トップページ >深海魚チップス

深海魚チップス

焼津の「はの字食品」を
取材させてもらいました。

大正時代創業の さつま揚げの会社で
開発中だったのは

深海魚チップス。

桜エビ漁の際に桜エビと一緒に
あがるものの、利用されずに破棄されてしまう
かわいそうな魚「ハダカイワシ」を
揚げたものです。

まーっくろなチップス、
食べてみると 味は
濃厚な 魚感。 

確かに、イワシのような 味がするが
正確には イワシの仲間ではないらしい。

でんぷんと混ぜてあげたものは

さくっとして美味しかった。(米粉など、いろんなものと混ぜて試作中)


ハダカイワシは破棄されていたものだけに
現段階で まとまった量は確保できないらしいが

そんな魚を使って 商品開発をするには
理由があった。

子供達の魚離れだ。

より身近な形で 魚を食べてもらおうという
想い。

さらには 破棄されている魚がいることが
悲しかったという。

そんな さつま揚げ屋さんの想いが詰まった
深海魚チップスは 早ければ来月にも
商品化され、焼津の保育園でおやつとして出される予定です。

市場に出回る日が楽しみです。

トップページ >深海魚チップス

牧野アナブログ イキナリ

SBSアナウンサー牧野克彦のオフィシャルブログです。

Soleいいね!

IPPO

スポーツ中継

アナブロ

最近の写真

アーカイブ