トップページ >ひとりごと >クライマーズ・ハイ

クライマーズ・ハイ

先日、映画「クライマーズ・ハイ」を見てきました。

映画の舞台は1985年に起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞社。その社内でも緊迫したやりとりや人間模様はとても興奮しました。

思えば、あの事故が起きたとき僕は9歳。ちょうど夏休みで祖母の家に泊まりに行っており、事件の状況を刻々と伝えるニュースがすごく怖かったのを覚えています。

あの事故を知っている方は、自分の当時の記憶も甦らせながら見るとまた違った見方ができるかもしれませんね。

ところで、この「クライマーズ・ハイ」を制作した原田眞人監督は沼津市出身。この映画の公開に当って、テレビなどのインタビューでお顔を見た方で気づかれた人もいるかもしれませんが、原田監督は役者さんとしても活躍している方なんです。

 

役者としての代表作といえば、トムクルーズ・渡辺謙出演の「ラスト・サムライ」です。あの映画の中で、主人公たちの敵側つまり政府軍の総大将役の大村役を演じていました。

「ラスト・サムライ」は見たけど、思い出せないという方は今流行の「髭男爵」に似た感じの出演者がいたのは印象に残っていませんか?

近代の衣装に、髭姿の・・・。それを演じていたのが原田監督です。

そう思って、もう1度見てみるとちょっとおもしろいかもしれませんよ。

コメント (2)

兄が入院した日、病院のテレビで飛行機が落ちたというニュースが流れてました。
家に帰って、テレビを見たらほぼ全てのチャンネルで死亡者の名前が淡々と表示されていて、気味悪かったです。

岡村さん、こんばんは!私も、この映画見たいと思ってたんです(^_-)早速レディースデーに観にいきますね( ̄▽ ̄) 私はこの時20才だったかな?生存者がほとんどいなくて衝撃でした(;_;)

コメントを投稿

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.at-s.com/mt1/mt-tb.cgi/35461

トップページ >ひとりごと >クライマーズ・ハイ

岡村アナブログ

SBSアナウンサー岡村久則のオフィシャルブログです。

静岡発そこ知り

スポーツ中継

アナブロ

最近の写真

アーカイブ