トップページ >ぷらっとCA④フィッシャーマンズワーフ

ぷらっとCA④フィッシャーマンズワーフ

サンフランシスコシティに行ったら、フィッシャーマンズ・ワーフは外せません。
見たことあるでしょ? この看板! 8月だけど寒い▼お姉さん、マフラーにロングコートです!
120822カニ.JPG 120822カニ②.JPG
カニ・カニ・カニ・エビ・オイスター・・・そして、パンの器に入ったクラムチャウダーが有名です!

オシャレなレストランもありますが、まずは、屋台の賑わいを感じながら、ショーケースを覗いて歩きます。
う~~ん、みんな食べたくなっちゃう!! カニのサラダとオイスターのフリッター、それと・・・
120822カニ④.JPG 
120822カニ③.JPG 
120822カニ⑧.JPG 120822カニ⑥.JPG
120822カニ⑦.JPG 120822カニ⑪.JPG
120822カニ⑩.JPG 120822カニ⑨.JPG
必ずいただくのが、パンをくりぬいて器にし、たっぷりのクラムチャウダーを入れた名物。
このパンは、サンフランシスコ発祥の “サワドー(sourdough)” という酸味のあるパンなんです。
酸っぱいパン?? 最初は違和感ある人もいるみたいですが、私は、サワドーお気に入り。
小ぶりのメロンくらいある大きさで、ボリューム満点。 くりぬいた部分のパンもちゃんと出てきます。
120822カニ⑤.JPG 120822カニ⑬.JPG
120822シティ③.JPG
この辺りは、バンドの演奏をやっていたり、いろんな大道芸人がいたりして、いつも賑やか。
チャイナタウンやユニオンスクエア・・・SFを歩くには、アップダウンがキツイので、運動靴がおすすめですよ。
今回私は、ソールがジグザクのあの靴で闊歩しました! 快適~~歩くのが楽しくなる靴です。

コメント (3)

いや~海老カニみんなダイナミ~ック!!
さすがサンフランシスコ~!!
って感じですね(*^_^*)

 塩澤様こんばんは。
 なるほどねえ、カニ(我泣き濡れて、を思い出しますね)、ロブスター、カキ、ふむふむ。
 彼の地ではやっぱり「イカタコ」の類は見ませんでしたか? デビルって言って嫌うんですよね、たしか。それから赤身。生のマグロなんかはやっぱり「ダークミート」とか呼んであんまり食べないと聞いたことがあります。その点、我が国の誇る直訳「海鶏」はどう見ても赤くない(そりゃまあね)。ゆえにウケたとも。

 ま、そんな事も良いけど、必ずなにがしか加工してから食べるんですね。草食系魚食人としては「素材自体の味はどこ行ったんじゃ!」と言いたくなる(多分言わないけど)手の込んだ食べ物になるんですね。 あ、ここにも路面電車(笑)。

こんいちは。
牡蠣は、うちの裏手の海でもぼちぼち、
大きくなってるかと思っています。
(私は牡蠣業者ではないですけど..)
サンフランシスコ湾の牡蠣とカニ、
県内や浜名湖産のものと比べて、ズバリ
どちらの方が、おいしいのでしょうか?
きたんの無いところ、聞かせて頂けたら、
と思います!

コメントを投稿

コメントを表示する前に承認が必要です。コメントが表示されるまで、少し時間がかかる場合がございます。


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.at-s.com/mt1/mt-tb.cgi/45992

トップページ >ぷらっとCA④フィッシャーマンズワーフ

塩沢香織ブログ

塩沢香織オフィシャルブログです

満開ラジオ 樹根爛漫

しずおかおふらいん

カテゴリー