トップページ >スポーツ中継 >サッカー中継の過渡期

サッカー中継の過渡期

SBSテレビで

ジュビロ磐田の

ホーム開幕戦をお送りしました。

sinjyou.jpg

ご覧頂いた皆様、ありがとうございました。

実は、今季からJリーグ放送で選手をとらえるカメラ

台数が増えています。

dekakamera.jpg

スーパースローを出すための

カメラや、地上すれすれから

選手を狙うカメラ、

まるでバズーカ―砲のような雰囲気

ありますね!

sapo-ta-zenkei.jpg

さて、

これまでは、実況アナウンサーやリポーターが

喋る事に合わせて映像が出ていたJリーグの

放送でしたが、(例えば、実況アナが

ある選手についての情報を話した時に

その選手のアップ映像に切り替わるなど)

今年から

Jリーグの方針で 映像先行の中継

なっています。

アナウンサーにとっても

サッカーの実況スタイルが少しずつ

変わっていく過渡期に入ったと思います

野球に比べてサッカーは実況スタイルが

まだそれほど確立されていないとも言われますが、

いまも大きな変化を続けているのがサッカー中継です。

さて、中村俊輔選手の試合後のコメント

アナウンサーとして興味深かったので共有します!

→ こちらをクリック 

コメント (2)

牧野アナ、ジュビロ戦のリポーターお疲れさまでした!土曜日は、NHKでエスパルス戦をSBSでジュビロ戦を放送してくれて、ラッキーでした(^^)
先にエスパルスが今季初勝利して、ジュビロも続いて!!と願ったんですが…まだ始まったばかりです!次節に期待します(^^)
テレビカメラが増えると言う事は、臨場感が増して まるでピッチ内にいるかの様にテレビの前で観戦できると言う事ですね?それは、ありがたい(^^)
「映像先行の中継」って、カメラが映し出した映像を観てアナウンサーが中継するって事ですか?アナウンサーが自分の目で見たリアルタイムを、中継してはいけない?アナウンサーは映像に映ってる事以外は、中継してはいけない?と言う事は、言葉は悪いですがカメラ映像が中継の言葉に振り回されないようにするため?そんな解釈でいいんですかね? なんか、実況アナウンサーとしてはむなしいですね…アナウンサーの個性が殺されるような気がします(; ;)
オアシス…「俊輔ワールド」ですね(^^)

ニャン美さん、見てくださってありがとうございました。はい、映像に合わせて喋る事は多くなると思います。これまでよりアナウンサーによる差はなくなるのかもしれません。ただ、映像に映ってないものは喋ってはいけないというルールはないので あえて映っていない部分を言葉で補う、というケースもあるでしょうし、まだまだ模索中ですよ。視聴者の皆さんにとってベストの中継スタイルに近づけばと思って、毎回、少しずつ変えていくと思います。

コメントを投稿

トップページ >スポーツ中継 >サッカー中継の過渡期

牧野アナブログ イキナリ

SBSアナウンサー牧野克彦のオフィシャルブログです。

Soleいいね!

IPPO

スポーツ中継

アナブロ

最近の写真

アーカイブ