聞各紙を買います。普段は会社で読むのですが、4月末まで育児休業、5月から在宅勤務なので、ここ1年は特にコンビニへ行きました。そこでショックを受けていることがあります。店員が、新聞の価格がどこに書いてあるか分からず、戸惑うのです。以前はない光景でした。購読者が減っているだ…
MORE >
経営学講座、オンラインで ワークシフト研究所
働く時間や場所に制約のある人材を支援する企業「ワークシフト研究所」(所長・国保祥子静岡県立大准教授)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、これまで都内で開催してきた個人向けの経営学講座を、オンラインで配信している。内容は、クリティカルシンキング(29日)、マーケティング(6月4日)、財務諸表(同…
MORE >
こち女ボイス「つながりに心温まる」
新型コロナウイルスの流行をきっかけに、無料通信アプリ「LINE」を通じて、こち女読者の皆さんの声を聞かせてもらう機会が増えています。学校休校や休業に伴う切実な悩み、外出自粛の中でも前向きに過ごすアイデアなどどれも貴重な声で、取材のヒントになっています。先日、妊娠中の女性から寄せられた「赤ちゃん用品店…
MORE >
デジタル機器利用増 子ども守る「20ルール」徹底を 眼科医呼び掛け、20分ごとに目休めて
新型コロナウイルス感染拡大の影響による休校やオンライン授業をきっかけに、子どもたちが自宅でパソコンやタブレット端末を長時間使う機会が増えている。子どもの目はストレスに弱く、視力低下や斜視を招くケースもある。静岡市駿河区の羅錦営・ら(羅)眼科院長=日本小児眼科学会監事=は、20分ごとに目を休ませる「2…
MORE >
巣ごもりグルメもっと満喫 静岡県内漁協の“旬”お取り寄せ
新型コロナウイルスの感染拡大で春先から市場の需要激減に苦しむ旬の食材が、一般消費者向けに販売すると売り切れに―という現象が起きている。価格帯が手頃になっていることや、かつてない事態に「産地を応援したい」という消費者の心理も働いているとみられる。本県では緊急事態宣言が解除されたが、感染の再拡大を防ぐた…
MORE >
コロナ禍出産「安心」守れ 立ち会いや母親学級制限
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、出産を取り扱う県内の医療機関の多くで立ち会い出産や面会、産前の母親学級などが中止、制限されている。「感染防止が最優先」と対策を強化すると同時に、妊産婦の不安を和らげるためオンラインの活用を進めるなど手探りの試行が続く。静岡赤十字病院(静岡市葵区)は、病院入り口で来…
MORE >
こち女ボイス「親心 後悔のない時間の使い方を」
高校3年の娘がいます。新型コロナウイルスの感染拡大で休校が続く中、学校行事が次々と中止になり、娘は「青春を返してほしい」「早く学校に行きたい」とぼやいています。娘の学年はついてないのでしょうか。大学入学共通テストを巡ってはなかなか中身が決まらず不安になりました。そしてコロナ。オンライン授業導入は進ま…
MORE >
インスタライブで親子講座 18日、静岡市女性会館
静岡市女性会館は18日午前10時から、写真共有アプリ「インスタグラム」の動画配信機能「インスタライブ」で、フォロワー向け講座を生配信する。新型コロナウイルスで外出を自粛している親子に、自宅で楽しんでもらう企画の第3弾。子育て中の職員が使って良かった乳幼児用のグッズを紹介するほか、同館図書コーナーの司…
MORE >
女性の家事育児「負担増えた」 コロナ禍の生活、静岡市女性会館が調査 家庭内で偏り疑問の声も
静岡市女性会館(葵区)が4月下旬、市内の女性を対象に新型コロナウイルスの感染拡大が生活や心身に及ぼす影響を尋ねたアンケートで、学校休業や保育園の登園自粛要請などを受け、子育て中の女性の間で家事や育児など「ケア労働」の負担が増加していることが分かった。谷口年江館長は「家庭内での負担が女性により重くのし…
MORE >

Pick up ピックアップ

静岡市葵区呉服町

BISTRO CHICKEAT(ビストロチキート)静岡呉服町店

名物「丸ごと一羽のロティサリーチキン」と「たっぷり果実の漬け込みハイボール」を味わう

熱海市銀座町

熱海銀座 おさかな食堂(おさかな酒場)

熱海の海の幸と伊豆の食材をふんだんに使った海鮮エンターテイメント食堂。

静岡市葵区常磐町

お抹茶こんどうの食堂

静岡茶、炉端焼き、とろろ汁。定食をメインにしたお酒も楽しめる和食のお店です。

静岡市葵区伝馬町

PinkjackCafe(ピンクジャックカフェ)

ピンク色で統一したフォトジェニックなかわいいカフェ。

News ニュース

一覧

デジタル機器利用増 子ども守る「20ルール」徹底を 眼科医呼び掛け、20分ごとに目休めて
新型コロナウイルス感染拡大の影響による休校やオンライン授業をきっかけに、子どもたちが自宅でパソコンやタブレット端末を長時間使う機会が増えている。子どもの目はストレスに弱く、視力低下や斜視を招くケースもある。静岡市駿河区の羅錦営・ら(羅)眼科院長=日本小児眼科学会監事=は、20分ごとに目を休ませる「2…
MORE >

Columns コラム

こち女ボイス「本物の食材の力」
5月下旬にネットを通じた販売に力を入れている県内漁協の“イチオシ品”を特集しました。春先に「コロナ禍による外食産業の低迷で、高級魚の需要が下がっている」という記事を見て気になっていただけに、県産品を応援できればという気持ちで企画しました。ところが、私や関係者の予想に反し、オン…
MORE >
「ベビーシッターさん、ありがとう」の巻/子育てコラムあすなろ
平日の朝、長男(2)が、「手足口病」「ヘルパンギーナ」を同時に発症していることが通院で発覚しました。当然、子ども園には登園できず、病児保育も感染症の子供は利用できない規則。私も夫もその日は急に仕事を休むことができず、祖父母も全員それぞれの仕事…
MORE >

Money おサイフ相談

一覧

火災保険、水災や盗難など付帯も 証券で内容確認を
【Q】40代女性。現在、自宅に火災保険(建物、家財)をかけています。火災以外にも保険金が支払われるケースがあると聞いたのですが、具体的にどんな時に保険金が支払われるのでしょうか。【A】火災保険は、火災のみを補償すると思われがちですが、実際には、必須付帯として「火災、落雷、破裂・爆発」が補償されます。…
MORE >

Enquete LINE アンケート

一覧

<LINEモニタリング>オンライン対話は好きですか?
新型コロナウイルス対策の一環として、オンラインコミュニケーションを活用する機会が増えている。こち女は「オンラインコミュニケーション、好きですか?」をテーマに、LINE(ライン)アプリを使ってアンケートを行った。回答者の皆さんから寄せられた意見を基に、オンラインをより快適に、楽しく使いこなすための方法…
MORE >

Event イベント

一覧

おすすめ!
14日に防災講座 浜松市学習センター、オンラインで開催
浜松市防災学習センターは14日午前10時から、「防災力は君たちの命を守り人生を切り開く」と題して、日弁連災害復興支援委員会の副委員長を務める永野海弁護士=静岡市清水区=によるオンライン防災講座を開く。申し込みは11日まで。新型コロナウイルスの感染拡大を教訓に、人生に降りかかる危機を乗り越えるためにど…
MORE >

静岡市葵区田町

【開催中止】第67回 安倍川花火大会

2020年6月6日(土)

浜松市西区舘山寺町

はままつフラワーパークのアジサイ・ハナショウブ

2020年6月上旬~中旬

裾野市須山字藤原

富士サファリパーク アメリカバイソンの赤ちゃん公開

2020年5月12日より公開中

周智郡森町

骨董市アンドフリーマーケット in 遠江国森町小國神社

2020年6月6日(土)

NEWS PAPER

見開き特集面 5月8日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」