トップページ >カンボジア? 湖クルージング

カンボジア? 湖クルージング

カンボジア? 琵琶湖の10倍の大きさ。トンレサップ湖へ

%93X%82P.jpg

遺跡観光はけっこうお腹いっぱい。シェムリアップから南へと足を伸ばしてみることにしました。

 

まずは水分を確保。トゥクトゥクで移動しているだけで喉からっからになりますからね?。

%93X%82Q.jpg

果物も色とりどりで美味しそうですが、こんな所で売っている物を食べた瞬間下痢確定です。我慢。

%93X%82R.jpg   %93X%82S.jpg

トゥクトゥクをUS 20ドルで1日借り切ることにしました。休憩中の運転手・リーさんをたたき起こし、約1時間、舗装されていない道路をガタゴト走ります。

%93X%82S%83_%83b%83V%83%85.jpg   %93X%82T.jpg

街を走る時は、砂埃よけでマスク&サングラス必須。

%93X%82V.jpg

 

やって来たのはトンレサップ湖。カンボジアの中央に広がる東南アジア最大の湖です。

%91D%82%CC%82%E9%82P.jpg

 

決して快適ではない船で1時間の遊覧スタートです!ここでもしっかりペットボトルを買い込んでいざ乗船!

%91D%82%CC%82%E9%82Q.jpg   %91D%82%CC%82%E9%82R.jpg

 

雨期と乾期でその大きさが変わり、雨期は乾期の3倍もの大きさになるという不思議な湖です。

%91D%82%CC%82%E9%82T.jpg

私たちが行ったのは雨季だったため、1年で一番湖が大きい時でした。どういうことかと言うと・・・トンレサップ湖から出るトンレサップ川がプノンペンでメコン河と合流します。雨季にメコン河の水位が約 10m 上昇すると、トンレサップ川を水が逆流してトンレサップ湖の水位も10m 上昇し、面積も広くなるという仕組み。大災害じゃん!って突っ込みたくなりますが、毎年起こっている自然現象であり、そこには穏やかな生活が広がっていました。そう、水上生活です。

%91D%8Ci%90F%82Q.jpg   %91D%8Ci%90F%82R.jpg

%91D%8Ci%90F%82S.jpg   %91D%8Ci%90F%82W.jpg

 

船を運転してくれているのは20才前後の青年3人。

%91D%82%CC%82%E9%82S.jpg   %91D%82%CC%82%E9%82U.jpg

%91D%82%CC%82%E9%82V.jpg

 

本当は、この男性が↓運転する番だったらしいのですが・・・

%90%8C%82%C1%95%A5%82%A2%82P.jpg   %90%8C%82%C1%95%A5%82%A2%82Q.jpg

朝からお酒を飲んで酔っ払ってしまったようです・・・。一応船には乗るんだ・・。

%90%8C%82%C1%95%A5%82%A2%82R.jpg

 

湖上にはカンボジア人、ベトナム人、そしてイスラム系の人々が暮らしていて、雨期と乾期の状況にあわせて村ごと移動しているそう。人々は高床式の水上家屋に住み、水とともに生活をおくっているのです。

%91D%8Ci%90F%82P.jpg

 

ここで暮らしている人達は豊富な魚を取って生計を立てています。

%91D%8Ci%90F%82T.jpg   %91D%8Ci%90F%82U.jpg

 

水上には協会、ガソリンスタンド、学校、病院…驚くほど多くの店があり、家屋の間を船上雑貨店が行き来しています。

%91D%8Ci%90F%82V.jpg   %89%EF%8F%EA%82P.jpg

途中で水上小屋に立ち寄りました。

%89%EF%8F%EA%82R.jpg   %89%EF%8F%EA%82S.jpg

ヘビを巻いた少年が・・・!まぁ観光客向けでしょうけど。

%82%D6%82%D1%82P.jpg   %82%D6%82%D1%82Q.jpg

あ。。。スゴイ生き物がいるよ?!

%82%D6%82%D1%82R.jpg

%89%EF%8F%EA%82T%82%ED%82%C9%8Fc.jpg

 

%89%EF%8F%EA%82U%82%ED%82%C9.jpg   %89%EF%8F%EA%82V%82%ED%82%C9.jpg

かなりでっかいワニでした

%89%EF%8F%EA%82W%82%ED%82%C9%82%DD%82%A2.jpg

カラッカラなって 皮になったワニがいたので、同じポーズをしてみました♪

 

再び船に乗ってクルーズ後半!

%89%EF%8F%EA%82X.jpg

 

船に乗っていて、これは海に違いないって何度思ったことか。どう見てもデカすぎて湖のスケールじゃないんです。どこの国に連れてかれるの?って不安な気持ちにすらなってきますよ。

%8C%CE%83L%83%89%83L%83%89%82P.jpg

 

酔っ払い君が起きた!

%90%8C%82%C1%95%A5%82%A2%8BN%82%AB%82P.jpg   %90%8C%82%C1%95%A5%82%A2%8BN%82%AB%82Q.jpg

午後は運転頑張ってね!

%90%8C%82%C1%95%A5%82%A2%8BN%82%AB%82R.jpg

%8C%CE%83L%83%89%83L%83%89%82Q.jpg   %91D%8Ci%90F%82X.jpg

さっきまでいたシェムリアップ市街地からから1時間離れるだけで、こんなに生活に差があるとは。これがカンボジアの現実なのでしょうか。ほんの1時間、人々の水上生活を見ただけでしたが、住んでいる人のたくましさと素朴さがありました。湖の水は臭いし、水上家屋も人々の服もボロボロだし、湖の汚い水で水遊びや体を洗っている人たち・・・でも、可哀想なんて感情が起きませんでした。表情が美しかったです。物に恵まれて豊かな生活を送っているけど、心と体がボロボロになるまで必死に仕事をして疲れ切っている自分と、一方で何にも追われずにゆったりと生きているカンボジアの人たち。何が幸せか なんてわからないなぁ。。。

 

 

 

♪みのりのお仕事日記♪

アナウンサーの意外な規則について更新しました?!

 ↓ ↓ ↓

http://minori.hamazo.tv/

コメント (12)

本当にデッカイ湖ですねぇ。日本が誇る琵琶湖とどっちが大きいんだろう?水上に学校や病院があるとしたらどうやって移動するのかなぁ?でも、水上生活ってなんか楽しそうですね。好きな時間に釣りが出来るのもいいですねぇ。

最後の文章にある様にホント皆さん幸せそうですね。
今、「青い鳥」の戯曲を読んでるのですが、幸せって本当は誰の身近にあるもんなんだと思います。
みのりんもお姉さんとの旅行で幸せ全開ですね。

快適とはいえない環境でも幸せを感じることってできますよね。豊かな生活をしている日本人は幸せのハードルが高くなっているのかもしれませんね。カンボジアの人達を見習わないといけないですね。

・・・み、みのり?ん、よく蛇触ったねぇ。(みのりん姉さんの後ろに隠れて顔をそぉ?っと出しながら)
おいどんにはとってもじゃないけど無理っ!!(右手をブンブン)・・・触った感触はど?だった!?(ちっちゃな声でポツリ)
オマケにワニも真下にぃぃ、落ちたらって事を想像したら・・・(ゴクリとつばを飲み込みながら)
コワイッス!!おいどん、やっぱコワイッス!!(ガクガクブルブル)おいどんには無理だぁぁ!!(湖畔までダッシュ)
えっと、(気をとり直して)朝から酒飲んで酔っ払ってるなんて信じ・・・られ・・・られらぁいよぉ?(若干泥酔中)
でも起きたての顔なんて気持ちよさそ?な顔してるね!!(ニンマリ)い?表情してるもん。(ニッコリ)
その日その日を時間にとらわれる事なく楽しくのんびり過ごすのがカンボジアの人達のリズムなんだろ?ね。

おはようございます
 2枚目の写真は、アジアのお店って言うのが、よくわかります。
 バナナは、緑色の時点で、売っているのですね。

 衛生面は、やはり、ダメダメなんですね。

 >やって来たのはトンレサップ湖。カンボジアの中央に広がる東南アジ
>ア最大の湖です。
  って。湖なんですか(@v@)?・・。デカイ。
  ただ、水の色が、深緑なのが、気になりますね。
  え、水位が、10メートル上昇って・・・。想像がつかない。(+_;)?

  ワニ・・。いるんですね・・・。迫力ありましたか。本物と言うか、
  地元産のワニは。

  最後の、みのりん。の、文章読んで、考えてしまいました。
  幸せ・・。裕福が幸せかは、限りませんしね。
  他人がきめることでは、ないですから。

 >心と体がボロボロになるまで必死に仕事をして疲れ切っている自分と、
  みのりん。大丈夫。無理しないでください。
  一人で、しょいこまないでね。みのりん。の、周りには、先輩の、
  てっちゃん、のじさん・・・。人生経験豊富な人が、たくさんいると
  思いますから、ちゃんと相談しようね。
  自分は、直接、応援できないけれど、間接的に、ずっと応援してます。
  イブアイで、たまったら、らぶらじで、ハッチャケましょう。
             がんばれ、みのりん。

トゥクトゥク乗りたいなあ? 風に吹かれて気持ち良さそう!
空と湖に写る空・・・とても綺麗で、沢山のお写真を見ているうちに自分も船に乗ってる気分になりました。 一眼レフでしょうか? みのりさん写真の腕もお見事です。
しかし水上運転手がお酒を飲んでお客さんと一緒に船に乗り、しかも気持ち良さそうにねているとは!! 日本では考えられないことが起こってアジアってホントに楽しいですよね!
さて、カンボジア11 では何が出てくるのか楽しみです♪

美味しそうだけど、水系は危ない!さすが、みのりん!
旅の掟をわかってますね!

きっとそういう所に住んでいる人って、
家族や友達などの絆が強いんでしょうね。
好きな人と一緒にいるってのは、幸せなことの1つだと思います。
競争社会で幸せを見つけるのはなかなか大変ですよね。


トンレサップ湖は水質汚濁や外来魚の影響もあると聞いています。
途上国では、環境にまだ目を向けられる状態ではないのかもしれませんが、
後世に大切な資源を残して欲しいものです。

め、面積が3倍になるぅ?!
び、琵琶湖の10倍ぃ?!!
どんだけデカイんですか、近畿地方ほとんど水没じゃないですか!!!
思わず地図帳引っ張り出してきて確認しちゃいました?(笑)

『ワニポーズのみのりん』、異国の地でもバラエティ魂炸裂ですね♪
本当はワニの皮、かぶってみたかったんじゃないですか?(笑)

『何が幸せか…』、本当ですねぇ。
きっと日本人とは時間の感覚そのものが違うんでしょうね。
あんまり無理をしないでマイペースで行きたいものですね。(可能な限りですけど…)

こんばんは、
私も数年前にカンボジア行きました。
トンレサップ湖へは行けなかったけど、楽しかったですよ。
また行きたいなあ・・。

もうすぐ10/30、みのりんのお誕生日だ?!
カンボジア旅行記も第10回を迎えましたね。毎回充実したの旅行レポート楽しく拝見しております。
写真がお上手で感心します。姉妹の楽しい旅の様子が伝わってきます!
みのりさんのラジオ・テレビでのご活躍を拝見しているととてもお仕事が大変だとお見受けしますが、ブログも素晴らしいのでぜひ続けてください!

水位が10メートルも違うって、日本じゃ考えられないよね。
現地の人達は雨期と乾期に合わせて生活をしていると思うけど、
世界は本当に広いですね?。
暑いときに大きな湖とか海を見ると、暑さが多少は和らぐんじゃないですか?

●吉田のたかさん 
 一番上にも書きましたが、琵琶湖の10倍ですよぉぉ!!
移動はすべて船です。簡単な手漕ぎ船!


●学天則 さん
 そうなんです。カンボジアは決して恵まれた国ではないことは
わかると思いますが、悲壮感はまったく感じませんでした。
みんな明るいんです!


●静岡大好きさん
 そうですね? 幸せの価値が日本人はズレてるのかなとすら
思いました。


●Bフレッツハナハナさん
 ヘビは冷たくて ピトっヌルって感じでした。鱗みたいな
ザラザラ感はキモかった・・。でも昔日本平動物園で
ニシキヘビを首に巻いたな?????


●みのり夫さん
 うん、最近はだいぶ元気。一時期本当に疲れてめまいとか
してた時期があったんですが、最近は生放送の掛け持ちにも
なれて忙しいのが当たり前になってきました

●あかつき色のあめ玉さん
 見た感じ、完全に 海 でした。湖なんて信じられないような
大きさでしたよ。やっぱ日本はちっこい島国ですね。

●akitiさん
 私もカンボジアはまたいきたいって思います。今まで行った国の
中でも 街や人の雰囲気含め かなり好印象です

コメントを投稿

コメントを表示する前に承認が必要です。コメントが表示されるまで、少し時間がかかる場合がございます。

トップページ >カンボジア? 湖クルージング

みのりのちからこぶにようこそ!

清水生まれ清水育ち!SBS入社16年目小沼みのりです❤静岡県の情報は、全市町を取材した私にお任せ下さい!

Soleいいね!

静岡発そこ知り

アナブロ

最近の写真

アーカイブ

[みのりのちからこぶバックナンバー]
  • 2007/3〜2008/1
  • 2005/10〜2007/3
  • 最近のコメント