トップページ >#アクティブラーニング で教育改革

#アクティブラーニング で教育改革

2020年に

大学入試はセンター試験から

大学入学共通テスト(仮)に

変わりますが、

kodomofree1.png

それに伴い、中学や高校の授業の

進め方も大きく

変わってきます。

「主体的・協働的な学び」と

文科省の資料などではややわかりづらい

表現になっていますが、

要は子供達が自分で調べたり

時には立ちあがって

周りの子供達と話しあって答えを導きだしたり、

という授業スタイルになってくると

いう事です。

一般的に、

「アクティブラーニング」と言われる

学習のスタイルです。

アメリカ育ちの高木アナなどからすれば

「そんなの、ずっと前からやってるよ」と

なるようですが、日本では

先生が一方的に話して生徒はひたすら

板書...というような授業が一般的だったので

大きな変化となりますね。

若手の先生などが自主的に勉強会を

開いたりして、

研究を進める学校も出てきました。

取材をしていますと

現時点で、学校により非常に温度差があり、

今後、ますます学校による教育レベルの差は

出てくるように感じています。

私は この教育改革に大きな期待をしています。

なぜなら、あれだけ学校で英語を勉強したのに

たいして喋れない。

外国人からは「日本人は頭がいい

はずなのに、、、学校でも習ってるのに

なぜみんな英語がしゃべれないの?」と言われます。

日本の今までの教育が間違っていた部分は

多分にあると思っています。

アクティブラーニングで

世界に通用する子供達が育つ事を

願っています。

コメントを投稿

トップページ >#アクティブラーニング で教育改革

牧野アナブログ イキナリ

SBSアナウンサー牧野克彦のオフィシャルブログです。

イブアイしずおか

スポーツ中継

アナブロ