メニュー

検索

検索

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
3月8日(金)放送

アーッと驚くこだわりが!県立美術館前駅の駅近スポット

新城)おはようございます。
@SのCEI、チーフ・エグゼグティブ・インフルエンサー、新城です。
今日も、静岡の絶対知っておきたい情報をプレゼンさせていただきます。
先日お誕生日を迎えて、39歳ベビーフェイスになった…
森田)@S編集長・森田です。宜しくお願いします。
新城)ところで…こちらを御覧ください。

県立美術館前駅
新城)静鉄の路線図です。空欄の駅名、静岡人ならわかりますよね?特に斉藤さん!
正解は「県立美術館前駅」です!
ということで、本日のテーマは、
@Sの特集 『駅近グルメ&スポット』とコラボした、こちら!
…ということで本日のテーマは、こちら!
Kenta Shinjo
2 recommended spots that are near Kenristu-bijutsukan-mae station
アーッと驚くこだわりが!県立美術館前駅の駅近スポット

新城)アーッと驚くこだわりが!県立美術館前駅の駅近スポット。今回ご紹介するスポットは、こちらの2つ!
【県立美術館前駅の駅近スポット】
・Nicraic 駅から徒歩約4分  ・CRAFT BASE 駅から徒歩約40秒

新城)ではまず、「Nicraic」から。森田編集長お願いします。

Nicraic(静岡市清水区谷田)

arrowRightNicraic(静岡市清水区谷田)の詳細情報はこちら
駅から徒歩約4分  肉マイスターのいる精肉店

Nicraic
Nicraic
Nicraic
Nicraic
森田)オシャレすぎて一見わからないが…、精肉業43年の肉マイスターがいる精肉店。
生産者のこともよくわかっているので、
深くこだわり、愛情、技術を持って作られたお肉を厳選し、美味しい状態で提供。
調理法のアドバイスをしてくれるのも嬉しい!
お肉を使った手作り惣菜やお弁当も人気。
店名は…お肉の"NIKU"と、ケルト語で「楽しい時間やコト」を意味する"CRAIC"
新城)では、一番人気のメニューがこちら!
Nicraic
【1番人気の商品】 特製和牛ローストビーフ
Nicraic
【1番人気の総菜】 ニクラックメンチ

森田)特製和牛ローストビーフは和牛の旨みをダイレクトに感じられるよう、味付け、スパイス、焼き方、温度にこだわって作っている。
ニクラックメンチは黒毛和牛と富士朝霧産豚肉との合い挽きメンチカツ。
程よい味付けがされているので、ソースなしでそのまま食べるのがオススメ!
新城)では、肉マイスターである店主に「良いお肉の見分け方」を聞いてみた!
nicrac
肉マイスター・鈴木正行さん 趣味:生け花 
【良いお肉の見分け方】鶏肉:鮮やかでクリアなピンク色
豚肉:肉部分が淡いピンク色で艶やか  牛肉:透明感のある赤色


新城)鶏肉は鮮やかなクリアなピンク色、豚肉は肉の部分が淡いピンク色でつややかなもの。脂身が黄色っぽいのはNG!牛肉は黒っぽい赤ではなく透明感のある赤色が良質!
霜降りが細かくまんべんなく入っているものがよい。ぜひ参考にしてみてください
そして編集長、なんか、ニクラックさんのお惣菜を持ってピクニックに行ったそうで?
Nicraic
森田)こだわりのお肉を使った手ごねハンバーグ弁当や唐揚げ弁当などテイクアウトメニューも豊富に揃っているんです。これからの季節、ニクラックさんでテイクアウトしてお店のすぐ前にある 芝生園地でお花見するのもオススメですよ。
新城)では続いての県立美術館前駅の駅近スポットは「CRAFT BASE」。

CRAFT BASE(クラフトベース)(静岡市清水区中之郷)

arrowRightCRAFT BASE(クラフトベース)(静岡市清水区中之郷)の詳細情報はこちら
駅から徒歩約40秒   ハンドメイドで1点ものジーンズを作れる!

クラフトベース
クラフトベース
クラフトベース
森田)ハンドメイドで自分だけのジーンズを作ってもらえるお店。
1点ものや、他の人と違う物を身に着けたいという方にオススメ!
他にも、例えばスポーツで太ももが極端に太くなってしまって
既成のジーンズが穿けない…とお悩みの方でも自分に合った物を作ってもらえる。
打ち合せをしながら、お客さんの本当に「欲しいもの」を探りだして実現してくれる。
20~60代まで、幅広い年齢のお客さんがいる。

新城)たとえば、こんな感じの物を作ってもらえます!
クラフトベース
クラフトベース
クラフトベース
新城)ジーンズだけでなく、シャツやジャケット、バッグなども!
基本的に洋服や布製品であればなんでも作ってくれるし、修理もOK
生地の持ち込みもOK
森田)どんな事がリクエストできるかというと…
ステッチの色やポケットなど仕様の変更、シルエットの調整、
ヴィンテージデニムの再現、ダメージ加工など。
気になる事、キツかったりユルかったりする所、シルエットの好み、ポケットの位置、
などデザインのバランスやレイアウトを店主と一緒に探り出していく。
新城)マニアックなお客さんだと、「1920~30年代くらいのジーンズの仕立てを
再現してほしい」と注文されることも。手作業が多く、やりがいがあるそう。
ところで編集長、今日穿いているジーンズ、良いですねえ!
森田)実は…プライベートで購入しました!
クラフトベース
では、CRAFT BASEの店主がこちら!
クラフトベース
オーナー・北岡丈さん
趣味:ミニ四駆、メダカ飼育   デニムで作ってみたい物:小屋 
クセ:他人のジーンズのアタリや破れを見てその人の行動を予想
県立美術館で開催希望:都市伝説や秘密結社の展覧会


新城)オーナーの北岡丈さん。
クセについて。アタリや破れを見て、どのポケットの使用頻度が高いとか、
どういう動作が多いとかを想像してしまう。
※アタリとは…ヒゲや、擦れた跡、色落ちしている部分のこと。

県立美術館で、都市伝説や秘密結社に関する展覧会をやってほしいんだそう。
都市伝説といえば、SBSに関するこんなものを聞いたのですが…
クラフトベース
原田アナがフェラーリを買おうとしているとかいないとか・・・
以上、「アーッと驚くこだわりが!県立美術館前駅の駅近スポット」でした。。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE