トップページ >Jリーグ >悔しい敗戦

悔しい敗戦

今、東京・味の素スタジアムから 

松永直子アナウンサーと スタッフとともに

会社に帰ってきました。

エスパルスが1−4で敗れました。

今夜はサポーターの皆さんも悔しい夜を過ごすのでしょうが、

試合後、選手達の顔は ちょっと最近見たことのない程の 落ち込み様でした。

今日のヴェルディ、フッキの凄さには 解説の岡村新太郎さんも

「この選手、本当に21歳なのか!?ちょっと凄すぎるよ」と試合後、舌を巻いていました。

金髪から髪を五厘刈りにしたフッキ、前節の大分戦で惨敗した悔しさを

今日にぶつけてきたのかもしれません。

そして、カウンター狙いの東京ヴェルディに ことごとく その狙い通りのことを

やられてしまいました。エスパルスのチャンス!と思った直後の失点。

カウンターは その失点以上に 精神的にもダメージが大きいもので、

なかなか試合中にもその気持ちの落ち込みを修正できなかったように思います。

「ピッチの中で修正できる力が必要」とGK西部選手は試合後 語っていました。

 

本来、今日、勝って星を五分に戻して 中断期間を迎えたかった所ですが、

しかし、この強烈な負け方は、かえって中断期間の練習を引き締まったものに

してくれるのではないかとも 思います。

「人間万事塞翁が馬」、シーズンを終えた時に、

あの負けが、結果的には 良かったと言える敗戦にしてほしいと思います。

選手達が今日の敗戦をどう捉えるか、それが、今シーズンの結果を左右すると

思います。

 

コメント (6)

前半のオウンゴール、オフサイドの判定が覆っての失点、不運といえば不運だけど、あれで流れが相手の方へいっちゃった感じでしたね。

一度切れた流れ、気持ちをゲーム(レース)中に立て直すのがいかに難しいか、競技スポーツをやってる人なら痛いほど分かるだろうけど、そういったものをちゃんとコントロールをできるのが本当に強いチーム、プレイヤーなんでしょうね。

サイコアスリートさん
競技をしている方は必ず こういうシーンを
誰もが経験してるとは 思いますが、本当に
悪い流れを切るのは難しいですよね。
切替!切替!と口で言うのは簡単ですが、
実際、ピッチにいると、切り替えるのは本当に
難しいようですね。

夜遅くの帰社、お疲れさまでした。
目はバレー最終予選、耳はエスパルス戦に向けていました。
バレーでは高橋みゆき選手が「交代でベンチに下がった時、外から冷静に見ることができて、どうしたらいいか分かった」というようなことを話しました。1セット取られたあとチームを牽引したのは高橋選手でした。
サッカーとバレーは比較できないものですが、サッカーは、バレーのように数秒ごとに点がどんどん入って逆転の繰り返しというものではないので、きっと流れを変えるのが本当に難しいんでしょうね。私は素人なので理解には至りませんが…。
ジュビロと共に、また上位争いに食い込んでいってほしいです!

・・・・・・何て言っていいのか?ちょっと信じられない出来事でした・・・
個人的にはあの嫌な雰囲気をガラッと変える為には、ハーフタイムに元気ないい☆原クン!とか復活した☆兵働選手とか、投入してほしかったな〜。。。

しかし・・・これで長いリーグ中断期間に入りますが、 ☆ナビスコカップは全体の一位!!なので〜
気持ち切り替えてもらって、代表関係で結構選手も抜けるだろうし?
 たとえばスーパールーキーの☆大前クン!とか長沢クンとか、まだ出ていない若手を上手く使って頂いて、☆ナビスコは優勝目指して、絶対頑張ってもらいたいですね!!!
 PS,マッキーさんの不敗神話も?敵地だったので・・・ きっとホームでは継続してくれるでしょう。。(汗)

ヘイタの緑茶さん
まだまだ、トップの浦和が勝ち点26ですから、
リーグ中盤から終盤にかけ、逆転の可能性も残っていると思います。
ヘイタの緑茶さんとともに私も
応援していきます!

ピョンキーさん
不敗神話、ついに終わってしまいました(涙)
これからは ホームでの不敗神話と 言い換えることに
致します。
大前選手の起用、僕も実はすごく楽しみにしています!
ただ、スーパールーキーだけに
長谷川監督も 起用のタイミングは考えているようですよ。
新人はその後、大きく開花するか、
自信をなくして ダメになっちゃうか、初めて出る時の
タイミングも大事なようです。

コメントを投稿

トップページ >Jリーグ >悔しい敗戦

牧野アナブログ イキナリ

SBSアナウンサー牧野克彦のオフィシャルブログです。

Soleいいね!

IPPO

スポーツ中継

アナブロ

最近の写真

アーカイブ