トップページ >御紋は『蔓柏』

御紋は『蔓柏』

『ばっ旅』 は、旧磐田郡浅羽町。 現在の袋井市梅山におじゃましました。
総庄屋をつとめたこともあるこちらのお宅には、今でも立派なお宝がありました。
120926総庄屋.JPG 120926総庄屋②.JPG
総庄屋とは、当時13あった付近の庄屋のまとめ役。 総庄屋の証し、黒い瓦ののった立派な御門がありました。

大きな萱葺き屋根の母屋を中心とした総庄屋。 萱葺き屋根の保存・維持も難しくなり
昭和48年に、現在のお住まいに建替えたとのことですが・・・一間だけ、当時のお部屋がありました。
4枚のふすま絵は、ナント!あの渡辺崋山の次男・渡辺小華の作品。 松と迫力ある錦鯉が描かれていました。
120926総庄屋③.JPG 120926総庄屋④.JPG 
120926総庄屋⑤.JPG←← こちらは、山岡鉄舟の書。 
お蔵には、『蔓柏(つるかしわ)』の家紋の入った、塗りのお椀やお道具が、今も眠っているそうです。
朱色鮮やかな4段重には、螺鈿で桜の装飾が施されていました。
お蔵に入って、何か今でも使えるものがあるのでは??と、塗り物などを母屋にも運んでみても、しばらくすると、塗りにヒビが入ってしまったりしてまた御蔵入り。。。 厚い壁で適度な湿度も保てるお蔵って、やっぱりスゴイスペースなんですね。

旧浅羽町辺りには、今でも素晴らしい田園風景が広がっています。
特別大きな建物もなく、平地で、田んぼの中を走る車をどこまでもどこもまでも見とどけることができます。
120926総庄屋⑥.JPG 120926総庄屋⑩.JPG 
120926総庄屋⑦.JPG 120926総庄屋⑧.JPG
稲穂の田んぼやメロンのハウス・・・休耕田は、コスモス畑になっていて、ピンクの田んぼも出現!!
秋の青空の下、とってものどかな癒しの風景がひろがっていました。   

コメント (3)

塩沢様、こんばんは。 いわゆる旧家というのでしょうか。傍から見ている分には「広い敷地、でかい家、蔵まであってエエこっちゃの~」ってなりますが、いやいやどうして、維持管理も相続も、何かとご苦労が絶えないのでしょうね。気楽なアパート暮らしからすると想像もつかないような。

 今日は良い天気でしたから、コスモス畑も青空と美しい対比を見せていて素敵でしたでしょうね。花に囲まれた「花」も楽しそう。もう一輪の花の方も拝見したかったです(すりすり)。

 

総庄屋さんってすごいんでしょうねえ~お宝の数々にしばし時が止まりましたかかおりん・・・コスモスと美女もいいですねえ~

うーん!おだいさま。文化財的な価値があるのでしょうか。

かよちゃんが、コスモス畑に生えてる。

コメントを投稿

コメントを表示する前に承認が必要です。コメントが表示されるまで、少し時間がかかる場合がございます。


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.at-s.com/mt1/mt-tb.cgi/46033

トップページ >御紋は『蔓柏』

塩沢香織ブログ

塩沢香織オフィシャルブログです

満開ラジオ 樹根爛漫

しずおかおふらいん

カテゴリー