清水エスパルス、今季ワースト6連敗 J1リーグ第16節

 明治安田J1リーグは12日、第16節の2試合が行われ、清水エスパルスは鹿島に1―2で敗れ、今季ワーストの6連敗を喫した。

清水―加島 前半32分、2点目のシュートを決め喜ぶ鹿島の土居(8)らと、悔しい表情を見せる清水の選手たち=アイスタ日本平
清水―加島 前半32分、2点目のシュートを決め喜ぶ鹿島の土居(8)らと、悔しい表情を見せる清水の選手たち=アイスタ日本平


(1)アイスタ▽観衆4774人
鹿島 8勝3分け6敗(27) 2(2―0 0―1)1 清水 2勝3分け11敗(9)
▽得点者【鹿】エベラウド(10)土居(5)【清】ティーラシン(2)

 【評】清水は終盤の追い上げも及ばず、鹿島に逃げ切られた。
 序盤はボールを握りながらテンポの良い攻撃を仕掛けたが、前半29分と32分に自陣でボールを奪われ立て続けに失点。その後は相手の猛攻にさらされたが、GK大久保のセーブや相手のシュートミスに救われた。
 後半34分に鈴木のパスからティーラシンが右足を振り抜き、反撃開始。リーグ戦初出場となった2種登録の成岡らがゴールに迫ったが決めきれなかった。

いい茶0
メールマガジンを受信する >