オクシズの梅 楽しく収穫 静岡市葵区で体験会 在来ソバに舌鼓も

 静岡市葵区大川地区で8日、梅の実の収穫体験と在来ソバの食事会が開かれた。

梅の実を収穫をする参加者=静岡市葵区坂ノ上
梅の実を収穫をする参加者=静岡市葵区坂ノ上

 参加者は、藁科川沿いにある梅園に入ると、思い思いの場所で直径2センチほどになった実を手摘みした。約1時間の作業で40キロほどを収穫。その後、同地区のソバ愛好家グループ「100年そばの会」会員の森記男(81)さんのそば店「眞心(まごころ)」で、在来種のソバ粉を使った手打ちそばを味わった。
 同市の中山間地域「オクシズ」の魅力を発信しようと、同市葵区坂ノ上の川久保祥子さん(50)が企画。市内外から8人が集まった。同区から参加した落合操さん(72)は「昨年、この行事が新聞に掲載されているのを見て興味が湧き参加した。自然の中で梅の実がたくさん収穫できて楽しかった」と笑顔を見せた。
 (写真部・坂本豊)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ