トップページ >12)里でホレたこの逸品 >サトイモでもっちり 静岡市・玉川のお母さんがつくる「玉ゆらまん」~「地域おこし協力隊推薦 里でホレたこの逸品」3

サトイモでもっちり 静岡市・玉川のお母さんがつくる「玉ゆらまん」~「地域おこし協力隊推薦 里でホレたこの逸品」3

 玉ゆら①.JPG

12月14日付夕刊「旅食」の「地域おこし隊推薦 里でホレたこの逸品」。第3回は静岡市葵区の中山間地、玉川地区の農産物加工所「玉ゆら」で販売されている「玉ゆらまん」(1個120円)です。同地区の地域おこし協力隊員、冨田和政さんにご紹介いただきました。(旭)

玉ゆら②.JPG 玉ゆらまんを販売している「玉ゆら」は安倍川の支流、中河内川のほとりに昨年6月にオープンしました。
玉ゆら③.JPG 店のすぐ近くには、ウイスキーの製造がスタートした「ガイアフロー静岡蒸溜所」があります。

玉ゆら④.JPG玉ゆら⑤.JPG 店内では、地域のお母さんたち14人が交代で、玉ゆらまんをはじめ、弁当などを作っています。玉川で栽培された緑茶や紅茶も店頭に並んでいます。

玉ゆら⑥.JPG 取材時は、ちょうど紅葉が美しい時季。店の前の川をバックに、冨田さんに玉ゆらまんを持っていただきました。玉ゆらのお母さんたちから「トミー」のニックネームで愛されている冨田さん。玉ゆらの女性たちも、冨田さんも、気さくな人柄で店には笑顔が絶えません。

玉ゆら⑦.JPG 取材した際は、ちょうど玉ゆらまんの製造中。自称"店の看板娘"の岡部早衣子さんが、あんをくるんでいました。

玉ゆら⑧ .JPG 岡部さんは、同時に「新製品」の試作中。大根の葉を甘辛く炒めた具を包んでいました。「記者さんも、ホラ」と、具だけ試食させてもらいましたが、なかなかのお味。完成が楽しみです。これまで、カボチャや在来品種のゴマなど、期間限定品もいくつか作ってきたそうです。

玉ゆらまんは、玉ゆらだけでなく、毎月1日に静岡浅間神社(静岡市葵区)周辺で開かれている「安倍の市」に玉ゆらのメンバーが出店する際にも販売しています。ほぼ毎回、お店を出しているそうなので、お近くの方は、ぜひのぞいてみてはいかがでしょう。

コメントを投稿

コメントを表示する前に承認が必要です。コメントが表示されるまで、少し時間がかかる場合がございます。


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.at-s.com/mt1/mt-tb.cgi/60873

トップページ >12)里でホレたこの逸品 >サトイモでもっちり 静岡市・玉川のお母さんがつくる「玉ゆらまん」~「地域おこし協力隊推薦 里でホレたこの逸品」3

ご案内

静岡新聞文化生活部の記者ブログです。
取材時のエピソードなどをアップします。
音楽、アート、鉄道、くらしなどがテーマ。
紙面にプラスのこぼれ話が満載です。


★文化生活部ツイッター ⇒こちら
「くらしず」の更新情報もお伝えします。

★アットエスニュース ⇒こちら
静岡新聞の公式ニュースサイトです。

最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]