トップページ >マレーシア③ 様々な文化が入り混じる

マレーシア③ 様々な文化が入り混じる

クアラルンプールから車で約2時間、マラッカへ!

%8B%A6%89%EF%82P.jpg %8B%A6%89%EF%82R.jpg

 

 

オランダ広場

 %8B%A6%89%EF%82U.jpg

マラッカと言って思い浮かべるのは「マラッカ海峡」。マラッカの名を冠したその海峡は、季節風を利用して東西へ貿易船が訪れ海上の道として発展したことは昔勉強しました♪しかし、アジア侵略を目指すヨーロッパ諸国の的になったマラッカは16世紀のポルトガルに始まってオランダ、イギリスによる長期間の外国支配が広がります。町に残るこれら、各国が残した史跡 建物からその事実がうかがえます。

 

%8B%A6%89%EF%82S.jpg %8B%A6%89%EF%82T.jpg

 

%8B%A6%89%EF%82Q.jpg 

 

サンチャゴ砦。1511年にオランダとの戦いに備えるため、ポルトガル軍によって造られたそう。↓

%82%C6%82%E8%82%C5%82P.jpg %82%C6%82%E8%82%C5%82Q.jpg

 

 

 

小高い丘に登ると 背景にマラッカ海峡が見えます!

%82%A8%82%A9%82%A4%82%A6%82O.jpg 

 

セントポール協会。ポルトガル支配の頃、マラッカは西洋の宣教師の活動拠点となっていて、あのザビエルの遺骨もここに9ヶ月間安置されていたそうです(その後インドのゴアに移されました)

%82%A8%82%A9%82%A4%82%A6%82P.jpg %82%A8%82%A9%82%A4%82%A6%82Q.jpg

 

 

今回のガイドさん↓ 常に足をキレイな「ハ」の字に開いています。しかもつま先が上を向いていて可愛かった^^

%82%D1%82%D1.jpg

 

 

オランダ広場の前の橋を渡ると、いきなり違った世界が広がります。チャイナタウンです。中国寺院の他、モスクやヒンドゥー教寺院があり、多民族の文化が共生していることを肌で感じられるエリアです。

%82%DD%82%F1.jpg 

 

 

チェン・フン・テン寺院

%82%BF%82%E3%82P.jpg %82%BF%82%E3%82Q.jpg

 

%82%BF%82%E3%82R.jpg 

 

%82%BF%82%E3%82S.jpg %82%BF%82%E3%82T.jpg

 

中国から運んだ資材で造られた寺院は線香の香りに包まれていました。

%82%BF%82%E3%82V.jpg %82%BF%82%E3%82W.jpg

 

チャイナタウンをぶらり

%82%D3%82%DF%82%A2%82Q.jpg %82%D3%82%DF%82%A2%82T.jpg

%82%F1%82%F1%82%F1%82%F1.jpg 

 

%82%96%82%96%82%96%82P.jpg %82%96%82%96%82%96%82Q.jpg

 

%82%96%82%96%82%96%82R.jpg 

%82%96%82%96%82%96%82T.jpg %82%96%82%96%82%96%82U.jpg

 

これは一体何のモニュメントだろう??

%82%96%82%96%82%96%82W.jpg %82%D3%82%DF%82%A2%82P.jpg

 

%82%D3%82%DF%82%A2%82R.jpg 

%82%D3%82%DF%82%A2%82V.jpg %82%D3%82%DF%82%A2%82W.jpg

%82%D3%82%DF%82%A2%82U.jpg 

とにかく活気のある町でした。

 

(*´I`)y─┛.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o

今日も無事OA終わりました。OA後は甘い物にかぎる。やまちゃん♪美味しかったよぉぉ。

CA3A1903-0001.jpg 

 

今日もタジン鍋食べたいなぁぁ

↓ ↓

http://minori.hamazo.tv/

コメント (8)

お疲れ様です。旅行のガイドさんの足が常に八の字に開いていて、つま先が上を向いているなど、笑いのツボが自分と近いなって、みのりんのブログを見ているとチョイチョイ感じますね(笑)。これからも、マニアックな観察を期待してるよ。

おはようございます♪
マラッカ、行ってみたくなる響きあり、ですね。
世界史は苦手だけれど、初めて行く土地は歴史を知っていてこそ、楽しめますね。
写真からもヨーロッパと中国の両方の文化が感じ取れます。ピンクとかカラフルな建物も結構あるのですね。教会も!
マレーシアの隣、シンガポールはトランジットで数時間だけ街歩きしましたが、似てるかな。
昔、友達に勧められて、深夜特急にハマったことがあるけど、その中でもマレーシアは出てきましたね。タイからマレー半島へ汽車の旅。仕事人には実現不可能(*_*)
せめて、セブとかプーケットとか、アジアのリゾートに観光も兼ねて潜りに行きたい! モルディブはいつかのハネムーンまでお預けなのです!
昨日、仕事帰りの東西線で携帯でブログを見ていて、最後でびっくりw(゜o゜)w 照れ臭くて、顔から火を噴きそうでした。見た目勝負のお土産、美味しかったようで良かったぁ。写真撮ってくれたのは、N路さんかな?(想像しながらニヤリ) 泡盛も仲良しの姉リンとチビチビやってくださいね!
今日も頑張りましょう!

おはよう、みのりん!
マレーシア旅行日記第二弾う〜ん面白い!
一言でいえばマレーシアに行きたくなったっす!
多民族他宗教国家だけあったて一つの国の中にいろいろな街模様があり歴史も感じられる魅力的な国マレーシア自分もいつか行ってみたいです!
みのりんのマレーシア旅行日記ホントみていて楽しい気分になるっす!
魅力的なみのりんによる魅力ある国の旅行日記最高!

出だしから随分と華やかな自転車タクシ〜の登場だねぇ。っていうか男がこれに乗るのにはちょっと抵抗があるタクシ〜だよぉ(顔の前で手を小さく左右に振り徐々に後ずさりしながら苦笑い)。しかも写真見る限り全台こんな感じだし・・・やっぱおいどんにはこのタクシ〜は恥ずかしくて乗れないな(ある程度距離をおきながら)。しっかしどこの国でも歴史的建造物ってい〜よねぇ。ほんと歴史が感じられるもん。そして外国支配が永く続いた事もあり不謹慎かもしれないけど、その国々の文化がこのマラッカだけで味わえるってのはスゴイ所だよ。三国志が好きな事もあり中国の寺院には興味あり!!だし、ヨ〜ロッパ系の建造物もある番組(水〇どうでしょう)を機にその美しさを知ってしまったおいどんにはたまらん所だよ!!(興奮して鼻息を荒げながら)この街に段々吸い込まれていく・・・チリンチリンチリン。遠くで自転車タクシ〜のベルの音が鳴っている。チリンシャンリン。チャンリンシャン(ここは薬師丸ひろ子のモノマネで)。自転車タクシ〜のベルの音が周りの騒音を消し去っていく。おいどんその中に吸い込まれて、どんどん吸い込まれていって、見えなくなって完。

一枚一枚画像を拡大して拝見しました。
みのりんの旅行記は、写真がたくさんで、解説あり、笑いあり、何よりトラベラーが美人で、すばらしいですね。テレビ局にお勤めで編集や文を書くのが得意なみのりんでも、ブログ書くのにはかなり時間を費やしますよね?
忙しい小沼キャスターですが、頑張ってね。旅行記の続き、楽しみです!

みのりーん日本平にレッサーパンダの双子の赤ちゃんが
うまれたそうですよ〜!!!
もうご存知かと思いますが、一応報告しました〜笑
めちゃくちゃかわゆいだろうなあ〜
公開したら是非見に行きたいですね。

マラッカへ、誰も居らんでもいい?、オランダ広場にも
みのりんはお姉さんと行ったんですか…。
ここで、みのり先生の歴史-世界史のお話。
……そうか…これらは、外国支配でツラッカー時期も長期間経た変遷の跡なんですね。
そして、またしても、いきなり違った世界が広がる…
やはり、チャウナタウン。多民族の文化も共生できてしまえばね……
じーんと過ぎれば、看板辺りは、『濃い、人は?惹(ニャ?)れた町角』。
…乱れ髪で食事して??……故意に捉えてる…??

一体何……コニュメントは、“は組のひと”と共に控えて…
私が乱れてる…いつものことだけど…ガイドさんだから、
また登場するだろうから控えて…ひたすら控えて……^^;

スポーツの練習も日常生活のなかで、鍛えて勝つ気のある町です……かねっ?!

多民族多宗教の国は好きですよ!
マレーシアはジョホール・バルしか行った事がありません。
マラッカはまた雰囲気が違って面白そうですね!
またみのりんの旅日記に影響されること、まちがいなしですね!
スイカ投げてる写真をさりげなく撮ってアップしているところが、
みのりのちからこぶらしいですね^^

コメントを投稿

コメントを表示する前に承認が必要です。コメントが表示されるまで、少し時間がかかる場合がございます。

トップページ >マレーシア③ 様々な文化が入り混じる

みのりのちからこぶにようこそ!

2021年3月にSBSを退社しフリーアナウンサーになりました!4月からは夕方ニュースのキャスターを担当しています。

ORANGE

静岡発そこ知り

アナブロ

最近の写真

アーカイブ

[みのりのちからこぶバックナンバー]
  • 2007/3〜2008/1
  • 2005/10〜2007/3
  • 最近のコメント