トップページ >ファンキーモンキーベイビーズ >ファンキーモンキーベイビーズ解散

ファンキーモンキーベイビーズ解散

2006年のデビュー時に当時僕が担当していたSBSラジオの番組に来てくれたファンキーモンキーベイビーズ。先日、東京ドームでその活動に終止符を

打ちました。写真 (5).JPG


僕との出会いは2006年。デビューの時でした。
人柄の良さに触れ、静岡でのライブに足を運びました。
静岡市の中心街にある club four という ライブハウス。
午前1時のスタート。

翌日、仕事があったので、普段の僕ならゴメン!といっているパターンですが、
彼らのライブ、どうしても行きたい衝動にかられました。
それ程、人柄に魅力があったのです。その時のライブ、
観客が一体となる盛り上がりに、これまで味わったことのないような
高揚感を覚えたのが鮮明に残っています。

その後、
静岡でのライブの司会をさせてもらったり、
リーダー、ファンキー加藤君の母となぜか文通を始めたり
(どういう流れだったかなぁ?
アナらじのゲストに なぜかファンキー母が登場!の後からだったかもしれません)
実家にまでお招き頂いたり、公私ともに
よくして頂きました。 

その中で感じたのは、彼らがとても家族を大切にしている人だと
いうことです。

初めての武道館ライブの時(だったと思う!最近、記憶があいまいです)
リーダーのファンキーは
「おふくろ、生んでくれてありがとう!」と舞台上で叫んでいました。

これまでのヒップホップグループがやってこなかったような
ストレートな歌詞を歌ってきた彼らですが、
感謝の表し方も、ふつうの若者なら照れて言わないような
ストレートな伝え方でした。そのまっすぐさが多くの人の心をつかんだのではないかと思います。

ライブが終わった後、いつも それぞれのメンバーのご家族が
舞台裏にいらっしゃいました。

そして、スタッフも、みんなファミリーのような雰囲気。

普通なら大阪城ホール、武道館、
東京ドーム・・・歌うステージが大きくなっていくと
とりまく雰囲気も変わっていくのでしょうが、
彼らの場合は、本人達もずっと謙虚で、
周りにも温かい人が多かった。

それが 曲にも ライブパフォーマンスにも出ていました。

一つのファンキーモンキーベイビーズという活動が終わる事に関しては
とても残念です。

ただ、それぞれの道を歩み始めた3人を
今後も応援していきたいなぁと
思っています。

ファンキーモンキーベイビーズ、
ありがとうございました。

写真 (4).JPG

コメント (1)

いまやエース でいいんだよねマッキー。あのころはやたらとつっぱしっていたマッキー。
聴いてました。ミュージックトークショップからエクスプローラー。メッセージもたくさん読んでもらったし、楽しい番組でした。いろんなゲストがスタジオにきてくれましたね。青葉シンボールロードでの公開放送もありました。CANCION サスケ アイボリー・ブラザーズ
みんな胸にしみるいい歌を歌ってくれました。
サスケの北清水雄太さんはソロでライブやってますよ 。
北清水さんが歌ってるカイトという曲。 youtubeで聴くことができます。
weathernewsさんが公式にupしてます。ぜひご覧になって、こちらのブログで感想聞かせてください。こうして地道にがんばってるアーティストもいますから。

コメントを投稿

トップページ >ファンキーモンキーベイビーズ >ファンキーモンキーベイビーズ解散

牧野アナブログ イキナリ

SBSアナウンサー牧野克彦のオフィシャルブログです。

Soleいいね!

IPPO

スポーツ中継

アナブロ

最近の写真

アーカイブ