コラム「あすなろ」

「凸凹な成長」の巻

2016年6月24日(金)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 スマートフォンの待ち受け画面は、保育園の祭りで撮影した次男くんの笑顔です。仕事でイライラっときても、これを見ればスーッと落ち着く最強の安定剤です。親バカそのものですが、とにかくかわいくて「癒やし」のオーラにあふれています。

 そんなわが子も今年、中学に上がりました。秋には13歳になります。これまでに何回か本欄でも紹介しましたが、知的に遅れがあり、発達に凸凹がある次男くん。一つ上のお兄ちゃんの成長と比べてみると全体には小4くらいで足踏みしているのかな・・・と思います。それでも外見は年齢相応に成長していきます。スマートフォンの中の彼とは別人のたくましさが見えてきました。

 中学にはバスを乗り継いで1時間弱かけて通っています。混んでいて降りられなかったらどうしよう...、寝過ごして終点まで行ってしまったらどうしよう...と親はいまだドキドキの日々ですが、この約3カ月間トラブルなしで1人通学を続けています。こういうところは、いまだ1人ではどこにも行けない(行かない)お兄ちゃんよりもずーっとしっかり自立しています。

全文を読む

「カードの不正請求」の巻

2016年6月20日(月)カテゴリー:乳児  投稿者:のびのび

 先日、私のクレジットカードが何者かに使われている可能性があると、カードのセキュリティー部門から連絡がありました。利用明細を見ると、国内最大級の遊園地で6月、4万円と2万円の2回、使われていました。自己負担はなく済んだのですが、カード決済時の署名や暗証番号を、犯人はどうやって入手したのでしょう。カード会社が発見してくれたことに心底感謝ですが、私が行ってもおかしくはない遊園地での、際立つほど多額でもない額の利用を「異常」と覚知してくれた理由までは分からず、対策の打ちようがありません。

 関連して一つ心当たりがあるのは、私は育休から復帰したおととしの秋、時短制度を使っているにも関わらず仕事と子育てで慌てふためいた日々を送っていて、財布をなくしたことがあります。使われていたのはその中にあったクレジットカードと同じ番号でした。紛失したカードは使用不能になると聞き安心し、同番号での再発行の勧めを承諾したのですが、旧カードが何らかの形で使われたのでしょうか。

全文を読む

「ゲゲゲの〇たろう」の巻

2016年5月31日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:たこ八

 最近読んだ子ども用の日本の昔話で、「サルかに合戦」のカニや「かちかち山」のおばあさんなど、私の幼少時の記憶では死んだり殺されたりしたはずのキャラクターが"気を失った"り、"寝込んだ"りしただけになっていて驚きました。そういえばアンパンマンのCDでも、2010年版で「食べずにいれば死んでしまう♪」だった歌詞が、昨年版では「食べずにいれば生きられない♪」に変わっていました。

 子どもは安易に「死」に触れないほうがいい、という配慮でしょうか。

 先日、自宅で青虫を見つけました。近くの草むらにぶん投げようとしたとき、息子が「あ、はらぺこあおむしさんだ!」とかわいいことを言いました。その日が息子の3歳の誕生日だったこともあり、少しは善行を積もうかと籠に入れ、キャベツをあげ
ました。食欲少なめの青虫は翌朝、茶色く硬くなっていました。ゲゲゲ!サナギだろう!!

 物語ではすぐに羽化する青虫ですが、2週間たっても変化がありませんでした。蝶が出てくるのを毎日楽しみにしている息子のため、ネットでいろいろ検索してみると、そもそも我が家のは「サナギ」ではなく「繭」であることが分かりました。ゲゲゲ!蛾だろう!!

全文を読む

「こども園の保育参観」の巻

2016年5月25日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:あゆいろママ

 「これは〇くんの掛け布団、そっちは〇ちゃんのだよ」

 先日、年長組長男の保育参観に参加した時のことです。クラスメートの女の子が昼寝用の布団を敷く手際の良さにとても驚きました。息子の通う園では毎日午後、年少組から年長組まで一斉に「ホール」と呼ばれる大きな部屋で昼寝をします。"お布団敷き"は最上級生の昼食前の大仕事です。

 布団に記名があってもまだ読めない子どもたち。50人分を並べるのに、掛け布団と敷布団をあべこべに置いてしまうこともあるだろうなと先入観をもって観察しましたが、心配無用でした。なんと、迷子の布団を見つけると鼻を近づけてクンクン。パズルを解くように布団を上手にセットしていくのです。

 まるで、洗剤や柔軟剤などのにおいをかぎ分けているかのようでした。すごい能力です。

全文を読む

「娘が漫才???」の巻

2016年5月14日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:橋爪充

 わが家の8歳女子は小学3年生になりました。先日、単身赴任先の沼津市から帰宅した際に、2年時のクラスメイトが年度終了を記念して書いてくれた寄せ書きを見せてくれました。お互いに1年を振り返るという趣旨のようで、クラス全員のメッセージが書かれています。

 その中に気になる記述を見つけました。「まんざい、おもしろかったよ」「3年生になってもまんざい、またやってね」...。???。まんざいって、「漫才」? 8歳女子に聞くと、そのとおり「漫才」だそうです。

 10年ぐらい前に、牛くんとカエルくんが掛け合い漫才をする「パペットマペット」っていましたよね。あんな感じで、わが家のぬいぐるみを2匹使って漫才をやるんだそうです。1回、「私が大切にしているもの」とかなんとかいう特別授業で、ぬいぐるみを持って行ってやったところ、ウケたそうで。それ以来、味をしめて何度もやっているらしいのです。

 コンビを組んでいるのは、私が10年以上前に韓国ソウルの露天商から押し付けられた猫(名前、ハンガンと言います)と、長野市に住む叔父叔母からの昨年のクリスマスプレゼントのアザラシ。猫は明らかに「トムとジェリー」のトムのバッタもんですが、アザラシは「しろたん」と言ってそこそこ人気があるみたいです。

全文を読む

「人との触れ合い」の巻

2016年5月 6日(金)カテゴリー:その他  投稿者:こーだ

 先日、家族総出で友人主催のイベントの手伝いに行ってきました。前日の準備からということで、泊まりがけだったのですが、当然、夜は宴会に。20人以上の大人の中、子供はうちの娘2人だけ。さて、うまく順応してくれるのか、それとも居場所に困ってしまうのか?

 集まった人たちは、年齢も性別も住んでいる所も職業もみんなバラバラ。ただ一つ、翌日のイベントを成功させようね!ってだけを共有する仲間です。まとめ役はいても上下関係や不要な気遣いはなく、これは子供にも同じように適用されるのです。同等に扱ってもらえるのが嬉しいのか、娘たちもすぐに溶け込み、大人と真剣にアニメ談義をしたり、一緒に踊りを楽しんだり、即興の打楽器(酒瓶とかコップとか)セッションをしてみたり。普段まったく接することのない職業の人もいて、仕事の話に興味津々だったのも印象的でした。

全文を読む

「葬儀での涙」の巻

2016年4月 8日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:みのる太

 先日、父方の祖母が91歳で大往生しました。亡くなる前に、感謝の言葉もしっかり伝えられたし、ひ孫(小1の長男と幼稚園年少の次男)にも会わせられたし、良い見送りができたと思います。そんなこんなで、まだらにやってくる悲しみをやり過ごしながら、喪主の父の手伝いをしました。
 
 祖母への弔辞は私の妹が読みました。妹はこらえきれずに泣き始めました。会場からもすすり泣く声が。そして、後ろでは、ひときわ大きな子どもの泣き声も。長男でした。長男のおえつはどんどん大きくなります。結局出棺まで30分近く泣き続けました。幼稚園の卒園式や小学校の上級生とのお別れ会でも泣きじゃくっていたと妻から聞いていましたが、ここまでとは...。

全文を読む

「孫の圧力」の巻

2016年3月29日(火)カテゴリー:乳児  投稿者:のびのび

 父がNHKの連続テレビ小説「あさが来た」に夢中です。3月は佳境を迎え、毎日楽しみで仕方ないようです。支度を万全に整えてリビングに向かい、午前8時からのドラマが終わった途端に出勤する流れで、スケジュールの一部に「テレビ鑑賞」が据えられています。

 母が家事に忙しい時間帯であろうがお構いなしで、うるさいので洗濯機を回すな、皿も洗うなと命令していました。父が別の部屋で見ればいいのにと思いますが、本人の決定に、我々は無言で従うしかありません。私たちの家族はずっとそんな風でした。

 しかし最近、2歳半の娘が、そんな我が家の均衡を破ったのです。

全文を読む

「あったかいお土産」の巻

2016年3月24日(木)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 「これ、絶対喜ぶっしょ。たっくんの好きなメダル、買ってきたよ」

 学校の宿泊行事から帰ってきた中1の長男は(珍しく)ハイテンション。家に着くなり次男(小6)に近寄り、話し始めました。もちろん次男は飛び跳ねて大喜び。

 次男は観光地で時折見掛けるちょっと古めかしいメダル刻印機が大好きで、家には30枚ほどのコレクションがあります。皆さんはご存知ですか?

 日付やイニシャルなどを刻印できる機械です。「ゴン、ゴン、ゴン」と音を立てて、一文字ずつ刻んでいく、あれです。

全文を読む

「名前を考える」の巻

2016年3月22日(火)カテゴリー:乳児  投稿者:JB

 はじめまして。今回から執筆メンバーに加えていただいたJBです。2015年11月に女の子が産まれました。不惑を目前にして父親デビュー。日々手探り状態で、慣れない育児に悪戦苦闘しております。
 
 待望の第一子。名前はどうしよう、ということで、夫婦ともどもあれこれ考えた末、「指月」と名付けることにしました。以前から、穏やかで優しげな印象の「静岡」という地名には特別な愛着がありました。その音を拝借して、まずは「しづき」という名前の響きから、思案を膨らめていきました。

 

全文を読む

「cook but・・・」の巻

2016年3月21日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:たこ八

 日々の家事の中で、一番負担に感じるのは料理です。洗濯や掃除は自分のペースで淡々と進められますが、料理は一緒に食べる相手に時間や内容を合わせなければなりません。さらに、相手の反応も気になり、精神的に消耗してしまいます。

 4月で3歳になる息子は、だいぶ大人と同じように食べられるものが増えてきました。と同時に、離乳食ではなんでも食べていたのに、好き嫌いや食べムラが出てきました。奮発していろんな食材を用意したり、調理に手間暇かけたりしても「嫌いー」と吐き出されるとガックリします。料理の腕の問題でおいしくないのかも、と思うと無理強いもためらわれます。育児書やクックパッドなどを参考に調理してもクック、バット...クック、バッドです。

全文を読む

「カメラ小僧」の巻

2016年3月16日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:バラリンゴ

 4歳の息子が、私の一眼レフカメラに興味を示し始めました。試しに使い方を教えると、なかなか面白い構図の写真を撮ります。「上手だね」「いい写真だね」とほめられてうれしかったのでしょう、その後も私がカメラを持ち出すと「ちょっとかして」と言うようになりました。

 ただ、さすがに小さな手で大きな一眼レフは扱いづらい様子。落とされたり、レンズに指紋がべたべた付くのも気がかりです。迷った末、誕生日にデジカメをプレゼントすることにしました。

全文を読む

「英才教育のススメ?」の巻

2016年3月 8日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:がや

 今回から「あすなろ」メンバーに加わりましたがやです。3歳の長男の成長や子育てについて、気づいたことなどを書いていきたいと思います。

 最近、体の動きや言葉遣いにもずいぶん「子どもらしさ」が出てきた長男。毎日音楽に合わせて楽しそうに踊ったり、テレビを見てピアノを弾くまねごとをしたりしているのを見ると、そろそろ何か習いごとをさせても良い時期なのかと考えてしまいます。

 トップレベルで活躍するスポーツ選手やアーティストに関する記事などを読んでいると、親のすすめで3歳ごろから始めたという記述を多く目にする気がします。確かにさまざまな物事を吸収して急速に成長していく時期だけに、「英才教育」を始めるには適しているのかもしれません。

全文を読む

1/2成人式 父親不在を反省・・・の巻

2016年3月 4日(金)カテゴリー:双子  投稿者:スタッフ

 先日、双子の二女・三女が通う小学校で、1/2(にぶんのいち)成人式がありました。
 10歳を記念して、これまでの10年に感謝し、次の10年、その次の10年に向けて夢を語る、という感動的な会です。

 その式のサプライズとして、子どもから親へ感謝の手紙、親から子どもへ想いを込めた手紙を送り合います。二女・三女共に、お手紙をくれたのは良かったのですが・・・。

 三女の封筒には、「お父さん・お母さん・おばあちゃんへ」となっており、手紙の内容にも、お父さんへの感謝の言葉が綴られていました。ところが、二女の封筒には、「お母さん・おばあちゃんへ」と書いてあり、手紙にも、一言も「お父さん」が出てきませんでした。

全文を読む

「小1の壁」は親にも?の巻

2016年2月29日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:ohana

 娘が小学校に入学してから、もう1年がたとうとしています。仕事柄、夜勤が多いパパ記者は、娘とすれ違いの生活になることが多くなりました。
 
 幼稚園の時は、送り迎えに行ける時間が比較的とれて、担当の先生からも娘の生活状況を逐一聞くことができましたが、小学生にもなると、朝の登校の際に交通量の多い近くの交差点までは娘に付き添うものの、そこでお別れ。下校の時間の前には出勤してしまうので、娘との会話の時間が十分にとれるのは、どうしても自分が休みの日というパターンになってしまいます。

全文を読む

「『字』に興味のない長男」の巻

2016年2月17日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:あゆいろママ

 今回新たに「あすなろ」のメンバーに加わりました、あゆいろママです。5歳の長男と2歳長女がいます。

 最近私の頭を悩ませているのは、わんぱく盛りの長男のこと。まもなく年長、来年には小学生です。なのに、まだひらがなの読み書きどころか、まったく「字」に興味がありません。絵本は好きなようですが、大人が読み聞かせるものだと思い込んでいて自分から読もうとはしません。

 「いつか自然に覚えるようになる」とのんびり構えていましたが、年末にクラスメイトの女の子がサンタさんに手紙を書いたらしいという話を園ママとの会話で知りました。友人の子が通う別の園では、卒園までに漢字で名前を書けるようになるという話を聞いたことがあります。わが子は早くも同級生から遅れを取っているのでないか。少し焦り始めました。

 先日、息子をテーブルに座らせ、鉛筆を持たせてみました。すると、鉛筆にはまるで無関心で、横に置いてあった消しゴムや鉛筆削りにばかり目が行き一文字も書かないまま。じっと座っていられる時間は過ぎてしまいました。

全文を読む

「子どもの記憶」の巻

2016年1月31日(日)カテゴリー:幼児  投稿者:のびのび

 娘(2)が先日、私とおそろいのコップを倒してしまいました。食事のたびに「おそろいのコップかわいいね」「かんぱーい!」と、テンションを高めていたコップだったので、私は大人げなく「ああ!割れなくて良かった!」と大声で言ってしまいました。すると娘は「この前割っちゃったもんねぇ。ごめんね」と言ってきました。

 彼女が言う「この前」とは、1歳半くらいの時のことです。「あのコップのこと、覚えているのね」と言うと、娘は「(柄の)女の子がかわいかったよ」と具体的に言いました。

全文を読む

「思春期でしょうか」の巻

2016年1月 6日(水)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 あけましておめでとうございます。

 新年早々あまり楽しくない話ですが・・・。思春期でしょうか。中1の長男とのコミュニケーションがうまく取れません。

 何を考えているのだかよく分からない長男と一緒に過ごしていると、楽しいお正月にもイラッとしてしまうダメ父です。

 もともと自分の気持ち、主張を周囲に伝えるのは苦手な子です。それが輪を掛けてだんまりを決め込んだり、心配するこちらを適当にあしらおうとしたりという具合。激しく反抗したりということはありませんが、通じていない感じがたまらなく、もどかしいのです。

全文を読む

「苦手な体育」の巻

2015年12月27日(日)カテゴリー:小学生  投稿者:みのる太

IMG_3078.JPGどうやら長男は運動が苦手なようです。小学校の体育の持久走の練習の成果を尋ねると「最高位45位だから」と自嘲しながら告白する長男。小1にして陰があります。これはいけない。

幼稚園時代にやっていたサッカーからも距離を置いているので、以前ほんの少しだけ遊びでやったボルダリングに先日期待半分、不安半分で連れて行きました。ところがこれが吉と出ました。キッズスペースでまず登らせたところ、体が小さいこともあり、思いのほかするすると登っていきます。キッズスペースの中で一番難しいルートを上りきったときには、雄たけびを上げていました。本当にうれしかったみたいです。

ボルダリングは、レベルに合わせてゴールが設定されているため、成功体験を得やすい点が特徴です。また、競争意識があまり働かないので、あせる必要もありません。

全文を読む

「気の利く姪に感銘」の巻

2015年12月25日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:たこ八

寒い日が続きます。
先日、くしゃみを連発していたら、2歳半の息子がもぞもぞと着ていたベストを脱ぎ出し、「一枚貸そうか」と言ってくれました。
サイズ90は着られませんが、嬉しさで心が温まりました。

優しさや思いやりの心はどうやって学び、身につけていくのでしょう。

全文を読む

「記者の娘なのに」の巻

2015年12月12日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:橋爪充

 今春、沼津市の東部総局へ異動し、単身赴任の日々です。

あすなろ作文指導.jpg 月に2度は帰省するようにしていますが、世の中のお父さんに比べると、子どもたちとの接触時間は、どうしたって足りません。「宿題のめんどうを見る」という基本的な作業もしかり。それでも帰省したときは、できるだけ付き合うようにしています。

 誰に似たのか、提出期限ぎりぎりまで宿題をやらない7歳11カ月の娘。いつも最後に残るのが日記です。

 「何も書くことがない!」と机に突っ伏す娘。
 そんなはずはありません。あんなこと、こんなところ。父が連れて行っただろう。何も覚えていないのかな?
 「分からない! 覚えてない!」

全文を読む

「卒業できない」の巻

2015年12月 9日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:のびのび

 娘は2歳4カ月になりました。身長体重ともに、ごく平均的な2歳児です。

 私には、最近気になっていることがあります。
 それはスーパーのベビーカートやデパートのトイレにあるおむつ台、個室の壁に取り付けられ、親が用を足している間に座らせておく子ども用の椅子など、利用を「24カ月まで」とする子ども用の器具が案外多いことです。

 先日、公共施設のトイレで、私は娘と個室に入りました。子ども用の椅子に座らせなかったところ、自由になった娘は汚物入れのふたを開けようとしたり、扉の鍵を開けようとしたりと大騒ぎでした。それでも個室はまだ乗り切れそうなのですが、おむつ台を使わずには、おむつを交換できません。スーパーのカートも使わないと「カートを押す」と言い出したりひたすら抱っこをせがまれたりするので苦労します。

全文を読む

「夫は育休を取れるのか?」の巻

2015年12月 5日(土)カテゴリー:その他  投稿者:いず

 「2カ月、無理なら最低でも1カ月の育休を取ってほしい」  先の週末、病院へ面会に来た夫に懇願しました。

 第二子の出産予定日まで3カ月以上あるというのに突如、前置胎盤と切迫早産で救急搬送され、入院となってしまったのは2週間前。
 折しも、関東の義父母宅に家族で帰省していたときでした。
 静岡のかかりつけ医からは、妊娠中期の前置胎盤のリスクについて注意を受けておらず、広島で里帰り出産の予定だったため、関東での入院は青天の霹靂です。
 義父母は高齢。産後、新生児と長男(2)、私の3人がお世話になることがどれだけ大変かは想像がつきます。

 これはもう、夫の力を借りるしかない。
 育休を取って家事育児に専念すれば、夫には今まで見えなかったことが見えてくるのではないか、気づいてくれなかったことにも目を向けるようになるのではないか。そんな期待もあります。

全文を読む

「心配しすぎ」の巻

2015年11月24日(火)カテゴリー:その他  投稿者:こーだ

 こどもが大きくなってふと振り返ってみると、「何でそんなに悩んでいたんだろう」とか「何もそこまで気を使わなくても」と思うようなことがいくつもあります。特に上の子の場合、初めての子育てということで、何でも過剰に反応してしまい、必要以上に心配してしまうことも多かったと思います。

 さて、そんな類の話で、わが家では笑い話になっているひとつに「ペットボトルの飲み方」というのがあります。

 まだ2歳くらいだったと思いますが、娘はペットボトルでお茶など飲む時、ペットボトルの口の部分に、上下の唇をすっぽり入れて飲んでいました。大人ではとても無理ですが、小さな子供はそれでうまく飲めたんですね。

全文を読む

「戦隊モノとの出会い」の巻

2015年11月19日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:バラリンゴ

 年少の息子。これまでテレビは、アンパンマンやきかんしゃトーマスなど比較的穏やかな番組を選んで見せていたのですが、数カ月前から、いわゆる「戦隊モノ」を見るようになりました。保育園の友達の間でも、戦いごっこが流行っている様子。会話にはニンニンジャーや仮面ライダーがよく登場します。

 「見せない」という選択肢も最初はありましたが、きっと、男子ならだれでも通る道。保育園社会を生きるために必要な一般教養(?)でもあるような気がして、とりあえず見せてみることにしました。

 仮面ライダーは「怖い」といってあまり見たがりませんが、ニンニンジャーには案の定、ハマっています。息子だけでなく、なんと私もです。放送日には番組を録画して、夕食のあとに一緒におやつを食べながら見る、というのが定番になりました。息子はアカニンジャー、私はスターニンジャーが大好き。忍者の本を読んだり、ニンニンジャーの塗り絵をしたり、新聞をくるくる丸めた「剣」で戦いごっこをしたり...と、楽しめる遊びも増えました。

全文を読む

「寂しい思い」の巻

2015年11月17日(火)カテゴリー:その他  投稿者:ひとちゃん

少し前になりますが、双子の二女・三女の小学校で宿泊学習がありました。

1泊2日とはいえ、沢登りなどを行うため、
ジャージや体操着・タオル・カッパ等々、大量の荷物を、
大きいバック1つとリュックに分けて、持って行きました。

前日に大きいバックを持って行ったため、行きは良かったのですが、
帰りは両方を一緒に持って帰ってくるため、かなりの荷物量・・・

しかも、雨だったため、水分を含んだジャージ等は、
さらに重みを増していました。

仕事を終え、帰宅した私に、二女・三女は、
楽しかった沢登りなどの話を、たくさん聞かせてくれました。

そして・・・

全文を読む

「迷路好きの3歳児」の巻

2015年11月15日(日)カテゴリー:幼児  投稿者:ますけい

 3歳上の姉の真似ばかりしていた3歳の長男が、初めて姉の影響とは関係なく熱中している物、それは迷路です。

 「しまじろう」のテレビ番組を参考に、夫が段ボールで50センチぐらいの迷路を作ってあげたら大喜び。さらに、迷路のワークブックを買ってあげたところ、枕元までワークブックを持ち歩くようになりました。

全文を読む

「最近の日課」の巻

2015年10月23日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

娘は3歳5カ月になりました。嫁さんに似て冷蔵庫の開けっ放しには厳しいです。
格別に面白いこともシリアスなことも起きない毎日なので、今回は最近の日課について書きます。

朝は、朝刊を見せながら今日の天気を解説します。晴れマークが多いと「やったね!」と、とても喜びます。逆に雨マークが多いと、とても落ち込みます。とにかく外で遊びたいようで。

全文を読む

「空振りラブ」の巻

2015年10月 8日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:たこ八

 「かっか(=お母さん)嫌い」。夏の終わりに、2歳4ヶ月の息子から初めて言われました。夫の単身赴任で8月から平日は母子2人きりの生活が始まり、「寂しい思いはさせまい」と気負っていた矢先でした。

 夜、家でおもちゃを投げたのを注意したのが発端でした。普段なら反抗しない息子が、怒って私の顔を何度もつねりました。さらに夜中、「かっかは○○(自分の名前)が好きくない、○○はとっと(=お父さん)のところに行く」と、その日起きた出来事を学習するかのように寝言を言いました。ショックでした。

 8月以降、2人の時間を大事にしようと、平日帰宅後や週末、家事などは後回しにしてできるだけ一緒に遊ぶよう努めてきました。趣味も一人の時間も楽しめない日々、こんなに子供最優先で頑張っているのになぜ、むくわれないのか。涙が顔の傷にしみました。

全文を読む

「単身赴任も悪くない...かも」の巻

2015年9月25日(金)カテゴリー:その他  投稿者:橋爪充

20150922あすなろ単身赴任.jpg 沼津市の東部総局へ異動して半年過ぎました。小学校2年生長女と幼稚園年少組の長男(と妻)を残しての単身赴任。「子どもたちに忘れられてしまうのではないか」という危惧は、杞憂でした。

 自宅に父親がいないことを、子どもたちなりに寂しく思ってくれているようで、会ったときの歓待ぶりは1年前には考えられなかったほど。玄関先でぴょんぴょん飛び跳ねながら喜んでくれる姿を見ると、「帰ってきて良かったなー」とつくづく思います。

全文を読む

「イベント体験だけではだめ?」の巻

2015年9月24日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 子供たちの夏休み期間中、自分が休みをとれたこともあり、キャンプにいったり実家に帰ったりと、比較的家族で出かける機会に恵まれました。6歳と4歳の息子たちにもそれなりに初めての体験をさせてあげることができたと思います。以前、パパイヤ鈴木さんが何かの子育てコラムで「自分が率先して子供たちをいろいろなところに連れて行かないとだめだ」という趣旨のことをおっしゃっていましたが、自分も見習おうと思っています。

 ただ一方で、日常における子供たちとのコミュニケーションの少なさを最近痛感しています。

全文を読む

「保育園いやいや」の巻

2015年8月24日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:のびのび

先日、保育園の夏祭りがありました。2歳になった娘の表情は暗く、「一刻も早く帰りたい」というオーラを放出していました。最近家で友達の話も出るので、今年は一緒に遊ぶ姿が見られるのでは、と期待していましたが、娘は一言も発することなく、ただ私の足にしがみついてその場をしのいでいました。

その前後から、朝の登園拒否が続いています。涙をぼろぼろ流して絶叫する娘を押さえつけ、チャイルドシートのひもを引っ張っていると、こんなことしている私、何なんだろうと思います。園に着くとあきらめて行くのですが、歯を食いしばっている感もあり、心配です。

1年以上在園しているだけあって、夏祭りでは夕方一緒にお迎えを待っているお姉ちゃんたちが大勢駆け寄って頭をなでてくれたり、同じ教室の赤ちゃんのママから、娘との交流の話を教えてもらったりと、娘の居場所はあるように見受けられました。先生も信頼でき、では何が嫌なのだろう?と思うばかりです。家で私と過ごしたい一心なのかも、とうすうす感じています。

全文を読む

「おむつの購入制限」の巻

2015年8月18日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:きりん

2歳8カ月の次女はまだ、おむつが外れません。5歳になった長女も相当の確率でおねしょします。朝、濡れた布団を干したり洗ったりする時間がないがために、夜はおむつをはかせてしまっています。子どもたちの排泄についての私の葛藤はさておき、わが家にとって紙おむつは必需品です。

先日、在庫が残りわずかになったため、保育園への迎えの後、2人の娘を連れてドラッグストアに寄りました。最近、紙おむつは多くの店で「おひとり様2点まで」などと数量制限されています。品質の高い日本製が海外で転売され、品薄状態が続いているのが理由の一つと聞きます。おむつかぶれしやすい娘たちが愛用するメーカー品は、かなりの頻度で品切れしています。助手席まで目いっぱいに紙おむつを積んだ軽自動車がドラッグストアから出ていくのを見たこともあります。

全文を読む

「お母さんのお腹の記憶 マザマザと」

2015年8月 4日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:たこ八

 半月ほど前のことです。2歳の息子と話していた時に何気なく、「◯◯は、かっか(=私)のお腹の中にいたんだよ、覚えてる?」と尋ねてみると、「水の中でプカプカしてた」と答えが返ってきました。

 これが胎内記憶というものかと驚きました。「楽しかった?」「暖かかった?」しつこく聞くとスルーされてしまいました。ちょうど保育園でプールが始まった時期だったので、水遊びの話と混同したのかもしれない、そう思ってしばらく忘れていました。

 昨夜、入浴中に「泳ぐ~」と言い出し、私に支えられて平泳ぎのような格好で遊んでいた息子に再び、「かっかのお腹の中でもこんな風に泳いでたの?」と話しかけてみました。すると、「違うよ、こうだよ、こう」。洗い場に四つんばいになり、うずくまってみせてくれました。

全文を読む

「ワーママは長期休暇」の巻

2015年7月30日(木)カテゴリー:その他  投稿者:ナグコ

私のベストTVドラマはロンバケ(ロングバケーション)です。
「うまくいかないときは、神様がくれたロングバケーションだと思ってさ」
このフレーズに何度となく救われてきました。

会社員12年目、「ママ記者」の仲間入りをして3年。このたび、仕事を辞める決断をしました。理由は話せば長くなるのですが、一言でいうと「うまくいかないことが多すぎる」ということでしょうか。

女性もキャリアを構築することが当たり前と思っていました。だから結婚を考えるようになってからは、ワーママになることが「当然」でした。でも初めての出産、子育ては、なかなか思うようには進みません。

全文を読む

「お菓子焼いても○○焼くな」の巻

2015年7月23日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:すしはこはだ

4年生になるとクラブ活動がスタートする学校が多いのではないでしょうか。娘は「お菓子作りクラブ」に入りましたよ。

ちょっと脱線しますが、現在の学習指導要領ではクラブ活動は年間数回でいいのだそうです。私が小学生のころは毎週あったので、娘が見せてくれた年間計画表を見て、ちょっと物足りないなぁなんて思ってしまいました。

しかし、娘はクラブ活動2回目にして、強烈な経験をして帰ってきました。
人生初のヤケドです。
片付けの時間になって、お友達が持ったフライパンが腕に当たってしまったそうです。 

全文を読む

「愛せない、の次」の巻

2015年7月21日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

先日、子供を愛せないというコラムを書かせていただきました。多くの反響、ありがとうございました。その後も相変わらず小競り合いの日々です。でも少しだけ進歩があったのでご報告させてください。

顔に水がかかることを極端に嫌がっていた娘ですが、保育園のプールが楽しいようで、プール開きと同時に洗髪を許してくれるようになりました。髪の毛の量も多くないのでお湯だけでさっと流していたのですが、いかんせん臭うようになってきたので、シャンプーを使うことに。

それにも慣れてきたのか、ぎゅーっと閉じていた目は、軽く瞼を閉じる程度になりました。上を向いて瞼を閉じて、ちょっと気持ちよさそうにしている表情は、乳児だった頃、抱っこひもの中で眠っていた時の顔そのもの。布団の中の寝顔とは少し違うんですよね。

全文を読む

「次女の反乱?」の巻

2015年7月15日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:マクカサキ

わが家の小5の次女。ちかごろちょっとおかしい。

なーんでもやりっぱなし。読んだ漫画やゲーム機はその場に放置。お菓子のごみが散乱。
わが家にはお菓子の棚があるのですが、勝手に開けて食べないように言ってあるのに、袋ごとたべてしまっていたり・・・。
学校の先生によると、忘れ物が多いらしい。学習は、なんとかついて行っている?という感じ。

全文を読む

「エンジェル係数」の巻

2015年6月26日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:たこ八

スーパーや青果店の店頭から最近消えたものがあります。それは、2歳1カ月の息子の好物イチゴです。シーズン終了なのです。もうイチゴとはさよならだと、息子にきちんと伝えねばと思いつつも、いまだ近隣スーパーをはしごして探してしまいます。

昨冬以来、イチゴは食費を圧迫し続けてきました。イチゴ以外にも太刀魚(息子命名ピカピカの魚)、ホタテ貝柱など息子の好物は我が家のエンゲル係数をぐいぐい押し上げます。より新鮮なもの、美味しそうなものを求める親心もそれに拍車をかけます。

息子は朝晩の食事どき、「きょうは何かな~」と言いながらハイチェアーによじ登り、イチゴなど好物を発見すると「お!おぉ!? おいしそう~。ごちそうだ、ごちそうだ~」と喜びます。口調はおっさんですが、天使の笑顔になります。

全文を読む

「禁断の子育て」の巻

2015年6月22日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:のびのび

 先日、知人に鬼が登場するスマートフォンのアプリの話を聞きました。ごはんを食べない時や寝ない時など、親を困らせた時に言うことを聞かせるためのツールになるのだそうです。スマホに子育てさせてはいけないという教訓として話題に上がったのですが、どんな物か記者として興味があり、見てみました。

 確かにスマホにドラキュラから「着信」があり、通話ボタンを押すと画面に映ったドラキュラが「あなたが寝ないなら、おうちに伺います」とテレビ電話さながらに脅してくるものでした。

全文を読む

「反抗期」の巻

2015年6月19日(金)カテゴリー:その他  投稿者:こーだ

子育てをしていく中で、避けては通れないであろう「反抗期」。それは突然やってきました。

早い子では、小学生くらいからあるようですが、我が家の場合、小学生の頃はそんなそぶりもなく、「まだまだかわいいもんだなぁ」なんて思っていました。

が、中学に入り、周りの環境が変わったのを機に、突然よそよそしくなり、口調も一変。話をしない、とまではいかないものの、会話は単調なものに。さすがに「これって反抗期かな?」と思ったのを覚えています。

生活態度も「?」がつくようなことが多かったものの、反抗期の娘にあまりうるさく言うのも逆効果。あえて静観するのがいいのか、いや、でも親としては・・・などと悩んだりもしました。

全文を読む

「奪い合い」の巻

2015年6月17日(水)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

小学4年生になった、二女・三女の運動会が終わりました。

娘たちが通う小学校では、運動会の途中で、家族や地域の人たちと、●●音頭という、簡単な踊りを一緒に踊る行事があります(盆踊りのようなもの)。これまでは、この春、中学1年になった長女と6年間踊り続けたため、今年初めて、二女か三女と踊ることになりました。

普段から、ママを奪い合っている娘たち(笑)。
1カ月くらい前から、どちらが私と踊るかで、言い争いをしていた2人。
前日に、「どっちと一緒に踊る?」と聞いたところ、「○○(三女)!」となりました。ニコニコ顔で、喜んでいる三女。

話し合いで決まったので、結果に異論はありませんが、なんですんなり決まったのか、不思議でした。

全文を読む

「苦手な音読で自信」の巻

2015年6月15日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 「聴いていて、うるっときそうになりました」「お世辞抜きに、バッチリでした!」

 特別支援学級に通う次男(小6)が先日、お昼の校内放送で当日の給食の献立について説明しました。冒頭の言葉は後日、小3で転籍したときからずっと次男のことを知っている先生と、クラス担任の先生から聞いた感想です。僕はそれを聞き、うるっときそうになりました。

 大げさに思うでしょう。でも、結構な大事件なのです。

 音読がとにかく苦手だった(過去形にしてもよいかな)次男。普通級にいた小1、小2の頃には毎日の音読の宿題が苦痛で苦痛でたまりませんでした(本人も親も)。

全文を読む

「愛せない...」の巻

2015年6月12日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

最近、娘のことが愛せません。
毎日毎日、怒って怒鳴ってばかりいます。「おこらないで。ごめんね」と目に涙をためて言うまで怒ってしまいます。

だいたいいつも、始まりは食事。椅子に立ち上がり歌いだしたり、おもちゃで遊びだしたり。
小さく刻んでも野菜を食べない、自らお代わりしたご飯を一口も食べず残す、そのくせアイスとコーンフレークが食べたいと泣く…。
率直な意見かもしれないけれど、帰宅後に急いで作った料理を「おいしくない」と評価されると、こっちが泣きたい気分になります。

全文を読む

「かわいい子には背伸びをさせよ」の巻

2015年6月 1日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:バラリンゴ

 以前、老舗の喫茶店を取材したときのことです。そのお店は、どちらかというと本格志向の大人向きで、落ち着いた雰囲気。看板メニューのコーヒーや甘味を味わいながら、お店に懸けるご主人の情熱を聞いていました。

 こんなにおしゃれで落ち着いたお店、子連れじゃなかなか来れないよなあ…と思いながら、恐る恐る尋ねると「お子様連れでも、個室もありますし、大丈夫です」との返事。さらにご主人はこう続けました。「お食い初めや七五三でうちのお店を使ってくださるお客さんもいます。ちゃんとした親御さんのお子さんは、2歳でも3歳でも、ちゃんと座っていられますよ」

 その言葉を聞いて、ドキッとしました。「うちの子は大人の雰囲気のお店でちゃんと座っていられない」というのは、実はそうではなくて、「私は、大人の雰囲気のお店で、ちゃんと子供を座らせておくことができない」のでした。子供のせいにして「できない」と決めつけるのは、親の怠慢だったんだな…と反省しました。

全文を読む

「家庭学習の副作用」の巻

2015年5月29日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:たいいくがかり

 娘が小学校に入って、早くも1年が経ちました。何度か体調が悪かった時もありましたが、大きなけがや事故なく通うことができました。これも学校の先生はじめ、周りの方々のおかげだと思います。

 1年間で痛感させられた保育園と小学校の大きな違い。それは「宿題」でした。自分が経験しイメージしていたそれとは、かなり違っていました。

 自分が小学生のころは、プリント学習が多く、自習して、翌日学校に提出していたように思います。親と一緒に勉強をした、見てもらった記憶はほとんどありません。しかし娘の場合、毎日のように音読や計算カードの反復練習などがあり、親が見守り、完了確認する流れになっています。できないところは当然「教える」ことになります。

全文を読む

「オシャレを気にしだした娘への、しょうもない感想」の巻

2015年5月28日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

もうすぐ娘は3歳。顔がどんどん自分に似てきているので、「嫁さんに似てくれー」と念を送る日々です。

ちょっと前から、毎朝必ず私の所に来て、「ねぇパパ、オシャレ?」とその日のコーデを見せに来るようになりました。「オシャレだよ」と返すと、全開スマイルで去って行きます。

全文を読む

「この春起こった我が家の大きな変化」の巻

2015年5月11日(月)カテゴリー:乳児  投稿者:PUMP

この春、我が家では2つの大きな出来事がありました。

1つ目は、私(父親)の転勤。

電車で通えない距離ではありませんが、3月下旬からスタートした単身赴任生活は、もうすぐ2カ月。
自宅では、食事の片づけ、洗濯・掃除の手伝いなど、それなりに「イクメン」していたつもりですが、現在は・・・朝食抜き、昼は外食、夜はコンビニ+ビール。すっかり、「ダメパパ」ですね(苦笑)。

家族には寂しい思いをさせている(?)のですが、週末は自宅に戻れるので、まもなく3歳となる長男が「パパが帰ってきた!」と興奮気味に迎えてくれる姿を見ると、本当に愛おしい気持ちでいっぱいになります。

2つ目は、長女の誕生。

全文を読む

「小1の壁キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!」の巻

2015年5月 7日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:ますけい

 我が家も例に漏れず「小1の壁」を迎えました。小学校の入学式から2週間経ったころ、小1の娘から突然、「お母さん、お仕事って、やめられるの?」と尋ねられたのです。「そうだねえ、どうしてもつらかったらやめることもできるけど」と答えると、娘は「お母さん、お仕事やめて」と言い出しました。

 働く母親にとっての「小1の壁」として、放課後児童保育の預かり時間が保育園より短いこと、平日昼間の学校行事が多いことのほか、子どもが新しい環境に慣れず不安定になることがあると聞いていたので、覚悟はしていました。私がなぜ働いているのか説明を試みましたが、娘は「お仕事やめて」の一点張り。学校や放課後児童保育で嫌なことがあったわけではないようなのですが、ついに泣き出してしまい、背中をなでてあげることしかできませんでした。

全文を読む

「おっぱいが欲しい」の巻

2015年4月30日(木)カテゴリー:乳児  投稿者:フジ

はじめまして。父親1か月目のフジです。

4月7日に、女の子を授かり、今は毎日が新しい発見と体験の連続。

娘が産まれて3週間。今感じるのは、母親って本当に大変!
寝られない日々が始まり、最近では弱音を吐くことも。

全文を読む

「保育園を好きになった日」の巻

2015年4月22日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:のびのび

 娘は長らく保育園に慣れませんでした。

 毎朝、園に近づくと表情を曇らせる娘を見ていると別れがつらかったです。

 保育園から会社に向かう車内で、
 「仕事をしなければ食べさせられない」
 「いや私は仕事をしたくて会社に行っているのかもしれない」
 「じゃあ私のワガママで、娘を犠牲にしているのか」と、
 結論が出ても仕方のないようなことをずっと考え、暗い気持ちになっていました。

 しかし、1歳7カ月の発表会の日、突然転機が来たのです。

全文を読む

「ガンピーさんのふなあそび」の巻

2015年4月17日(金)カテゴリー:その他  投稿者:みのる太

 ふじのくに文化情報センター長に就任した平野雅彦静岡大教育学部特任教授にお話をうかがった際「チームで物事を動かしていくときの大きな指針になる本」として絵本「ガンピーさんのふなあそび」(ジョン・バーニンガム作)を勧められました。

 恥ずかしながら未読だったため、さっそく本屋で購入し、家に帰って小学校と幼稚園に入ったばかりの長男と次男に読み聞かせました。物語は、動物や子どもたちがガンピーさんの船に乗ったものの、みんな乗船時の約束をやぶって好き勝手なことをしたせいで、船がひっくり返ってしまうという内容です。

全文を読む

「見守る難しさ」の巻

2015年4月13日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

新年度が始まりました。わが家では娘が保育園を転園しました。転勤などで、これが3園目です。

1歳4カ月で入った最初の公立保育園では、お迎えに行くと目に涙をためて抱きついてきたまま4カ月間通い、転勤。
今度は(当時)5人しかいない認可外保育所へ。お友だちもでき、卒園する頃には女子3人(時々、男子も)仲良く山里を駆け回りながらプリキュアごっこをして過ごしていました。

認可外保育所は2歳児まで。3歳4カ月になり、年少クラスに途中から加わることになる娘は、私たちの言いたいことを言葉で分かる年齢になり、新しい保育園に通うということも理解していたようでした。4月1日からの慣らし保育には笑顔で登降園していた娘の姿に胸をなでおろしていました。

しかし、通常保育初日の夜、「・・・(娘の名前)の先生がいない」と寝言で泣きました。
確かにその日、お迎えの時、一人でおままごとをしていた娘。

全文を読む

「それぞれの個性」の巻

2015年4月 9日(木)カテゴリー:その他  投稿者:こーだ

同じように育てたつもりでも、兄弟、姉妹って全く違う!とは良く聞く話。

実際、わが家の場合も全てが正反対と言いたくなるくらいに違います。

例えば、甘いもの好きな姉と、甘いものが苦手な妹、早口でせっかちな姉と、のんびりマイペースな妹。挙げればきりがありません。

全文を読む

「スイミング」の巻

2015年3月31日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:バラリンゴ

「子供は親に新しい世界を見せてくれる」と言いますが、早くも、それを実感しています。

私の数ある弱点のひとつ、それは水泳。
小さいころからとにかく水が苦手です。

幼少期、親に連れられて行ったスイミングの体験教室では、プールサイドを全速力で走って先生から逃げ続けました。

小学1年生の泳力テストの記録は「5メートル」。
中学、高校はいかにして水泳の授業をさぼるかばかり考え、結局補講…。
海水浴なんてもってのほかです。足のつかない場所で泳ぐなんて信じられない。
とにかくとにかく、水にもぐることが苦手なのです。

全文を読む

「ありがとう、の卒園式」の巻

2015年3月26日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:ohana

 時がたつのは早いものです。先日、娘の卒園式がありました。園長先生から証書を受け取るときの、はきはきとした返事。園での生活の歩みを、友達と大きな声で発表。どのシーンでも、3年間の成長をまざまざと感じさせられました。

 会場スペースの関係で、別室モニターで式を見守りましたが、その間おのずと、入園当初の娘の姿を振り返っていました。おむつが外れず、ろくにトイレトレーニングができないまま入園となったものの、担任の先生の温かな指導のおかげですんなりとトイレに行けるようになったり、顔に水をつけるのすら嫌がったプール遊びも楽しめるようになったり。年中になると鉄棒の逆上がりを難なくできるようになり、年長の終盤では一輪車にも乗れるようになった娘。少し前まで「赤ちゃん」だったと思ったら、もうその面影も薄くなって着実に「児童」になりつつあるな・・・。そう思うと、うれしいようなさびしいような、なんとも複雑な心境になりました。

全文を読む

「腕枕に惚れてまうで」の巻

2015年3月24日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:たこ八

一般に母親は女の子より男の子の方を甘やかしてしまう、と聞きますが、実際のところどうなのでしょう。

1歳10カ月の息子は出生時、寺で名前をつけてもらいました。その際、「とてもいい運勢で、母親のことを大好きな子に育つ名前」と「まあまあの運勢の名前」の2案を提示され、夫婦で迷った結果前者を選択しました。以来、甘やかしすぎて将来マザコンや甘えん坊に育ててしまわぬよう日々自戒しています。

そんな私と息子に、最近新たな「ふれあいタイム」ができました。寝かしつけの時間です。以前はオンブでしか眠ってくれなかったのですが、「背中をとんとん」で眠れるようになりました。

全文を読む

「覚悟決めるのは私の方」の巻

2015年3月18日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:すしはこはだ

娘はもうすぐ4年生。小学校生活も折り返しだなんて…。

時の流れの速さにあらためてびっくりです。

小柄なわが子はこれまでキッズ用自転車に乗り続けていたのですが、新学期には自転車教室があると聞いて、慌てて買い替えを考え中です。

児童クラブに申し込まない代わりに入学前後に始めた習い事もなんだかんだありつつ続いています。

全文を読む

「きた~!! 小4の壁」の巻

2015年3月 6日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:ひとちゃん

この4月に、小学校4年生になる双子の二女・三女。
1年生から今まで、小学校内にある学童(児童クラブ)にお世話になっていました。

保育園・児童クラブに子どもを預けて働いているご家庭では、「小1・小4の壁」という言葉を、聞いたことがあると思います。

★多くの保育園開所時間が朝7時~夜7時までなのに対して、多くの児童クラブは学校終わり~夜6時まで(長期休暇時などは朝8時から)
★受け入れ可能人数が少なく、保育園に通っていた子ども全員が児童クラブに入れない
★対象は主に小学校1年生~3年生に限られている

などの理由から、保護者は働き方の見直しを迫られるため、「小1・小4の壁」と言われています。

全文を読む

「ちゃれんじじま発見」の巻

2015年3月 2日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:ますけい

 静岡市の駿府城公園に時々遊びに行っています。県庁側に昔からある児童向けの広場のほかに、「やすらぎの塔」近くには、低年齢児向けの複合遊具もあります。「やすらぎの塔」の裏側のお堀沿いに遊歩道を歩いていくと、木の実が落ちていたり、竹が生えていたりするので、自然と触れ合うこともできます。

 初めて遊びに行った時、2歳の息子から「ここ、ちゃれんじじま?」と尋ねられました。子育て中の方ならピンと来るかもしれません。そう、アニメ「しまじろうのわお!」(SBSで毎週土曜日午前5時半から放送中)の舞台となっている島の名前です。

全文を読む

「疲労と感謝」の巻

2015年2月26日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

2歳7カ月の娘を連れて、東京ディズニーランドに1泊2日で行ってきました。

家族の笑顔が見られて幸せです!とでも思うべきなのですが・・・、とにかく疲れました。

重い荷物を持ちながら歩き、寒い中長い行列に並び、うつむけば「抱っこ!」と両手を広げて私を見上げる娘の姿。「世界中~誰だって~微笑めば仲良しさ~」を脳内で歌い続けながら、不機嫌にならないよう頑張りました。

全文を読む

「静岡市のお気に入り公園ベスト3」の巻

2015年2月17日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:橋爪充

 7歳1カ月の長女は小学校に入学して、もうすぐ1年。時の流れのはやさを感じます。

 小学生になり、視野も行動範囲も広がりました。親があちこち連れて行っているというのもあります。彼女の中には、「あそこは好き」「ここはいまいち」といった、おぼろげな「好み」も芽生えているようです。 平成26年度ももうすぐ終わりということで、静岡市内の公園から、心引かれた場所を選んでもらいました。

全文を読む

「ひざの重みと母の愛」の巻

2015年2月12日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

週末の外出では昼寝をせず遊び続けられるほど成長した娘。
でも帰る頃には力尽き、チャイルドシートで「寝ていい?」と聞きながら眠りに落ちることもしばしば。
そんな時は、今の時期は厚手のものを、夏は手ぬぐいを、娘に掛けます。夜中、布団からも気付くとはみ出ているし…。

30代も半ばに近づき、ナマ足を平気で出していた日々も遠くなりまして、今や運転中も職場でも足もとが気になります。膝掛けが手放せなくなりました。掛けていないと、膝掛けじゃないにしても何か乗ってないと、なんだか落ち着きません。

全文を読む

「"大人の印"」の巻

2015年2月 5日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 遅い正月休みの最終日、家族で日帰り温泉に出掛けました。長男(小学6年)も次男(小学5年)も僕もお風呂が大好き。妻いわく「しずかちゃん級」です。

 そんなことはともかくとして、露天風呂に浸かって数分、長男が唐突にしゃべりだしました。「みんな生えてくるんだよね」。そう“大人の印”のことです。ふと、目をやると、長男のそこにあったのです。うぶ毛に混じり太いものも数本。よく一緒に入浴しますが、初めて気付きました。

 長男の隣、上半身をお湯から出して座っていた次男も「僕も生えてるよ」。立ち上がると、確かにうっすらと生え始めているのが分かりました。長男のみならず次男も。考えてみれば、そろそろそういう歳ごろではありますが、突然成長を見せつけられびっくりしてしまいました。

全文を読む

「"お姫様"はたくましい」の巻

2015年2月 2日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:きりん

 「お母さん、大きくなったら何になりたい?」。4歳の長女が先日、無邪気に質問してきました。とっさに返す言葉が見つからない39歳。「…オラフかな」。気の利いた返答ができない自分を情けなく思いました。

 そんな娘は今、プリンセスに夢中。毎日「大きくなったらお姫様になるの」と夢を語っています。シンデレラや白雪姫の絵本を読むようにせがまれることも多いのですが、ちょっと前まで、母の心は複雑でした。誰もが哀れむ苦境に耐える美女を、白馬に乗った王子様が救い出すストーリーにとても抵抗があったからです。だって、なんだか他力本願に思えませんか?(ひがみかもしれません…)。

全文を読む

「むずかしい質問」の巻

2015年1月26日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:すしはこはだ

ニュースの内容について子どもに尋ねられると、考え込んでしまうことが多いです。どこからどこまで説明したらいいのか、どんな言葉なら理解できるのか、小学生に分かるように話すのはとっても難しいことです。池上彰が家にいたらなあ…。

先日、フランスで起きた週刊紙銃撃事件のニュースでは、容疑者が車に乗り込み走り去る映像が何度も流れました。

「この人はいい人なの? 悪い人なの?」

この「いい人? 悪い人?」「いいこと? 悪いこと?」という質問、ニュースを見ていると多いです。

全文を読む

「学級閉鎖」の巻

2015年1月22日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:マクカサキ

巷(ちまた)ではインフルエンザが猛威をふるっていますが、我が家にも影響がでました。

「学級閉鎖」です!

不謹慎ではありますが、なんとなくうらやましい響きじゃありません?私自身は、小中高通して、自分のクラスはもとより、他のクラスでも聞いたこともなかったです・・・。最近は結構ありますよね。

全文を読む

「双子のご縁!?」の巻

2015年1月17日(土)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

自身が双子(二女・三女)を出産してから、双子というキーワードに注目したり、
双子ちゃんを見かけると、ついつい声をかけたくなったりします。
(実際、すぐに声かけちゃいます!)

今年の年賀状を見て、驚いたこと・・・
私の周りには、双子ちゃんがたくさんいるということ!

全文を読む

「インフルとの仁義なき戦い」の巻

2015年1月17日(土)カテゴリー:幼児  投稿者:バラリンゴ

 先日、駅で電車を待つ列に並んでいた時のこと。後ろの方で、こんな声が聞こえてきました。

 「あ~、やっぱり駄目だったか。とにかく、●●(兄弟と思われる)に接触させないようにして。もうじき帰るから、着替えさせて、着てたものすぐに洗濯してね」

 すぐにピンときますよね。お子さんがインフルエンザか何かにかかってしまったようです。

 息子の保育園でも、着々と感染者が増えているもよう。息子のクラスは現在、半数がお休みしているとのことで、毎朝、戦地へ送り出すような気持ちです。幸い、まだ元気な様子の息子。今日も乗り切った、今日も発熱してない…と、毎晩家族でガッツポーズです。

 

 何を隠そう私自身、この年末年始は一足先にインフルエンザにかかり、会社にも家族にも大変な迷惑をかけてしまいました。

 もちろん、ワクチンも打った。

 マスクもつけているのに。

 手洗いうがい、しっかりしてるのに。

 ご飯もしっかり食べてるのに。

 なぜ!!!!!!!!!

 自宅内で完全隔離された5日間。息子が、障子の向こうで「カアカをここから出して~!!!」と泣く声が聞こえます。会社には、残してしまった仕事がたくさん。ああ、もう、地球の裏側に行ってしまいたい…。

 

 熱が下がって退屈してきたころ、スマホで「インフルエンザ 絶対かからない」と検索してみると、キーワードはやはり、免疫力。疲れがたまっていたりストレスがあったりすると、免疫力が低下し、どれだけ予防を徹底してもダメなようです。

 子育て中は、なかなか自分のペースを保てません。疲れたからちょっと横になろう、なんていうことも難しいものです。子供の隣で寝ていれば、夜も熟睡できていないのかもしれません。

 でも、そんな言い訳はしていられません。免疫力とやらをつけなければ、きっと、あっという間に別の型にやられてしまいます。本当は子供が寝静まってからいろいろやりたいことがあるけれど、最低限にして早く寝よう。免疫力を高める食材やサプリも試してみよう。笑うと免疫力が高まるって言うから、なるべく笑っていよう、そうだ、腹巻なんかもいいんじゃないか…と、あれこれ模索中です。

 まだまだ冬は続きます。そして、流行期が過ぎても、インフルエンザにかかることはあります。どうかみなさん、たくさん笑って、少しだけ自分に優しくして、免疫力を高めて、この冬を乗り切りましょう。暖かくなったころ、「勝った…!」と安堵の笑みを交わせますように。(まあ、すでに私は一度負けてしまったのですが。)

(ばらりんご)

子育てコラム「あすなろ」(725) 「インフルとの仁義なき戦い」の巻

全文を読む

「祖父の紙飛行機」の巻

2015年1月15日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 お正月に宮城県の妻の実家に家族4人で帰省してきました。静岡から遠いので、1年に1回の訪問が、わが家の恒例行事となりつつあります。

 初心者向けのスキー場でそりすべりを楽しんで雪まみれになったり、仙台市の「アンパンマンこどもミュージアム」でずんだ入りのアンパンマンパンをほおばったり、息子2人は2泊3日の旅行をそれなりに満喫したのですが、帰り道、「何が楽しかった?」と2人に尋ねると「おじいちゃんの紙飛行機」と即答。義父がたくさんの種類の紙飛行機を作って「飛ばしっこ」をしてくれたひとときが忘れられなかったようです。

紙飛行機.jpg

全文を読む

「いいyearにしたいやぁ」の巻

2015年1月12日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:たこ八

出産後の女性は情緒不安定になり涙もろくなると聞きますが、1年8ヶ月たった今も、しょっちゅう涙ぐんでいます。子供が被害者になるニュースを聞くと、親の悲しみが胸に迫るようになったからです。

昨年は悲しい出来事が多すぎました。広島の土石流、御嶽山噴火、神戸の女児殺害、厚木の男児衰弱死、ウクライナでのマレーシア機墜落、パキスタンの学校襲撃…。

全文を読む

「けんか始め」の巻

2015年1月 7日(水)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 新年3日、夫婦げんか始めを済ませました。今となっては何がきっかけだったかよく分かりません。しょうもないことだったことは確かです。いつの間にか居間の空気が悪化し、言い争いに発展しました。

 毎度のことですが、小6、小5の息子たちは敏感に察知します。小一時間やっていたゲーム機のボリュームを下げ、テレビを消し、2階へ避難していきました。火の粉がとんでくるのを避けるように…。

 子どもたちにとって、もちろん気持ちのよいことではなく、できれば言い争いをするのは見せたくない。そう思っているのにダメです。時々、夫婦お互いにエキサイトしてしまいます。

全文を読む

「意外と大人?」の巻

2015年1月 5日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:のびのび

1歳4カ月の娘がかみつくようになり、叱らないでやめさせる方法を模索しています。優しく言ってもやめないので、ある日、手で顔を覆ってえーんえん、えーんえんと、泣くふりをしてみました。

手の指の隙間からこっそり見ると、こちらを伺う娘の丸い瞳が見えました。これまでと違う真剣なまなざしに「いいぞ!これは」と手応えを感じて続けましたが、見ているだけです。そうこうするうち、娘は「ぱい」と言っておっぱいを探し始めました。

うやむやにしようとする姿に心中で苦笑しながら、手を外して「痛いことしちゃだめじゃん」と言ってこの件の幕引きを図りました。しかしその途端、娘は火が付いたように泣き出しました。

全文を読む

「年男」の巻

2014年12月30日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 今年2014年は午(うま)年、来年2015年は未(ひつじ)年。年の瀬、年賀状を書く段になって恥ずかしながらようやく気がつきましたが、長男は今年年男でした。ということは、来る年は次男が年男です(年子です)。

 よくよく考えてみると、すごいと言おうか怖いと言おうか、時の流れの早さにただただ驚くばかり。押しては返す陣痛で苦しむ妻の横で10数時間、何もできなかった長男の誕生。ちょっと一服しに産院の外に出て、戻ったときには産まれていた次男の誕生。本当につい最近のことのように鮮やかに思い出すのに、12年が過ぎているなんて。

全文を読む

「巡回当番の夜」の巻

2014年12月29日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:ますけい

 先日、火の用心の巡回当番がありました。「ひのよ~じん、コンコン」と、拍子木を打ち鳴らしながら町内を回る、冬の風物詩です。夫が玄関を出ようとしたところ、5歳と3歳の子どもたちが一緒に行きたがるので、初めて家族4人でやってみることにしました。

 夜9時近かったので、さすがに冷えこんでいます。「寒いね~」と笑い合いながら巡回コースを進みました。

全文を読む

「年末の反省」の巻

2014年12月24日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

今年は、家事・育児への関与が薄くなってしまったな、と反省しきりです。

私の仕事が異動により大きく変わった事や、嫁さんが働き出して娘は保育園に通いだした事など、環境の変化が激しい一年でした。その中で、より自分が積極的に家事・育児に関わって行かなければならないのに、なんだかんだでむしろ嫁さんにかかる負荷が大きくなってしまいました。

全文を読む

「右往左往」の巻

2014年12月18日(木)カテゴリー:その他  投稿者:ナグコ

先日、娘が3歳の誕生日を迎えました。
この3年間は自分の育児に自信が持てないが故に、軸が「右往左往」していたなぁと感じ、少し反省しています。

些細なことですが、例えば、大好きなコーヒー。
胎児や授乳に良くないと考えて我慢し、我慢するよりノンカフェインがいいと聞けばそれを飲み、デカフェ(カフェインレス)のほうがおいしいと言われればその豆を買い、デカフェは実は…と読むと途方にくれる。
そんなことの繰り返しでした。

全文を読む

「鉄ヲタ親子」の巻

2014年12月11日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:橋爪充

6歳11カ月の長女、3歳7カ月の長男、そして妻は鉄道に夢中。11月上旬にさいたま市大宮区の鉄道博物館に行って、拍車がかかりました。私だけがこのムーブメントに乗り切れていません。少々、焦りを感じています。

先週は、東京から来た友人を案内して岳南電車に乗ってきたそうです。私は「市町駅伝」の取材にかり出されて不参加でした。某他局番組の「硬券」を手にしてにっこりの3人。実に楽しそうです。

全文を読む

「1000年の子守こそママの知恵」の巻

2014年12月 8日(月)カテゴリー:その他  投稿者:いず

 “カンガルーがその子をその袋に入れてどこへでも連れてゆくように、日本では母親が子どもを、この場合は背中の袋に入れて一切の家事をしたり、外での娯楽に出かけたりする。子どもは母親の着物と肌との間にしおりのように挟まれ、満足しきってこの被覆の中から覗いている。・・・母親も、劇場を訪れる時なども、子どもを家に残してゆこうとは思わない。・・・ウェンディとマイケルは、両親がパーティに出かけて二人で留守番をしている夜に、ピーター・パンの訪問を受け、ネバーランドへ出かけた。日本の子どもには、そんな空想物語は不必要だった。”

 江戸から明治時代初期にかけて、来日した西洋人が書き残した文献を紹介する「逝きし日の面影」(平凡社)の一節です。
 この本は、おんぶから抱っこへの変遷を取材する中で、北極しろくま堂(静岡市の子守帯専門店)社長の園田正世さんに教えてもらいました。

 今、多くのお母さんが使っているアメリカブランドの抱っこひも。私も愛用者の一人です。
 装着しやすいし、体重10キロの息子を抱っこしてもまったく肩が痛くならない。見た目もおしゃれで、自分の服の一部のように違和感なく着けられる。快適です。
 一説には、日本では年間80~100万個の抱っこひも売れるそう。園田さんは「確認しようがないが、世界一ではないか」といいます。

全文を読む

「オット不在の3か月」の巻

2014年12月 3日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:きりん

 夫が3か月限定のプチ単身赴任中です。当初はどうなることかと思っていましたが、娘2人との3人暮らしも慣れ、残業が多い夫(の生活スタイル)に振り回されない毎日も悪くないなと感じてしまう今日この頃です。

 最近、「女性が働きながら、子供を産み育てる上で何が課題だと思いますか」という質問を何度か受けました。

 職場の理解? 子育て支援? あれこれ悩みますが、やっぱり「長時間労働が当たり前の働き方」が課題だと感じます。

全文を読む

「すっかりお兄さん」の巻

2014年12月 2日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 「あすなろ」を書き始めたころには保育園児だった長男は小学6年生、次男は小学5年生になりました。高学年になって急に背が伸び、少年少女の雰囲気を醸す近所の同級生に比べると、心身ともに幼い幼い2人ですが、それでも「大きくなったなぁ」としみじみ思う瞬間が増えました。

 先週末、久しぶりに立ち寄った静岡市駿河区の森下公園。リニューアルされ、滑り台や綱渡り、冒険とりでなどの要素が詰まった複合遊具が人気の憩いの場です。

IMG_3806.jpg

全文を読む

「わが家のリサイクル」の巻

2014年11月29日(土)カテゴリー:その他  投稿者:こーだ

 子供が小さかったころ、木で色々なものを作りました。

 積み木などの小さなおもちゃをはじめ、椅子やテーブル、滑り台なども。ただ、たくさん作った思い出の品々も、子供が成長すると使わなくなるもの、使えなくなるものが出てきます。

全文を読む

「さみしいときは...」の巻

2014年11月18日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:バラリンゴ

 ある週末のこと。家族や親戚と楽しく過ごしたのですが、みんなが帰ってしまうと、家の中がとても静かに、寂しくなってしまいました。

 2歳の子供は、昼寝から起きるとみんないなくなっていたので不思議そう。「おうちに帰ったんだよ」というと、「ふーん」とつまらなそうです。「こういうのを、『さみしい』っていうんだよ」と教えると、思いがけない言葉が返ってきました。

 「さみしい時はね、歌を歌うんだよ」

全文を読む

「あたま打って、心あったまる」の巻

2014年11月10日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:たこ八

 4月末の長男1歳の誕生日に仕事復帰し、半年が経ちました。職場の方々に日々励まされ、支えられています。

 大型台風が本県に最接近していた先月の休日、息子が1メートルの高さから転落し頭を打つ出来事がありました。幸いすぐに大泣きし、意識もしっかりしていました。夫は前日、2週間の日程で出張に出たばかり。悪天候の中、1人で休日当番医に連れていくのはためらわれ、翌朝かかりつけ医に「たぶん大丈夫」と診断してもらうまでの間、心配で気が遠くなりそうな時間を過ごしました。

全文を読む

「おくすり大嫌い」の巻

2014年11月 8日(土)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

娘は2歳6カ月になりました。定期的に風邪をひき、今回は中耳炎になりました。

38度の熱が出ても元気に家の中を走り回っていますし、ご飯も食べるので、「痙攣したり嘔吐したりしなければ、そこまで深刻になる必要はないよ」という医師の言葉を信じて見守っていました。

それはそれでいいのですが、問題なのは「おくすり」の時間です。かかりつけの先生が漢方薬重視で「免疫力を高める事で自然と体がどうのこうの・・・」ということで、いろんな種類の薬を出してくれます。

しかし、その薬の見た目も臭いも本当に不味(まず)そうなのです。自分が飲んで無いので本当の味はわかりませんが・・・。

全文を読む

「自分を振り返る」の巻

2014年11月 3日(月)カテゴリー:その他  投稿者:のびのび

 子育てをしていると、自分の幼少期を記憶のかなたから思い出すこと、ありませんか。

 娘が成長したな、と思った時に動画を撮ります。ある日、悪さをしたので叱り、1歳の娘が泣くまでを撮りました。妹と娘と3人でその動画を見ていた時、かわいくて妹と2人で笑ってしまい、「○○ちゃんえんえんしてるねぇ」と言ったところ、娘の表情がみるみるうちに曇り、静かに悔し泣きをしました。親としては「こちらの言っていることが理解できるようになった」という喜びで胸がいっぱいだったので、驚きました。

全文を読む

「比べない子育て」の巻

2014年10月31日(金)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

前期後期制になった静岡市内の小学校。
昭和生まれの私は、10月に成績表をもらってくる、ということに、まだ違和感がありますが・・・。

もらってきました、前期成績表!

ヘンな言い方かもしれませんが、私は成績について、ほとんど口出ししません。「なんでこんな成績なの?」「もっと勉強しなさい!」など、一切言いません。

成績だけで人生が決まるわけではない、と思っているからなのですが、我が家は双子。嫌でも、双子同士の見比べが出来てしまうわけです。しかも、それを指摘する長女がいるから、余計にやっかいです(笑)。

全文を読む

「夫婦げんか」の巻

2014年10月27日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:ますけい

 理不尽なことを言って私を責める夫。近くに子どもがいるのに、夫婦げんかしたくない…と思い、言いたいことを飲み込んだことが何度かありました。「子どもの前で夫婦げんかをしてはいけない。子どもが不安を感じるから」というのが育児の常識だと思っていたのです。

 10月5日付静岡新聞朝刊の教育ジャーナリストおおたとしまささんの連載「逆説の子育て」最終回は、目からうろこでした。「気まずい雰囲気に子どもを巻き込むより、堂々と夫婦げんかをする方がいい。その代わり、必ず仲直りするところまで見せること」。その言葉に、気持ちが一気に軽くなりました。

全文を読む

「ドリフのコント?」の巻

2014年10月24日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

次男くん(小5)からのリクエストもあったので、お休みをいただいて参観会に行ってきました。5時間目、国語の授業でした。

「はい、はい、はい、先生、先生、せんせーい!」

一人ハイテンションな次男くん。

「はい、じゃあ○○くん」

苦笑いの先生、次男くんを指してくれました。

が、、、

全文を読む

絵本の「おかあさん」の巻

2014年10月20日(月)カテゴリー:その他  投稿者:ぴきゃる

 先日、子どもと静岡市内の図書館に行った時、思わず私が読みたいと思い、借りた絵本があります。「おかあさんは、なにしてる?」(ドロシー・マリノ作・絵、徳間書店)。アメリカの古典絵本だそうです。

 幼稚園で子どもたちが過ごしている間、お母さんは何をしているでしょう?会社で計算している人、家で娘の新しい服を作っている人、赤ちゃんの世話をしている人、お店のレジで働いている人・・・。とさまざまなお母さんが登場します。ストーリーはとても単純です。ちなみに、我が家の子どもたちはこの本を読み聞かせても特に感想もなく、「私、この子がいい!」というだけでしたが。

全文を読む

「3度目の保活」の巻

2014年10月14日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

職場では「ハンコもらった?」が働くお母さんたちの合い言葉のようになっている10月。
就労証明書を会社にもらう季節です。

もうすぐ3歳になる娘は現在、2歳児までしか通えない認可外保育所にお世話になっています。
ありがたいことに、この「イヤイヤ期」に一度も嫌がることなく登園しているのですが、来年度は転園しなくてはなりません。
そのため私は3度目の保活中。

1度目は1歳児クラスに4月から預けるため、2回目はその年8月の転勤でした。
保育園に預けている知人が近くにいなかったため最初は保活の情報が全くなく、言われるがまま見学に行っても何を質問したらいいのかわかりませんでした。
今となっては園との相性が大事だってわかるんですけど、当時は「お子さんの性格は?」と聞かれ「のんびりやさんです」と答えながら内心「1歳にもなってないのに性格なんてわからない」と思っていた私(実際、娘は今すごいセッカチだし…)。

全文を読む

「子供部屋」の巻

2014年10月10日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:こーだ

 姉妹共有ではありますが、わが家には娘たち用の「子供部屋」があります。一応、それぞれの机も(実はもらいものです)置いてあります。

 が、実際には娘が部屋で勉強することはほとんどど無し。というのも、「勉強は基本リビングで」が、娘が小さい頃からのわが家のルール。逆に親は、見たいテレビがあっても娘が勉強しているから我慢、ということも多いです。

全文を読む

「一心同体」の巻

2014年10月 8日(水)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

双子はライバルでもあり、一番の理解者でもあります。
そして、なぜか、一緒のことをやりたがる時があります。

今日は、倒立の日!

全文を読む

「水筒をめぐる攻防」の巻

2014年10月 7日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:すしはこはだ

やっと涼しくなりましたね。
暑い日が続いていた間、子供の必需品といえば…水筒。
これがなかなかあなどれないストレスの元でして。

うちのムスメ、何度言っても帰宅後に水筒を出しません。
「ほら~水筒出して~」
「あした飲み物なしでいいんですか?」
「今日の分洗わないまま、明日入れちゃいますよ」などは優しいクチ…。

叱っているこちらも毎日となるとしんどくて。
怒りすぎる病気なんじゃないかと思い詰めたり。

全文を読む

「小学校にあがったら」の巻

2014年10月 1日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:たいいくがかり

 今年の春、保育園を卒園した娘が小学校に入学しました。少しは親の負担が軽くなるかなと期待していたのですが・・・、現実は真逆でした。

 わが家は共働き夫婦なので、娘は小学校の児童クラブ(学童保育)に入っています。お迎えのタイムリミットは18時です。年少の息子が通う保育園(春までは娘も通っていました)はママの職場と自宅の中間にあり、何とかお迎え時間に間に合うのですが、さらにそこから小学校へ・・・となると、どう頑張っても遅刻してしまいます。児童クラブには祖父母にお迎えに行ってもらって、なんとか成り立っています。

 ママが保育園に息子を迎えに行き、18時半ごろ帰宅。夕食を済ませるまでは保育園のころと変わりありませんが、その後の宿題が難関です。

全文を読む

「無駄じゃない」の巻

2014年9月30日(火)カテゴリー:その他  投稿者:石井祐子

 「子育ても家事も…と追われる毎日は大変。でも今、若い世代が頑張っていることは決して無駄じゃない。個人的にも、社会的にも」。先日、とある土木系会社で管理職として働く50代の女性から、宝石のような言葉をいただきました。その女性は、結婚、出産、離婚を経験し、時には生活費のためWワークをしながら子育てをしてきたそうです。アラフォーの私から見ると、「女性が働く道」のパイオニアのように見える存在ですが、その女性は「私たちも、何世代も前の女性たちが切り開いてくれた道を歩いてきたのよ」と笑います。なるほど、その通りです。

全文を読む

「こち女 始まります」の巻

2014年9月29日(月)カテゴリー:その他  投稿者:静岡新聞

今回は番外編、いつもの子育てコラムを離れて一つお知らせです。

「こち女」=こちじょ。

こんな愛称の新企画を静岡新聞夕刊で展開していくことになりました。正式名称は「こちら女性編集室~Women’sCHOICE」。就労や就学、保育園・幼稚園選び、マネー(投資)、美容・健康、料理、コミュニティーなど女性に役立つ情報を多角的にお届けしてまいります。

全文を読む

「女性版ダボス会議で・・・」の巻

2014年9月25日(木)カテゴリー:その他  投稿者:いず

9月13日、東京で開かれた政府主催の「女性版ダボス会議」を聴講しました。

国内外の政治家や経営者、起業家、研究者ら約100人のスーパーウーマンが集い、日本で「女性が輝く社会」を実現させるために何が必要か、提言するシンポジウムです。

その中で最も印象的だったのは、5人の子を持つ女性医師の言葉でした。
「ボストンとフランクフルトで1人ずつ産んだ時、周りの方が本当に喜んでくださって、おめでとう、これで人間としてレベルアップできるね、と言ってくれた。家庭も仕事も等しく祝福、応援されるべき。子育ても介護も、帝王学などと同じくらい、人類の発展につながるという考えを社会が共有することが大切だ」

その言葉を聞いた時、自分が妊娠直後につわりで出勤できなくなり、先輩や上司にひたすら頭を下げた時のせつなさを思い出しました。

全文を読む

「気づくと女の子」の巻

2014年9月21日(日)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

娘は2歳4カ月になりました。

2歳になるまでは食が細くて心配しましたが、今は毎日モリモリ食べてます。牛乳もゴクゴク飲んでいます。

そんな娘ですが、最近急に女子っぽくなってきました。お出かけする時のファッションコーデにえらく時間がかかります。

全文を読む

「2年9カ月」の巻

2014年9月19日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

いい加減にして!
いま食べてるから。
もう。しっかりしてよぉ。

娘が私の口調を真似て発した言葉です。
2歳9カ月、よく話すようになりました。
子は親を映す鏡。
言動を観察されているかのようです。

全文を読む

「トーマスに会ってきました」の巻

2014年9月14日(日)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

写真-(4).jpg まさに夢のような光景でした。

 遅ればせながら9月13日、大井川鉄道で大好評運行中の「リアルきかんしゃトーマス」を見に行きました。7月のお披露目以来、写真や動画では何度も目にしてきましたが、やっぱり生の迫力はすごい。ただただ感動しました。トーマスはそろそろ卒業(?)、あまりお出掛けに乗り気ではなかった長男(小6)、次男(小5)も携帯型ゲーム機のカメラでカシャカシャと撮影し、楽しんでいました。

全文を読む

「参りました」の巻

2014年9月12日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

仕事でミスをしてしまいました。

よく注意していれば防げるものだったので、情けなくて落ち込みました。
頭を下げて回り、顛末書を書き…
打ちひしがれて家に帰りました。

当然のことながら、どんな気持ちで帰ろうが家事の量は同じです。
どんよりした気持ちで夕ご飯を作っていると、
「ねえねえお母さん」と娘(小3)が寄ってきました。

失敗したお母さんはいつもよりちょっと優しめです。
「んー?どうした?」と答えると、娘は言いました。

全文を読む

「わが道を行く」の巻

2014年9月10日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 みなさんのご子息は、「妖怪ウォッチ」に夢中ですか?
 わが家の長男(幼稚園年長)は、全然です。プロレスラーの天山広吉まではまっているというのに…。

 まあ、ぱぱ記者も幼少の頃、「ビックリマンチョコ」にも「キン消し」にも乗り切れないくちだったので、あまり人のことは言えないんですが、長男は乗り切れないというより、乗る気がない。自分よりはっきりしてます。親としては楽といえば楽です。

全文を読む

「子どももそれぞれ・・・」の巻

2014年9月 8日(月)カテゴリー:その他  投稿者:マクカサキ

はじめまして。新入りのマクカサキです。

皆さんのためになるような文章が書けるのかは甚だ疑問ですが、日々子育てについて思っていることをつづっていきたいと思います。

わが家は5人家族+犬1匹+猫1匹+インコ1匹+淡水魚1匹のにぎやかな家族です。

子どもは中学1年の女の子、小学4年の女の子、小学1年の男の子です。
長女が生まれた時のことは鮮明に覚えてますが、ほんと、あっという間、いつの間にか?もう中学生・・・。

13年ほどの子育ての中で思うことは、ホント、「子どもはそれぞれだ」ということ。

全文を読む

「リベンジ!?」の巻

2014年8月26日(火)カテゴリー:その他  投稿者:こーだ

 娘がまだ小さかった頃の話。娘が幼稚園から帰ってきたところ、車の陰にアオダイショウが! それを見つけた娘は、大喜びで駆け寄っていって尻尾をギュっ!

 温厚で知られるアオダイショウも、さすがに驚いたのか、娘にパクっ!

全文を読む

「アナ雪にハマりまくる娘」の巻

2014年8月24日(日)カテゴリー:幼児  投稿者:ohana

 幼稚園が夏休み中ということで、夜勤中心のパパ記者は5歳の娘と触れ合う機会が増えて楽しい今日この頃。そんな娘がはまりにはまっているもの、それは「アナと雪の女王(アナ雪)」です。

 娘は暗がりや大音量が少々苦手なため、映画館での観賞は断念しましたが、書店などでエンドレスに流れているDVD映像やら音楽やらにひかれ、店先に長く立ち止まるようになっていたので、手始めに絵本を、それからDVDを買ってあげました。

全文を読む

「写真にみる家族4人の変遷」の巻

2014年8月13日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 先週、1週間のお休みをいただいて沖縄を旅してきました。家族4人、3度目の訪問です。

 最初は長男6歳・次男4歳のとき。次は長男9歳・次男7歳のとき。そして今回、お兄ちゃんは小学6年生、次男くんは5年生になりました。そのたび、家族みんなのお気に入りの場所「美ら海水族館」には必ず立ち寄ります。そしてこれまた必ず、入り口にあるジンベエザメのモニュメントの前で記念撮影をするのです。

 こういう定点撮影は面白いですね。帰ってきてデジカメの写真を整理しながら、前回のは・・・前々回のは・・・と見比べてみたら、子どもたちの成長がはっきり。ぷっくり飛び出していたお兄ちゃんのお腹はすっきりして筋肉質の風貌に。お兄ちゃんに比べると成長がゆっくりな次男くんも笑顔がシャープになり、ずいぶん男らしく。その代わり僕とお母さんの横幅はそのたびに・・・(笑)。同じ背景で撮ると、その変遷がよーく分かります。

全文を読む

「親の"ゆとり"」の巻

2014年8月 8日(金)カテゴリー:乳児  投稿者:いず

1歳のわが子の送り迎えで保育園へ行くと、さまざまな親御さんに出会います。

時々、子どもにそんな接し方をしなくても・・・と、思わず目をそむけたくなることも。
園舎をなかなか出たがらない子に、「はよ来いって言っとるだろっ」と怒鳴って舌打ちをするお母さん。車に乗せた子が何か悪さでもしたのか、座った子に手を振り上げて何度もたたくおばあさん・・・。

全文を読む

「お休みの日」の巻

2014年8月 6日(水)カテゴリー:乳児  投稿者:やつ

娘は2歳2カ月になり、「おはよう」「おやすみ」が言えるようになりました。

私の仕事は、月末が近づいてくると忙しくなってきます。
帰りが夜遅くなることもしょっちゅう、というかほぼ毎日で、テレビのお仕事なのにテレビを見ずに寝る、という状態です。

全文を読む

「ラジオ体操」の巻

2014年8月 3日(日)カテゴリー:小学生  投稿者:橋爪充

 6歳7カ月の娘は小学生としての初めての夏休みを迎えています。

 静岡市葵区北部のA小学校は7月25日が終業式で8月28日が始業式。2学期制ということもあるのでしょうが、私が小学生だった30年以上前より、ずいぶん期間が短くなっています。あのころは7月20日前後から8月31日まで夏休みだったはず。

 そんな娘、朝6時半からのラジオ体操に通っています。このコラムのネタにしようと、「一緒に行かない?」と持ちかけたら「来なくていい」と言われてしまいました。
 「▼▼ちゃんも◎◎ちゃんも一人で来てるもん」。なるほど。

20140803.jpg

全文を読む

「新聞は家庭の教科書」の巻

2014年7月31日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:PUMP

 先月2歳の誕生日を迎えた息子。「何歳?」と聞かれ、2本指を出しながら「いっしゃい(1歳)」と答えていましたが、1か月も経ち、最近では「にしゃい(2歳)」とちゃんと答えられるようになりました。

 話す語句が増え、「イヤ」の回数も多くなりましたが、言葉を通じて息子の伝えたいことがわかるようになると、嬉しいものですね。「オハヨウ」「カイシャ」「オシャンポ(散歩)」「アショブ(遊ぶ)」「レゴ」「トーマス」「ワレワレハウチュウジンダ」←扇風機の前で。歌も上手に歌えるようになってきています。

全文を読む

「お熱に感慨」の巻

2014年7月25日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

「いつも元気なチビゾウちゃんなんですけど『頭が痛い』って保健室に来まして。
熱を測ったら38.4度あるんです~」
小学校の養護の先生から携帯電話に連絡が入りました。

迎えに行くと、「ありえない。音楽集会楽しみだったのに」と娘は目にいっぱい涙をためていました。
朝、「ほかの学年の音楽発表が楽しみ」と話して家を出ていたので、少しかわいそうでした。
同じ学年のお友達2人もベッドに寝ていました。
夏風邪、はやっているみたいです。

全文を読む

「母さんプチ家出」の巻

2014年7月19日(土)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

言いたいことを言い合える関係のまま夫婦になろう、そう誓って結婚した私と夫。
甘い言葉はそのまま、ケンカばかりの2人になってしまいました…。

両親のケンカを見て育った私は、娘を妊娠中、せめてこの子の前では笑っていようと思っていました。
ありがたいことに夫は世間的にはイクメン度の高いほう。
保育園への送りも、娘とのお風呂も、皿洗いも、ゴミ出しもやってくれます。
私が夫への感謝の気持ちを忘れてしまうことが原因なんです。

先日、車に乗っていたとき、また些細なことでケンカになりました。
空気を読んでしまった娘はチャイルドシートから身を乗り出して「ぴったんこしよ」と頬を寄せてきました。
一生懸命その場を、親を、和まそうとしてくれる姿に泣けてきました。

全文を読む

「次男くんの魅力」の巻

2014年7月17日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 寂しいです。次男(小5)が昨日から2泊3日のキャンプに出掛けました。日頃「うるさい!」なんて怒ってばかりなのに、家の中が静かで静かで落ち着きません。昨夜は長男と妻、僕、貴重な3人だけの団らん。しかし、会話も盛り上がらず、いつも次男が中心にいたことを気付かされたのでした。

 やれ体操着だ、プールセットだ、給食袋だ・・・。正直、朝の慌ただしい準備が1人分少ないのはとても楽です。が、そんなバタバタもないと何かが足りない気がしてしまいます。

全文を読む

「自転車の特訓」の巻

2014年7月15日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 先日、長男(5)が特訓のかいあって、補助輪無しで自転車に乗れるようになりました。

 ぱぱ記者が、インターネット上の虎の巻を参考に毎日1時間コーチを務めました。

 まず、バランス感覚を養うために、地面を両足で蹴って前に進む練習を1日。虎の巻にはレンチでペダルを一度はずしたほうがよいと書いてあったのですが、うまくできませんでした。邪魔そうだったので、はずせるならはずしたほうがよいと思います。

全文を読む

「ぐんぐんヒマワリ」の巻

2014年7月 4日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

himawari.jpg 次男くん(小5)が昨年、ペアさんの3年生(※)からプレゼントされたというヒマワリの種。春に庭のプランターと小さな花壇にまいてみたら、ぐんぐんぐんぐん伸びて、お父さん(僕)の背を超えるものも出てきました。

 実は「家で飼っているハムスターに(えさとして)あげてみる?」なんて話していました。こうして大きく育ったひまわりを見て、植えておいてよかったなあと思います。譲り受けた種がまた芽を出し、きっともうじき花をつける。そしてまた、種を集められるかもしれません。こんなサイクルを感じられる機会はなかなかないですものね。

全文を読む

「ホタルが結んだ縁?!」の巻

2014年7月 2日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:ohana

日増しに夏らしい気候になり、5歳の娘が通う幼稚園では先日、プールも始まりました。

少しでも水に慣れようと、プール開きする前に、市の体育協会が主催する水泳教室に通い、最初は水を飲んでしまったトラウマを抱えて、嫌々入っていたプールも、最後の方になると、教室がない休みの日にもプールに行きたいと言うまでになり、ほっとしています。

さて、夏の訪れを感じさせるものの一つに、ホタルがあるかと思います。

全文を読む

「親子で連弾」の巻

2014年6月28日(土)カテゴリー:その他  投稿者:こーだ

 今年から中学生になった我が家の娘。やっぱり、中学生になると色々と変わるもんですね。

 ついこの間までは、今年は一緒にカヤックやろうとか、山でキャンプしようとか話していたのに、すっかり部活や友達が優先で、そんな話はどこへやら。まぁ、年頃の女の子だし、これが普通なのかな?

 自分の中学生の頃を思い返しても・・・、やっぱり似たようなもんです(いや、もっと酷かったような)。

全文を読む

「夢中です」の巻

2014年6月26日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:エレファント

 1年半ほどごぶさたしていましたが、久しぶりに投稿します。

 時が経つのは早いもので息子は5歳となり、幼稚園生活も残り1年をきりました。

全文を読む

「母が働くということは」の巻

2014年6月24日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:きりん

 こんにちは。先日、2度目の育児休業を経て、復職しました。育休中は、次女だけでなく、もうすぐ4歳になる長女の成長にも寄り添え、本当に貴重な時間でした。おそらくこんな穏やかな時間はもう2度とないだろうと思うと、感慨深いです。

 さて、長女は私が再び仕事に出るようになってから、「お母さんと一緒にお仕事に行きたい」と泣くようになりました。多感な3歳児、環境の変化に戸惑っているようで、母は毎日、後ろ髪を引かれる思いで保育園を後にします。

全文を読む

「ウソつき」の巻

2014年6月20日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:ひとちゃん

わが家では、子育てで大切にしてきたルールがあります。

「基本的生活習慣をしっかりする」ということです。

全文を読む

「卒園」の巻

2014年6月18日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:たいいくがかり

 ちょっと前の話になりますが、6歳の娘が保育園を卒園しました。1歳の誕生日から入園し約5年半通い、事故や大きな病気なく無事に過ごすことができました。

 娘を朝送っていくことは、パパの仕事でしたので、出張や特別な用事を除きほぼ5年半、私も保育園に行ったことになります。

全文を読む

「2歳で初のひとりお泊まり」の巻

2014年6月16日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

娘は2歳になりました。自分に似すぎずホッとしています。

昨日、嫁さんがヒドイ風邪にかかり、ゲホゲホと咳が止まらなくなりました。
娘にうつっちゃいけないし、看病もしなければならないので、初めて娘をひとりでじじばば(私の父母)の家にお泊まりさせる事にしました。

全文を読む

「手ぬぐいと怪獣」の巻

2014年6月14日(土)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

 頂き物、旅先で買った物、主人からのプレゼントなど、手ぬぐいを集めています。汚れてしまったら台拭き代わりにして、大事に使っています。

 我が家にいる85センチ11キロの「ニサイハンジョシケラトプス」という怪獣はなんでも自分でやりたいようで、食事もおやつも「じーぶーんでー」とほえまくり、辺り一面に食べかすをこぼします。

全文を読む

「チクチクのちポカポカ」の巻

2014年6月 9日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

先日、娘から「お母さんは子供のころ何の係をやってた?」という質問を受けました。考えていたらちょっとチクッとする思い出がよみがえってきました。

小学2年生くらいの時のこと。私のクラスにはお花屋さんの子がいて、お店で売れないお花を教室にもってきて喜ばれていました。私は「花係」だったので、お水を替える役目。自分も喜ばれるようなことがしたいなあ…とうらやましく思っていました。

全文を読む

「しつもんのルール」の巻

2014年6月 6日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

6才の長男は、好奇心が旺盛です。

旺盛なのはいいのですが、ひまがあると、大人に延々と質問し続けます(子供には質問をしません。逆に説明したがる)。

ぱぱ記者も人に質問するのが仕事なので、息子とはいえ人のことを言えないですし、できるだけ子供の好奇心の芽を摘まないようにと、これまでできるだけ丁寧に疑問に答えるようにしてきました。

全文を読む

「本当は嫌い? 好き?」の巻

2014年6月 4日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:橋爪充

 「ホントは嫌いだよねー」「ホントは好きだよねー」

 わが家では4月以降、このフレーズが毎日飛び交っています。

 小学校に入学した6歳5カ月女子、主語述語を操って自分の意志をはっきり伝えることができるようになりつつある3歳1カ月男子。2人とも親のいいなりにはならなくなってきました。

 発端は私が大好きで妻が大嫌いなバンド「ソウル・フラワー・ユニオン」のCD。1996年に発表した「エエジャナイカ」という名曲があるのですが、年明けあたりから、子どもたちがある種「発作的」にこれを好きになったのです。

 

20140602あすなろコラム.jpg

全文を読む

「運動会 今・昔」の巻

2014年6月 2日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:りえっち

運動会のシーズンですね。昔は秋だったと記憶していますが、真夏の練習だと熱中症になりやすいからとか、秋は学校行事が忙しいからとか言われていて、息子の通う小学校では梅雨入り前の先日、開催されました。

今年、息子は4年生。
我らが小学校では伝統的に4年生は自分で作った法被を着てソーラン節を踊ります。
毎年、上級生がダイナミックに踊るソーラン節を見てきて、私もとても楽しみにしていました。あんな風に力強く踊れるようになるのかな~とか、あんなに長尺の振り付けを覚えられるのかな~とか、成長過程をイメージできるのが運動会の楽しみでもありますもんね。

全文を読む

「一歩、一歩」の巻

2014年5月23日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 次男くんは特別支援学級(養護学級)に転籍して3年目、5年生になりました(⇒転籍を決断したころのコラム)。科目により差がありますが、国語や算数はちょうど3年生くらいの学習に入っています。

 定着に時間がかかり、しばらくすると忘れてしまったりしますから、三歩進んで二歩下がるの繰り返し。根気強く繰り返して、ここまで来ました。一桁+一桁の計算にも難儀していましたから大きな進歩です。

全文を読む

「新聞プールのいい話」の巻

2014年5月14日(水)カテゴリー:その他  投稿者:(ま)

 10、11日に藤枝市の県武道館で開催した「こどもみらいプロジェクトin藤枝」は、1万人余のご来場をいただき、大変にぎわいました。ありがとうございました。特に2日目のお昼前後は混雑し、静岡新聞SBSブースでは少しお待ちいただいたゲームもありました。円滑な運営にご協力いただき、重ねて感謝申し上げます。

 と、前置きが長くなりましたが…。きょうはイベント当日、新聞プールで起こった出来事、ちょっといい話をご紹介します。

全文を読む

「親離れ 子離れ」の巻

2014年5月 9日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:橋爪充

「親離れ」「子離れ」は、自分には縁遠い言葉だと思っていました。ところが。

幼稚園に通っていたころは、「大きくなったらタータン(父のこと)と結婚したい」とまで言ってくれていた長女の「熱」が、急速に冷めていくのを感じます。小学生になって、いろいろ環境に変化があったことが大きいのでしょう。

全文を読む

「断捨離の功罪」の巻

2014年4月 9日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:いず

子どもができてから巣作り本能らしき衝動に駆られ、家の掃除と片付けに目覚めた私。長男コウイチが1歳になった今も、その力は衰えません。余裕を持ってスムーズにコウイチの世話をするためには、すっきりした部屋を維持することが基本だと信じて、日々「断捨離」に励んでいるのです。

部屋が片付いていたら、コウイチが危ない物を引っ張り出して触る心配はほとんどありません。床のほこりを口に入れるのではとひやひやすることもない。(以前コラムにも書きましたが)巣作り本能って、子育てしていく上でなんて理に適っているんだろうと感心しきりなんです。

そんな折、広島の実家に長期間帰った時のこと。

全文を読む

「みんな通った道」の巻

2014年4月 4日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

新年度になりました。
育児休暇から職場に復帰するママも多い時期ですよね。
私も復帰1年、今までの人生で最も慌ただしく、また感情の起伏の激しい1年でした。

この1年を振り返って一番苦しかったのは、仕事の感覚を取り戻すことより、お迎えに行くと娘が泣くことより、子育ては「みんな通ってきた道」だというプレッシャーだったように思います。
復帰してしばらくはいろんな人に「どう?」と気にかけていただきました。
「バタバタで、どっちも中途半端です」とか返事をすると、「まぁみんな通ってきた道だからね」と…。
悪意は全くないと分かっていても、「みんなができたことが私はできない」と感じ、悔しさがこみ上げてきました。

出産前は普通だったことを、今は頑張ってもできない。
家事も育児も仕事も、どれもうまく進まない。
そんなモヤモヤを和らげてくれたのは、やはり家族でした。

全文を読む

「ダンス好き」の巻

2014年4月 1日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

娘は1歳10カ月になりました。

最近は、テレビを見ながらひたすら踊っています。パンパカパンツ、しまじろう、アンパンマンなどなど。

音楽が流れ始めると、座っていようが、ご飯を食べていようが、すぐに立ち上がり、踊りだします。

全文を読む

「"異動"に落ち込む」の巻

2014年3月24日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 3月20日に静岡県内公立学校の4月1日付教職員異動が発表されました。

 子どもが小学校に通うようになると、ずいぶんこの情報の意味が変わってきますね。ほんの数年前までは「自分が担任してもらった先生は?」「部活の顧問の先生は?」と、好奇心だけで新聞紙面をざっと眺めていたのですが。

 いろいろお世話になっている保健室の先生は残留だといいのになあとか、子どもがとっても慕っているあの先生はどうかなあとか・・・。中には異動情報をキャッチしてすぐに、離任式に備えて手紙や寄せ書き、花などの準備を始めている方もいるかもしれません(特にPTAや保護者会などの役員の方)。

 今回、わが家はちょっとショックを受けました。

全文を読む

「ノリノリ一輪車」の巻

2014年3月22日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

先日、娘は8歳になりました。

「誕生日プレゼントは一輪車がいい!」と言う娘。
内心「ほんとに乗るのかよ~」と思ったのですが、
すぐに飽きてしまいそうなおもちゃをリクエストされるよりはいいか、と
奮発して「新車」をプレゼントしました。

以来、家の前や公園で練習をしています。
けっこう根性あるんだ、と感心しています。

全文を読む

「子育て短歌」の巻

2014年3月12日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 1年ほど前から短歌(みたいなもの)を始めました。思いつくまま詠んでいるのですが、題材は圧倒的に子どものことばかり。気恥ずかしいのですが今回は、拙作の「子育て短歌」をいくつか紹介してみたいと思います。

①旅先の波打ち際に立ちつくすをのこ(5歳)の胸のざわめき
②旅先の波打ち際にたたずめり男児5歳と弥生の南瓜

全文を読む

「わが子に救われる」の巻

2014年3月 5日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 お兄ちゃんはもうじき小学6年生です。5年生に上がったころからか、急に大人びてきました。それにつれて、ぶっきらぼうというか、つれないというか、、、はっきり言ってしまうと、ちょっと扱いづらくなったなあと思っていたのです。無口でそれこそぶっきらぼうな親の子ですから、仕方ないといえば、仕方ないのですけどね(笑)。

 そんなお兄ちゃんの優しさを久々に感じて、うるっときてしまいました。

全文を読む

「空を見上げて」の巻

2014年2月24日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

「マァマァ~おーちーてー。パァパァ~おーちーてー」。
2歳2カ月の娘は毎日、朝から元気です。

みんな起きたら「ごっふぁん(ご飯)」。
「おしゃらー(お皿)」「おちゃー」「フォークー」と次々要求してきます。

朝は誰だって忙しいのに自分のことばかり言う。
そりゃ2歳児だもの、当たり前。
そうわかっていても「今やってるでしょ!ちょっと待ちなさい!」なんて大声で返してばかりです。

朝だけ、朝だけだぞ…そう自分に言い聞かせてもイラつきを隠せなくて困ります。

全文を読む

「しつける」の巻

2014年2月20日(木)カテゴリー:乳児  投稿者:いず

 まもなく11カ月になるコウイチ。つたい歩きが活発になってあらゆるものをいじくるようになってきたし、自己主張もはっきりしてきたので、そろそろ「いいこと」と「悪いこと」を教える時がきたのかなぁと感じています。

 例えば食事中。皿に載せた野菜を手づかみさせていると、コウイチはその皿を放り投げます。

 まだ、皿を投げてはダメだと分からないだろうから何も言わないでおこうか。それとも今からダメなことはダメと言い聞かせるべきか。言い方はやさしく?それとも厳しく?

 ・・・そんな調子で毎度毎度悩みます。我が子の行動のどこまでを許し、どこから注意するのか。今放っておいても、大きくなるにつれて自然に善悪が判断できるようになることなのか、それとも今から言うべきことなのか・・・。

全文を読む

「インフルエンザ」の巻

2014年2月17日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:かずぼん

 流行っていますね、インフルエンザ。

 学級閉鎖、学年閉鎖になるところもあるようです。息子(小3)も先々週木曜に頭痛&発熱(39.1度)で休んだのですが、息子のクラスではその日欠席者が9人で翌日の7日~10日まで学級閉鎖となりました。

 久しぶりの高熱でちょっと慌てました。
 「インフルエンザか?」「予防接種してないのにっ!」「(私に)うつったらどうしよっ!!」
 ふだん元気なので、たまにこういうことがあるとつい、うろたえてしまう母でした。ええ、元気なのは幸せなことなんですが。

全文を読む

「開幕しました!」の巻

2014年2月11日(火)カテゴリー:その他  投稿者:いもけんぴ

 ソチ五輪が開幕しました! 4年に一度のスポーツの祭典。とってもスペシャル感満載で、ワクワクしながらの毎日です。

 小6の上のお姉ちゃんはテレビの番組一覧表とにらめっこ。「明日は学校休みだから」と深夜のテレビをチェックしてます。

 そしてもう一人盛り上がっているのが、2歳の下の娘。パタパタとスリッパをはいて、おもちゃの太鼓のばちを両手に持って、もしかしてスキー?? そして、両足ジャンプ!おっ、モーグルのつもり? 何だか、とても楽しそうです。

全文を読む

「縦回転と横回転」の巻

2014年2月 8日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:こーだ

 小学校3年生の娘は、乗り物しやすいタイプ。船はもちろん、車もちょっと峠道だと酔います。

 成長にともなって、少しは改善されてきてはいますが、まだしばらくは揺れる乗り物はダメだろうなぁ・・・

 もちろん、遊園地のコーヒーカップなんてのはもっての外。一度ゆっくり回ってるのに乗りましたが、もう嫌だそうです。 

全文を読む

「お下がり・・・衝撃の事実!!」の巻

2014年1月31日(金)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

わが家の双子(二女・三女)は、4歳の頃から身長差が変わらず、
8歳の今も相変わらず8センチ差があります・・・。

三女は、自分が小さいことを気にしているようですが、
長女を含め3人の子どもがいるわが家では、
お下がりが大活躍(というか全てお下がり)が着れるので、
とても助かります。
1人でも男の子だったら、逆に大変だったろうな~と思います。

先日、いつものように長女のお下がり(ズボン)を着ようとして、
二女と三女、どちらが先に着るかでケンカになりました。

全文を読む

「10年早い!」の巻

2014年1月29日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

先日、ママ友と話した時のこと。

「チビゾウちゃん(私の娘・7歳)、5年生の男の子のことが好きなんでしょう?

え?知らないんだ(笑)。

ウチのが、チビゾウちゃんが休み時間に手紙渡しに行くのについていったらしいよ。

『私そういうのできないからうらやましいんだよね~』なんて言ってたんだよー」

全文を読む

「散々な休日」の巻

2014年1月24日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

娘は1歳8カ月になりました。よく笑う子です。

先日、1週間の休みをとりました。旅行のプランを立てて、楽しみにしていました。

が、休みの数日前から、娘が透明な鼻水をタラタラ流し、咳をゲホゲホ。
休み初日には娘の鼻水は黄色に変化し、さらに嫁まで頭痛を訴え出しました。熱を測ってみると、2人とも38度以上!
この時点で旅行はキャンセル。

全文を読む

「ひとりかくれんぼ」の巻

2014年1月24日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:スタッフ

 ちょっと前の話になりますが、休日の朝、家族でお出掛けをするため、準備をしていました。洗濯や掃除を一通り終えて、さあ出掛けようとした時、3歳の息子がいないことに気づきました。

 さっきまではおもちゃで遊んでいたり、廊下を走っていたりしていたのですが、その姿が見えないのです。名前を呼んでも返事もなく、家じゅうを探したのですが、物音もしません。

 玄関から出て行った形跡もありません。まさか・・・と思い、慌てて2階の窓から下をのぞきましたが、やはり見つかりません。

全文を読む

「"たくましい"幼児」の巻

2014年1月18日(土)カテゴリー:幼児  投稿者:橋爪充

 大みそかに6歳の誕生日を迎えた長女は、このところ「横」にたくましくなってきました。

 体重20キロ超。ぽっこりおなかの幼児体形。まあ、実際のところ幼児なんですが、最近の子はおしなべてみんな「シュッ」とスマートなので、余計に「ぽっこり」が目立ちます。

全文を読む

「感動!サンタさんへの手紙・・・」の巻

2014年1月16日(木)カテゴリー:その他  投稿者:ひとちゃん

もうひと月近く前の話になりますが、みなさんのところにも“サンタさん”は来ましたか?
わが家では昨年も、ママサンタが大活躍でしたが、子どもたちからサンタさんへの手紙に、大感激!

------------------

=長女=

プレゼントをいつもありがとうございます。
サンタさんがとどけてくれる物は、プレゼントだけではないと思います。
夢や希望もとどけてくれます。
私は今年、新体そうを1番がんばりました。
そのおかげでできることも増えてきました。
これからも新体そうを頑張ります。

全文を読む

「初映画鑑賞~次男の場合~」の巻

2014年1月 6日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 長男(5)がスケート合宿で不在の間、次男(2)と映画館でピクサーアニメの「プレーンズ」を見てきました。初映画に次男は大興奮。その日は1日、映画の1シーン1シーンを繰り返し自分や妻に説明していました。

 長男はちょうど同じ年頃のころ、「カーズ2」を見に行って開始30分で怖くて挫折。それ以来、映画館を避けて通っています。何を隠そう長男は絵本の「アンパンマン」の戦闘シーンをとばし読みしていたほどの恐がりです(最近やっと「トムとジェリー」が見られるようになりました)。

全文を読む

「あらためて感謝」の巻

2013年12月31日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

バアバが入院してしまいました。
早く良くなって元気に退院できるといいなあ。

保育園のころのお迎えや熱を出した時など、かなり父母を巻き込んできた私。

全文を読む

「怪獣との優しい日々」の巻

2013年12月 7日(土)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

わが家では最近、怪獣が暴れています。
80センチ10.2キロと小さめですが、破壊力はものすごい。
「ニサイジョシケラトプス」とでも名付けておきましょう。

攻撃は3つ。
1つ目は「どぉいれー(どいて)パンチ」。
自分が座りたいイス、寝たい布団に先客がいる場合に繰り出します。

全文を読む

「家族風呂」の巻

2013年11月30日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:こーだ

 「家族風呂」って知ってますか?

 静岡ではあまり聞かないですが、九州の方では当たり前のようにある温泉のシステム。

 普通の温泉は、男女別になっていて、そこに色んな人が入るわけですが、家族風呂では、4〜6人くらいが入れるお風呂(個室)がズラリ並んでいて、グループ単位で個室を借ります。

全文を読む

「キャッツ」の巻

2013年11月28日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:たいいくがかり

 静岡で10年ぶりとなる劇団四季「キャッツ」が9月15日に開幕し、キャッツ好きなママが見に行きました。その時にパンフレットを買ってきたのですが、それを6歳の娘は食い入るように見ていました。

 8月ぐらいに2時間30分(休憩を含む)の講演を見ることができるか、ママと相談しましたが、ちょっと無理だろうと思って、その時には連れて行かないつもりでいました。

 本人に行きたいかを確認したところ、以前は行きたい気持ちとちょっと怖い気持ちが半々で返事があいまいでしたが、再度確認したところ「行ってみたい!」と目を輝かせていたので、思い切って11月の頭に連れて行きました。

全文を読む

「カワイイ」の巻

2013年11月16日(土)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

 「娘がカワイイ」と訴えたいわけではありません。

 1歳ちょっとの子は「マンマ―」とか「パパ―」という言葉を連呼するのだろう、と勝手に思い込んでおりました。
 ですが、うちの娘は「カワイイ」とばかり言っています。

 近所の公園にいたお爺さんに「カワイイ、カワイイ」と連呼した時は、
 お爺さんは困惑の表情を浮かべていました。

全文を読む

「入ってますから!」の巻

2013年11月14日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

写真の物。この1週間の間に洗濯機の底から出てきた物。
 

DSC_0140.jpg
 

全文を読む

「就学前健診、あれから5年」の巻

2013年11月11日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 「お父さん、明日お弁当ね」。長男(小5)から発注がありました。

 「何? 遠足とかあったけ?」
 「違う、新しい1年生が来るの」

 話を聞いてみたら就学前健診のことでした。
 5年生だけ居残りで、新1年生の引率をしたり、内科の部屋でお手伝いをしたりするのだと、なんだか誇らしげに説明してくれました。このごろは少しひねくれてきて、普段はあまり学校のことを話してくれないのに・・・。

全文を読む

「運動会、文集に見る娘の成長」の巻

2013年11月 4日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:ohana

 娘が通う幼稚園で、今年も「運動会」と「文集」の季節がやってきました。どちらも娘の成長ぶりがうかがえる機会なので、秋は楽しみな季節でもあります。

 最近、幼稚園の園庭や公園で、うんてい遊びや鉄棒ぶらさがりが好きな娘。手には日に日にマメができていって、つぶれてもあまり痛がらず、うれしそうに見せてくれます。運動会でも、駆けっこや大玉転がし、ダンスに一生懸命取り組む姿に、パパ記者もうるっときました。

全文を読む

「ヘンなの、私たち」の巻

2013年11月 1日(金)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

「私たち、最近ヘンなんだよ・・・」

4歳頃から身長が6センチくらい違い、8歳となった今は、8センチも身長が違う、我が家の双子。
体格も、顔も、性格も、全然似ていないので、「双子なんです」と言わないと、(普通の)3人姉妹だと勘違いされてしまいます。

毎回ではイヤになってしまうかもしれませんが、
たまには「双子ちゃんっていいね!」と言われたいと思っていました(笑)。

全文を読む

「赤ちゃんという時代」の巻

2013年10月30日(水)カテゴリー:乳児  投稿者:いず

 7か月を過ぎた長男コウイチと出歩くと、すれ違う人がかなりの確率で相好を崩します。

 散歩をしていると、犬を連れたおばさんが「何か月?」と尋ねてくるし、スーパーでは隣の棚に手を伸ばしたおばさんがカートに乗ったコウイチを覗き込んで「まぁかわいい」と目を細め、レジでは店員さんが「おりこうさんねぇ」と褒めてくれます。母親の私まで、ちょっといい気分になったりして。

 四頭身の身体、ぷくぷくと肉のついた手足、カエルのようながに股の脚、歯の生えていないあどけない口、この世の理不尽を一身に背負ったかのような大げさな泣き顔・・・。そこに無垢な清らかさも兼ね備えている。つくづく、赤ちゃんってかわいい、美しい生き物だなぁと感心します。

 誰もが、一生のうちでたった1年ほど「赤ちゃん」でいる間は、人々を引き付けてやまないアイドルのような存在なんですね。

全文を読む

「漢字」の巻

2013年10月22日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:かずぼん

小学生の宿題と言ったら今も昔も漢字書き取り・計算ドリルでしょう。息子(小3)のクラスでは他にリコーダー(毎日)、日記(週末)もあります。

計算ドリルは親がマル付けします。まだ簡単な問題なので自分で計算すればよいのですが、めんどうなので解答ページを見ながらマル付けします。

(ほんとは、間違ってたら、恥ずかしいので・・)

漢字は書きうつすだけなのでマル付けは不要なんですが、時々ちゃんと見ておかないと・・・・

全文を読む

「これはダメ。それもダメ」の巻

2013年10月18日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

食事の前に私たちのお箸と娘のスプーンを渡すと、つま先立ちでテーブルに並べる、その後姿が大人をキュンとさせます。
そんな娘は1歳10カ月になりました。
最近はお手伝いが大好き。
「あれ取って」「これ戻して」とお願いすると、快く引き受けてくれます。

ただ、お手伝いしたいという思いが強すぎるのか、「余計なお世話」をしてしまうことも。
自らコップのお茶をこぼし、さらにお茶を広げます。
これは多分、こぼしたお茶を拭くという行為の真似。
熱いお味噌汁が入っている大人のお椀を引っぱって、中身を自分のお椀に注ごうとします。
味噌汁やスープを冷ますためにお椀二つ並べて交互に移し替えている様子を真似しているのかな。

全文を読む

「うんどうかい」の巻

2013年10月17日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:いもけんぴ

「体育の日」、2歳の次女の保育園の運動会でした。

堂々とした行進、ものおじせず走る姿に
成長と(長女にはなかった)ズブトさを感じずにはいられません。

運動会2回目の今年、前回にはなかった行動が!

全文を読む

「卵三昧?」の巻

2013年10月12日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:こーだ

 4月から飼っている鶏が、最近やっと卵を産み始めました。

 この日を楽しみに、半年間世話をしてきました。

 先月くらいからは、毎日のように小屋をのぞいては「まだ産まないかなぁ」と楽しみにしていた娘達。

 第1号の卵を見つけた時は、かなり嬉しかったようで、紙に日にちを書いて記念撮影しました♪

全文を読む

「星空のディスタンス」の巻

2013年10月11日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:りえっち

 日中は暑い日も多いですが、朝晩はだいぶ秋めいた気候になってきました。

 すると楽しみになり出すのが、わが家の場合、“お風呂”です。

 夏の間はシャワーオンリーだったので、入浴剤を選んで、ゆっくり湯船につかりながら息子とおしゃべりする時間が楽しみです。
 もう小学3年生なので(あ~、あと何年一緒に入ってくれるのかな~)などと考えながら。

 そんなわが家のお風呂タイムに革命が起きました!

全文を読む

「鉛筆削り器、引退」の巻

2013年10月 7日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

asunaro1007.jpg ひそかに“親子3代”を目指していた電動鉛筆削り器でしたが、やむなく引退させることを決断しました。僕が小学校入学前、父から買ってもらった宝物です。(※このエピソードは2008年に「あすなろ」に書きました⇒こちら。あわせてお読みいただけたら幸いです。)

 小学校入学を間近に控えた長男に譲ってから5年、よく働いてくれました。次男も大切に使ってくれました。が、今年の初めごろか、たまたま掃除か何かの折に机から落としてしまい、前面の一部が破損しました。まだまだ、ちゃんと削れるのですが、削りかすが外に少し飛び出てきてしまうことも。

全文を読む

「聞いて、ボクの思い」の巻

2013年10月 3日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:PUMP

 「パパ」「ママ」「パイ(おっぱい)」「わんわん」などと少しずつ言葉を発し始めた息子。

 ほかのお子さんと比べても、いつも何かを口ずさんでいるような・・・。父親・母親、果たしてどっちに似たのでしょう?

 最近は少しずつ、自我が出てきたみたいです。

全文を読む

「骨折」の巻

2013年9月25日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:たいいくがかり

 ちょっと前の話ですが、親子4人で大きな遊具のある公園に行きました。5歳の娘と同様に2歳9カ月の息子もいろいろな遊具を使って積極的に遊んでいました。

 お昼を食べた後、もう少し遊んだら帰ろうと思った矢先、息子が縄ばしごから落下してしまいました。しばらく泣いた後、立つことはできますが、自分で歩こうとはしません。

 急いで、休日当番医へ行ってレントゲンを撮ってもらい、診察してもらいました。診断結果は「第一中足骨骨折」とのこと。すごくショックでした。

全文を読む

「見事な体重移動」の巻

2013年9月22日(日)カテゴリー:幼児  投稿者:橋爪充

 わが家の2歳5カ月男児、やんちゃっぷりが増してきました。1年前は考えられなかったほどの運動量。家の中を走り回っています。

 気に入らないことがあると、おもちゃやスプーンを投げつけ、それをとがめると逆ギレ。床に寝そべり、体をよじって大声で泣き出します。「ほれほれ! ワイ、かわいそうなんやでー。もっといたわらんかいっ!」。なぜか大阪弁が聞こえてきます。これは幻聴でしょう。

全文を読む

「初発熱」の巻

2013年9月20日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

娘は1歳4カ月になりました。ここまですこぶる順調だったのですが・・・。

3連休前の金曜夕方に、娘の頭を撫でたらなんか熱い。測ってみたら37度半ば。念のため、と嫁が早めに寝かしつけようと布団に行きました。

が、夜になるにつれ娘の体温はどんどん上がり、39度を超えました。

全文を読む

「そして僕は途方に暮れる」の巻

2013年9月18日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:おんがくがかり

4628277817_d0ab67f499_m.jpg
Photo Credit: joshjanssen via Compfight cc (写真はイメージです)


別に、大澤誉志幸の名曲の話ではないのだが――


先日、仕事が終わって疲れて家に帰ったら、妻が娘を怒っていた。よくあることだが、自分が怒られている気分になっていたたまれなくなるので、大の苦手だ。私が家に帰りたくなくなる原因の一つでもある。

全文を読む

「伊豆合宿」の巻

2013年9月14日(土)カテゴリー:幼児  投稿者:ohana

 夏休みをとり、妻と4歳半になった娘を連れて、夏恒例?となりつつある2泊3日の「伊豆合宿」をしてきました。その拠点として、伊豆のほぼ真ん中にある会社の保養所に今年もお世話になりました。

 そこのおかみさんとは、娘はすっかり顔なじみ。夕食を味わった後、おかみさんが食器類を片付け始めたときのことです。娘は「私も手伝う」と言いだし、一緒になって「下げ膳」を始めました。

全文を読む

「休み疲れ」の巻

2013年9月12日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

みなさん夏休みは楽しく過ごされましたか?
わが家は後半に旅行に行ったのですが、
子どもと長い時間一緒にいると、いろいろ気になることが多くて…。

ついついダメ出しを連発…。

全文を読む

「学びの場」の巻

2013年9月11日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 長男はこの夏休みの間に、水泳がぐんとうまくなりました。8月半ばに市営プールで行った親子特訓が効いたようです。

 週1回通っているスイミングスクールでの進級テストも、これまで足踏みしていたのが嘘のように、特訓直後の回で一気に3階級特進。その日は自信満々の顔で母親に連れられ帰宅してきました。

全文を読む

「イクメンを社会で育てよう」の巻

2013年9月 3日(火)カテゴリー:乳児  投稿者:いず

 8月末に静岡新聞紙上に連載されていた「女性としごと考」、ご覧になりましたか?

 全般的に「そうだそうだ」と共感した私。特に、男性の働き方を変えて家事育児に参加するよう企業や個人に訴えた最終回は、まさに働く女性や子育て世代の声を代弁していると思いました。

 うちの息子はまだ5カ月ですが、夫が休日に息子と接する様子を見ていると、早くも母親と父親の育て方ってずいぶん違うなぁと感じます。

 まだ赤ちゃんなんだから、優しく包み込んであげたいと、ちょっとベタベタ気味の私に対し、夫はまるで同世代の友達と遊んでいるような雰囲気。絵本を開けば、「君のお母さんは怖いです」・・・などと勝手に創作して読み上げているし、「がーっ」と怪獣のようなうなり声を上げて息子が泣くのを喜んでるし。子どもと同じ目線に立って(というか自身が子どもに戻って?)接することができるのだなぁと、微笑ましくなります。

全文を読む

「子どもの適応力」の巻

2013年8月31日(土)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

 先月、主人の異動の関係で引っ越しをしました。引っ越し先は実家も遠く、ママ友もいないし、引っ越し前は不安でした。
 
 1歳9カ月になる娘も、もちろん転園。大人の私だって不安なのに、75センチ、9キロの小さな体で環境の変化を受け止めていくんだと考えるだけで泣けてきました。

 保育園、認可は満員だということで、認可外を探すことになり、見学に行きました。大きな公立の保育園に通っていたので、定員が少ないことが気になっていましたが、見学の帰り、保育士さんが何も言わなくても玄関まで送ってくれた園児の姿を見て、今の園にお世話になることを決めました。

全文を読む

「水泳教室」の巻

2013年8月30日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:かずぼん

 小3の息子は夏の間(7、8月)だけ水泳教室に通いました。昨年も同じ教室に通わせました。

 基本的に習い事は本人の意思(やる気)を確認をしてから、と思っていますが、この水泳教室に関しては(1)小学校のプールを使用するため歩いていけること(2)やはり泳げたほうがいいでしょ-という理由から申し込みを済ませた後に「去年もやったでしょ、今年も行くよ」「S太郎君も行くんだってさ」と伝えたのみ。

 昨年も同じ理由で「夏の間だけだしさ」「AちゃんもS君も行くんだって」「たくさん泳げたほうがいいよね」ってなことを言い、なんとかその気にさせたのでした。まあ、行けば行ったで、それなりに楽しんでいるようです。よかった。。。

全文を読む

「ハハが寝込むと・・・」の巻

2013年8月24日(土)カテゴリー:乳児  投稿者:きりん

暑い日が続きますね。3歳の長女と7か月の次女は、毎日朝から汗だくだく。

家にいるときは、クーラーとお友達の毎日です。

先日、風邪をひきました。子供ではなく私が。子供たちの病気には気を使っていたのですが、自分のことはおろそかになっていて本当に不覚。体調を崩して2日ほど寝込んでしまい、改めて子育ては体が資本だと実感しました。

全文を読む

「息子よ、いったいどこへ行く?」の巻

2013年8月22日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:PUMP

今年7月、1歳1か月で歩き始めたわが息子。
じいじ・ばあばに購入してもらったくつを履き、あちこち出掛けられるようになりました。

先日は家族で水族館へ行ってみましたが、魚には全く興味を示さず、
順路通りに進んでいったかと思ったら、その道を逆走。
階段やスロープを上ったり&下ったりの繰り返し。

全文を読む

「親と離れて学ぶこと」の巻

2013年8月15日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:こーだ

わが家は決して過保護ではない・・・と自分では思っています。が、ふとした時に「これってダメって言ったけど、自分が子どもの時には散々やったよなぁ」。なんて思うことがあります。

いざ未知の経験をしようとする娘を前にすると、色々口出したくなってしまうというか。

そんなわが家は、ここ何年か、夏休みに子供をキャンプに参加させています。

目的は「親と離れること」。

全文を読む

「自由研究」の巻

2013年8月14日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:りえっち

夏休み真っ最中ですね!!
どこもかしこも混んでいるし、渋滞は出ているし、皆さんお盆休みを満喫されているんでしょうね~・・・。

でも共働き家庭にとっては夏休みって考え物だったりしませんか!?
なんか普段より忙しいのは要領の悪い我が家だけ!?

だって、夏休み中は子供を学童保育で預かっていただいているので、毎朝の仕事にお弁当作りが加わり。
子供を家に連れて帰る時間はいつもと変わらないのに宿題は増え。
それより何より頭が痛いのが、読書感想文や自由研究などの「大物の宿題」!
平日の夜にはとてもやる時間がない「大物の宿題」。

全文を読む

「1分の攻防」の巻

2013年8月 9日(金)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

全然似ていない、我が家の双子。

「双子ちゃん可愛い~!」とか「そっくりだね!」などと声を掛けられる
双子ママライフを、もうちょっと楽しみたい私・・・

積極的に、「双子なんです!」とアピールしています。

「え~!」という反応が99%。

全文を読む

「かわいい。」の巻

2013年8月 2日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

娘は1歳2カ月です。ひとりで歩きだすし、私が帰宅すると「おかぁえりぃ」と連呼するし、髪が伸びて女の子っぽくなってくるし。成長著しいです。

生まれた直後に初めて抱っこした時も、ハイハイしだした時も、「ママ」と初めて言葉を発した時も、それぞれ「今が最高にカワイイ♡」と思いました。

全文を読む

「下の子に手厚く」の巻

2013年7月30日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:おんがくがかり

先日、上の娘(中1)が県中学総体の新体操で優勝しました。
静岡新聞にも、ちらっと載りました。
同期入社の整理記者が私の娘と知ってつけてくれた
1年生女王」という大げさな見出しも相まって、
各所からお祝いの言葉をたくさんいただきました。

そんな中、叔母からメールをもらいました。

上の子ばかり称賛されると、下の子は寂しいかも…
 あなたのお母さんはずば抜けて素晴らしかったからみんなに褒められてね。
 すごく誇らしかったけれど、ちょっとスネた時期もあったな。懐かしい。

全文を読む

「スーパーママチャリ」の巻

2013年7月28日(日)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

ぱぱ記者自転車.jpg 今日は奥さんの愛車を紹介します。パナソニック製の電動ママチャリ「ギュットミニ」です。

 奥さんはこれに長男と次男を乗せて、8キロ離れた隣の区の幼稚園まで日々送り迎えしています。かなりカスタマイズされていてテールもとがっていますが、もちろん奥さんは元レディースではありません。

全文を読む

「ムッシュ・ムニエルの呪文で対抗」の巻

2013年7月24日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:橋爪充

 「ハレ・クリシュナ、アメ・ムリシュナ」

IMG_2154 (1).jpg 5歳6カ月長女は今、絵本作家の佐々木マキさんの作品に夢中です。「ぶたのたね」「やっぱりおおかみ」「ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします」・・・。

 シュールで予測不可能なストーリー、太い線とはっきりした色調の画風。私自身も好きな作家です。特に、少数派への目配りがにじみ出る世界観を、子どもたちにもくみ取ってほしいと願っています。

 佐々木さんは近年、世の中で再評価されているようで、東京・武蔵野市立吉祥寺美術館で6月23日まで行われていた個展「佐々木マキ 見本帖」は、大いににぎわったようです。

全文を読む

「巣作りに励む」の巻

2013年7月18日(木)カテゴリー:乳児  投稿者:いず

 妊娠して3カ月ほどたったころ、ある変化がありました。

 散らかし放題の部屋に住み続けていた私が、突如、片付けと掃除をしなければ気が済まなくなったのです。それも徹底的に。夫が「人格が変わった。もしや頭がおかしくなったんじゃないか」と心配するほどでした。

 これが、身ごもった女性の「巣作り本能」というものなのでしょうか。

全文を読む

「そろそろ卒乳...か?」の巻

2013年7月15日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

 お子さんが何カ月の時に、卒乳しましたか?
 卒乳、断乳、乳離れ…。色んな表現ありますが、わが子、実は、まだなんです。

 娘は1歳7カ月になりました。食が細くて心配もしましたが、ご飯もおかわりするほど食べます。麦茶も大好きで、ごくごく飲みます。赤ちゃんというより、子供って感じになってきました。

 保育園ではちゃんとお昼寝もできます。でも、夜寝る前だけは、私の膝にちょこんと座り、服の襟口から手を突っ込み…。

全文を読む

「ポイント通帳始めました」の巻

2013年7月11日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

asunaro0711.jpg 子どもにお金の大切さや使い方を教えるのは本当に難しいです。時々とんでもない無駄遣いをしてしまうお兄ちゃん(小5)の金銭感覚をどう正していこうか、昨年末くらいから悩みに悩みました(3月の本欄にそんな最中の“一件”を書きました⇒こちら)。

 いろいろ試行錯誤した末、4月から「お小遣い制」を導入、時を同じくして「お小遣い帳」「お手伝いポイント通帳」をつけ始めました。

 どうもお金の価値を軽~く考えているというか、お金を手に入れるということの難しさを理解できていないというか・・・。お年玉の残りが2000円ある⇒コンビニでカードゲーム(1セット8枚210円)を9セットまとめ買い▽おばあちゃんにお小遣いを1000円もらった⇒弟といちごケーキなどを買ってその日のうちに使い切る-などなど、いろいろ“事件”がありました。少し残しておこう、貯めておこうという意識がまるでないのです。

全文を読む

「旗振り当番」の巻

2013年7月 9日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:かずぼん

 子どもが成長するにつれて地域や学校との関わりができ、用事も増えていくものですよね。

 PTA活動のひとつに、通学路での旗振りがあります。数カ月に一度当番が回ってきて、2人組で7:30~8:00の30分間、横断歩道を子供たちが安全に渡れるようにするわけです。

 私が担当した場所は学校の正門前で、道幅が広くもないのに朝の交通量はそこそこあり、結構緊張する場所です。ベテランの交通指導員さんが居てくださるのでできているようなものです。

全文を読む

「おしゃれへの目覚め?」の巻

2013年7月 2日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:いもけんぴ

 最近、娘が「おしゃれ」に目覚めました。
 下の子です。2歳です。

 まず、髪の毛。クリンクリンのくせっ毛。
 二つに結んであげると、
 「かぁいい!みる~」と鏡のある方へ。
 自分を見て、にっこり、満足顔です。

全文を読む

「こどもの味覚」の巻

2013年6月29日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:こーだ

 わが家の娘2人は、食の好みが正反対。甘いもの大好きで、お菓子に目が無い長女。甘いものが苦手で、もっぱら「つまみ系」を好む次女。そんな2人が共通して大好きな食べ物が「刺身」。

 大の釣り好き一家のわが家。娘たちも小さい頃から、釣りたて・鮮度抜群・どこよりも美味しい(はず!)刺身を食べてきました。

全文を読む

「勉強」の巻

2013年6月26日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:りえっち

先日、小学3年生の息子が漢字のテストで衝撃的な点数をとってきました・・・。
ま、息子の名誉の為に点数は伏せますが(笑)、あまりのひどさにもうびっくり!!

わが家の場合、私の母が某塾の先生のバイトをしていて、早くから息子はそこへ通っていましたから、現在の学年よりだいぶ進んだ学習をしているはずでした。(毎日、家での宿題がマストのところです)

だから今回の漢字テストだってずっと前に習っている漢字のはずなのに、なぜ!?

・・・・・それは、前にやりすぎて、キレイサッパリ忘れちゃったから!!!

全文を読む

「満1歳おめでとう」の巻

2013年6月25日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:スタッフ

つい先日、1歳の誕生日を迎えた我が息子。
大きな病気やケガもなく無事に1年間を過ごすことができました。

誕生日には、両家のじいじ・ばあばに見守られ、「一升餅」を背負ってみました。

「一升」と「一生」を掛けて、「一生長生き出来るように」や「一生の重みを感じさせる」との意味合いで行われている1歳の誕生日行事。

全文を読む

「心と体はつながっている」の巻

2013年6月15日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

2年生の娘の担任の先生が体調不良でお休みしています。
女の子達は先生が復帰する日のために飾りやお手紙を用意しているのだそうです。

先日の参観会は代理で入ってくださっている先生の授業でした。
その授業を見て心底がっかり。

娘は手をいじったり、文房具をいじったり。
「あっちの世界」に行ったまま授業が終わってしまいました。
「私が見ているのにもかかわらずこんな調子で、普段はどうしてるの?」と不安になりました。

全文を読む

「イスに座っていられない」の巻

2013年6月12日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:やつ

 娘がつかまり立ちをするようになりました。「マンマー」とか「パパ―」とか「イヤイヤ」など、最近は少しずつ言葉を発するようにもなってきています。

 いまのところ健康で元気いっぱいですし、全体的にはすこぶる順調。ありがたいことです。

 困ったことといえば、「イスが嫌い」ということです。

全文を読む

「眠くて眠くて・・・」の巻

2013年6月10日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:橋爪充

 もはや「春眠暁を覚えず」とは言えない季節ですが、日中眠くて眠くてたまりません。

 コンタクトレンズのメーカーを変えたこと、取材で車を運転する機会が多いこと、そもそも睡眠時間が少ないこと…。理由をいろいろ探しますが、一つではないような気がします。

 最近思うのですが、乳幼児の体からは睡眠を誘う電波のようなものが出ているのではないでしょうか。

全文を読む

「冒険広場で成長」の巻

2013年6月 4日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 50年近い幼児教育の集大成として童話「忍者園長とゆかいな子ども達!」をひくまの出版から上梓した佐藤幼稚園(浜松市中区)の山本雅乙前園長を取材しました。

⇒自宅裏山舞台に童話 浜松の元幼稚園園長山本さん
 http://www.at-s.com/news/detail/618049931.html
 ※リンク先の記事は一定期間で削除されご覧いただけなくなります。ご了承ください。

 子どもが自然と触れ合う大切さを説き、実践し続けてきたとても素敵な先生です。山本さんと奥さんは、市内の自宅裏山に「冒険広場」という遊び場を手作りし、園児や近隣の子ども達に開放しています。

全文を読む

「わが子がかわいい理由」の巻

2013年5月27日(月)カテゴリー:乳児  投稿者:いず

 2カ月前に出産するまで、自分の赤ちゃんに対して愛情がわくのか、不安でした。「わが子がかわいい」という感覚がどういうものか、想像できなかったんです。

 赤ちゃんは確かにかわいい。でも、それは「隣のコロちゃん(犬)がかわいい」というのと同じレベルの「かわいい」じゃないのか? わが子のかわいさは、それとどう違うのかと。

 答えは、産まれた瞬間に分かりました。

 分かったというか、何も考えなくても身体の奥底から湧いてくるんですね。愛おしい感情が。存在そのものが愛おしいんです。

全文を読む

「宿題」の巻

2013年5月22日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:かずぼん

 3年生になったら宿題が増えました。

 担任の先生によって多少の差はあるでしょうが、基本は毎日計算ドリル・漢字・音読。さらに「自分勉強」なるものがあり、宿題以外に自分で決めた勉強をやる、というもの。リコーダーの練習や塾での勉強(机の前に座っている時間)も含めていいそうです。

 学習した内容を書く【学習カード】なるものがありまして、勉強時間や音読の評価(声の大きさ・感情・正しく読めたか等)、自分勉強の時間や内容を記入し、家の人がサインをするのです。

 【自分勉強】ってウチの息子は何をやっているのだ?

全文を読む

「あいうえお勉強中」の巻

2013年5月20日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:ohana

 新年度が始まり、4歳の娘は幼稚園の年中に進級しました。クラス替えがあり、仲良しだった友達とのお別れも一部ありましたが、相変わらず楽しく通園しています。

 このごろ、仲良しの友達とは幼稚園で手紙を交換し合うのが流行のようで、時々、通園カバンに友達の絵やひらがなが書いてある手紙を目にする度に、ほっこりと心温まることがあります。

 うちの娘はようやくひらがなに興味を持ち始めたくらいなので、手始めに幼稚園の先生にオススメの本を聞き、娘に読ませてあげることに。それは・・・

全文を読む

「保育園病」の巻

2013年5月20日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:ナグコ

 5月半ばになり、やっと保育園の1歳児クラスに慣れてきた娘ですが、通い始めの家族のバタバタ加減は想像以上でした。

 熱が下がらず総合病院にかかったら感染症で、私の職場復帰前日から入院すること1週間。自宅療養を経て通園しても、今度は風邪。お医者様によると4月は入園児が急に増えるそうで、「保育園病と呼んでいるんですよ」と言われてしまいました…笑。

全文を読む

「母の日♪」の巻

2013年5月18日(土)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

 母になって、早10年。

 10歳の長女と7歳の二女・三女(双子)の母親として、お手本になるようなことはできないまま時間だけが過ぎてしまいましたが、先日の母の日に子ども達から、手紙と絵・写真立てなどをもらいました☆

母の日.jpg

全文を読む

「連結、大好き」の巻

2013年5月16日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:橋爪充

 わが家の2歳1カ月男子、電車マニアとしてすくすく成長中です。

 4月の誕生日には磁石で連結する新幹線模型(E5系はやぶさとE3系こまちのセット)を与えたところ、大喜びでした。前方の「ボンネット」(というのか?)部分から連結器が出てきてつながるという、まあそれだけのことなのですが、かなりうれしいようです。

 彼の行動を観察していると、最近は「連結」それ自体に関心が高まっているのが分かります。弁当箱、箸置き、文房具、本…。面と面を合わせて1列に並べ、「け!け!」(連結、という意味らしい)とアピールしてきます。先日は、ブロック塀のブロックとブロックの継ぎ目を指して「け!」とやっていました。なるほど。

全文を読む

「親子スイミング」の巻

2013年5月15日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:いもけんぴ

 日曜日に「親子スイミング教室」に通っています。

 始めたのは、子どもが6カ月になったとき。他県のママ友から「ベビースイミング」の話を聞き、調べてみると、静岡にもたくさん教室がありました。(上の子の時は知らなかった・・・)

 産後の体力作りと思って即入会。

全文を読む

「生命と関わる」の巻

2013年5月11日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:こーだ

この春、わが家に新しい家族が増えました。

鶏(ニワトリ)の雛。しかも17匹!!

鶏は、10年近く前にも飼っていましたが、わが家の娘たちの記憶には無いようで、(記憶の上では)初めての雛との遭遇に、娘たちは大喜びしました。

全文を読む

「自分の子どもと他人の子ども」の巻

2013年5月 8日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 先日、とある公園で遊んでいた時のこと。登り棒にチャレンジしている長男(小5)の下に次男(小4)が駆け寄ってきて「お~い、がんばれ~。僕もやりたい~!」と騒ぎ出しました。傍らには順番を待っている女の子が一人。

 並んでいる子がいることに気づくかな? きっと気づくだろうな、もし気づかないようなら声を掛けよう・・・などと見守り始めた瞬間、とても汚い言葉で次男を叱責する声が耳に入りました。女の子のお父さんのようでした。詳細に再現はしませんが、「並んでいるのに何を横入りしてるの!」ということを、とても攻撃的に伝えたのでした。初めての経験で、耳を疑いました。

全文を読む

「うんちのお悩み」の巻

2013年5月 3日(金)カテゴリー:乳児  投稿者:PUMP

6月に1歳を迎える長男。

大きな病気や怪我もなく順調に育っている方だと思いますが、現在「便秘」に悩まされています。(お食事中の方、スイマセン)

同じように悩まれているパパ・ママも多いようですね。
我が家の場合は、おそらく水分摂取量の不足が原因じゃないかなぁと思っています。

全文を読む

「絵のプレゼント」の巻

2013年4月29日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:たいいくがかり

 5歳の娘は、最近お絵かきが上手になってきました。たしか2歳のころに色鉛筆と塗り絵を買ってあげたように思います。

 最初は、丸や線ぐらいしか書けなかったのですが、最近は自分や家族の特徴をつかんで、いろいろな色を使いながら、絵を良く描いています。

全文を読む

「ALONE」の巻

2013年4月28日(日)カテゴリー:乳児  投稿者:スタッフ

先週から今週にかけて、嫁と娘が嫁の実家に里帰りしました。

決して妻が私に愛想をつかして出ていった訳ではありません。

私は独身時代に10年以上一人暮らしをしていたので、「1週間くらいなら全然平気。むしろ楽しんじゃうぜ!」と思っていました。

ところが・・・。

全文を読む

「ダブルブッキング」の巻

2013年4月20日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

 先日、娘(2年生)が2人のお友達と、放課後にそれぞれ別の場所で遊ぶ約束をしてしまいました。

 娘が行かなかった方のお友達は、約束場所が広い所だったので娘をあちこち探し回ったようです。

 心配してくれたお友達のお母さんのメールで知って、娘から行く先を聞いている祖母に連絡を取り、私もだんだん様子がわかって慌ててしまいました。

 仕事から帰って娘に聞くと、なんと両方とも娘の方から誘ったというのです。
 なんで…? どういうこと…? ハ~

全文を読む

「まねっこ次男」の巻

2013年4月15日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 2歳になった次男は4歳の長男の真似ばかりしています。

 長男が箸を使えば自分も箸を使いたがり、長男が音楽番組に合わせて踊れば自分も隣りで意味も分からず踊り、長男が全裸でブリッジすれば、自分も服を脱いでブリッジ(のふり)をするという具合に。

全文を読む

「陣痛の不思議」の巻

2013年4月 8日(月)カテゴリー:乳児  投稿者:いず

 はじめまして。20日前に男の子を出産した、新米ママのいずです。

 自分の身体の中に別の人格が宿って成長し、この世に誕生する、妊娠・出産。一連の過程は自分の体内で起きていることなのに自分の意思ではコントロールできないという点で、とても神秘的な体験でした。

 最も強烈な記憶として焼きついたのが、陣痛です。

全文を読む

「振り返る春」の巻

2013年4月 5日(金)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 毎年、春にはこのコラム「あすなろ」を始めた2007年、08年頃の文章を見返すようにしています。当時はわが子たちはまだ5歳と4歳の保育園児でした。なぜ、企画したのかな、どうして続けてきたのかな-と初心を振り返ってみるのです。

 「翌檜(アスナロ)」は檜に似た常緑樹。「あすは檜(ヒノキ)になろう」。そんな意味が込められた名前です。ぐんぐんと空に向かって真っすぐに伸びる翌檜、その姿に子どもの健やかな成長を望む親の思いを重ね、このコラムを「あすなろ」としました。こどもみらいプロジェクトの主要事業の一つ「ハッピース!!子育て来楽部」がスタートする少し前のことでした。

 子育ては楽しいこと、うれしいことばかりじゃない。つらくなるときもあれば、イライラするときもあります。私たちぱぱ記者、まま記者の家庭でのたわいもない出来事、トラブル、心模様・・・。そんなことを飾らずに綴った日記を読んで「わかる、わかる」と共感してみたり、「ダメじゃん」と笑ってみたり、ちょっぴり息抜きをしたりしてもらえたら・・・と思って書いています。

全文を読む

「遊び友達」の巻

2013年4月 1日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:かずぼん

 いつの間にか桜も満開、春は出会いと別れの季節ですね。

 早いもので、息子も4月から3年生。先日、離任式で登校した際に配布されたクラス表をみると、近所の仲良しAちゃん(女の子)とは別のクラスになっていました。

 Aちゃんとは保育園からの友達で1.2年はクラスも一緒でした。休日はお互いの家で遊ぶことも多いのです。母親どうしも同い年で気楽に付き合える関係です。

全文を読む

「どろぼう」の巻

2013年3月30日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 なんだか、こそこそしている。おかしい・・・。

 昨日の昼、勘がはたらいて、遊びに出掛けようとしている長男(10歳)を引き止めました。疑うのはよくないと思いつつ、聞きました。「何か隠し事してない?」

 「えっ、してない」というものの、やっぱりおかしい。持っていこうとしていたかばんとお財布を見ました。お財布を開いたら、入っているはずのない1000円札が。。。

全文を読む

「車好き」の巻

2013年3月25日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:たいいくがかり

 ちょうど1年ぐらい前だったか、記憶は定かではありませんが、息子にミニカーをプレゼントしました。最初は手で走らせたり、ドアを開けたりして遊んでいました。

 それから出張に行った帰りなどに、ミニカーをおみやげに買って帰ってきたりして、1台ずつ増えていくと、「これは何のおくるま?」と車種を聞いてくるようになってきました。

全文を読む

「Don't Leave Me」の巻

2013年3月22日(金)カテゴリー:乳児  投稿者:やつ

 娘はまもなく生まれて10カ月。そろそろ人見知りをするかな~と思っていましたが、まったくそのそぶりはありません。

 実家に帰ればじいちゃんばあちゃんにニコニコし、公園に行けば話しかけてくれる人にキャッキャキャッキャし、妻がヨガに連れて行けばほかのママによじ登っているそうです。

全文を読む

「チャンスが来たら、乗ればいい」の巻

2013年3月20日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:おんがくがかり

 いよいよ、上の娘(小6)が小学校を卒業します。これまで、ことあるごとに書いてきた上の娘の新体操ですが、2月に行われた全日本新体操チャイルド選手権に出場し、5・6年生の部で準優勝することができました。応援していただいたみなさんに、この場を借りて御礼申し上げます。本人はさらに上を目指してがんばると言っていますので、引き続き応援よろしくお願いします。

 さて、卒業のタイミングということもあり、今回は娘に伝えたいことについて書こうと思います。

全文を読む

「すくすく成長中」の巻

2013年3月18日(月)カテゴリー:乳児  投稿者:PUMP

 春まであと少し。暖かくなり子供をあちこち連れていきたい・・・と思うものの、両親ともども花粉症。洗濯物もすべて中干しだし、早く根本的な治療法、見つかってくれないかなぁと思う今日この頃です。

 前回コラムを書いてから、息子もずいぶん成長。まもなく9カ月になりますがお座りをして、1人でおもちゃで遊ぶ時間が増えてきました。もちろん、まだまだ目を離すわけにはいきませんが、ずっと抱っこをしていなきゃいけなかったことと比べれば、手がかからなくなってきた!? いや、ハイハイや歩き出すようになったら、もっと目が離せない&手がかかるんでしょうねぇ。

全文を読む

「1番がふたつ」の巻

2013年3月15日(金)カテゴリー:乳児  投稿者:きりん

きりんです。
昨年末、次女を出産し、子供2人の生活がだいぶ落ち着いてきたところです。

次女がお腹にいるとき、ずっと疑問だったこと。それは「1番が2つになることってどんな感じだろう?」ということでした。

長女を授かって、自分の命に代えてでも守るべき存在があるということを知りました。
その思いは、長女の成長とともに大きく強くなってきたのです。

全文を読む

「ママが働く理由」の巻

2013年3月13日(水)カテゴリー:乳児  投稿者:スタッフ

 4月1日、1歳4カ月になる娘は「うさぎ組」に入ります。数カ月の「タイキ」を経て、無事に保育園入園が決まりました。

 親の安堵とは裏腹に、たまに周りから聞こえてくるのは「かわいそう」の声。

 母親と一緒にいられないから?
 母親が働くのは勝手なこと?

全文を読む

「鉄道オタク姉弟、父を超える」の巻

2013年3月11日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:スタッフ

 わが家の5歳2カ月女子と1歳10カ月男子はいま、某民放局で放映されている、顔のついた列車が活躍するアニメ番組に夢中です。

 その流れなのか何なのか、本物の電車にも興味津々。シリアルのおまけでもらったDVDや鉄道関係の図鑑、動画サイトにハマっています。

 静岡市北部に住んでいると、本物の電車にはほとんどお目にかかりません。そこで先日、東京でさまざまな電車に乗る機会を作りました。実のところ私と妻の用事がメーンなのですが、子どもたちには「いろんな電車に乗せてあげるからね」と言い含めました。

全文を読む

「もうすぐ2年生」の巻

2013年3月 2日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

 気を揉んでいるうちにはや1年が過ぎようとしています。
 娘はもうすぐ2年生です。

 先日、今年度最後の参観会に参加しました。
 それぞれ小学校に入ってからできるようになったことを披露してくれました。

 宣言した時間内で計算カードに挑む子、縄跳びの技を見せる子、
 保護者が出題した漢字を書き順正しく書く子…。

 中には「鉄棒にぶら下がってジャンケンをします」という
 男の子2人組も(このためにみんなで校庭に移ったw)
 なかなか勝負がつかず、顔がまっ赤になっていました。
 いつの時代も男子って面白い。

全文を読む

「『子どもは風の子』を通り越し」の巻

2013年2月28日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 遠州の「からっ風」がゴーゴーと上空でうなっているのを耳にすると、すぐに「今日は家の中で遊ぼう」などと息子たちを誘う、めっきり外に出るのがおっくうになってしまったぱぱ記者みのる太です。

 そんなぱぱ記者の強い味方がJR浜松駅近くにある屋内児童施設「浜松こども館」。

 巨大なアスレチックスペースや運動スペースが確保されている他、竹馬、フラフープ、コマなど懐かし系のおもちゃもずらり。予約をすれば調理場でパン教室などにも参加できます。食事スペースもあるので、外に出ずとも半日は十分楽しめる快適充実の屋内施設、、のはずが…。

全文を読む

「特技はダンス?」の巻

2013年2月27日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:ohana

 先日、娘が通う幼稚園の年少クラスの表現遊び発表会がありました。

 「3びきのこぶた」の劇では大ぶたの一員として、元気いっぱいに役になりきり、その後のダンスも、曲にのりのりで、覚えた振り付けを伸び伸びと披露していました。

 隣のママさんから「娘さん、ほんとダンスが上手」と言われ、ビデオ片手に娘に熱視線を送っていたパパ記者も、思わず照れ笑い。

 またしても娘の成長ぶりを実感したのでした。

(ohana)

子育てコラム「あすなろ」(567) 「特技はダンス?」の巻

全文を読む

「お母さんは偉大なり」の巻

2013年2月23日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 お母さん(妻)が一昨日、2週間ほどの予定で入院しました。騙し騙し長年付き合ってきた腰痛、とうとう耐え切れなくなって根本的に治療しましょう-ということになったからです。昨日、無事に手術が終わりほっと胸をなでおろしました。

 予定されていた入院で準備期間が十分ありましたし、少しの間の留守番くらいは子どもたち(小4、小3)に頼めるようになってきているので、お母さんがいなくても何とか僕と子どもたちだけで乗り切れるかな~なんて思っていたら、とんでもない。もう3日目にして、いろいろと手詰まりになってきました。

全文を読む

「ドキドキの初舞台」の巻

2013年2月20日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:いもけんぴ

 保育園の発表会の日。もうすぐ2歳になる次女にとっては、初舞台。

 「園での練習は、いつも、はりきってやってますよ」と、保育士さんが言ってくれる手遊びが、大勢のお客さんがいる舞台の上でも披露できるのか・・・。泣く一歩手前で、固まっていただけの長女の頃を思い出し、心配しながら会場に向かいました。

全文を読む

「もうすぐピカピカの一年生!」の巻

2013年2月18日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:やっほー

 わが家の下の娘は4月からいよいよ小学一年生。

 この時期なんといっても大変なのが、小学校で使う算数ボックスの名前付け!

 おはじきや棒のようなものすべてに名前を書かなくてはなりません。

全文を読む

「謎の液体 大事件」の巻

2013年2月14日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 大事件が発生しました、わが家で。

 縦10センチ、横20センチ、高さは5センチほどでしょうか。キャンディーの入っていた缶に、何かの液体が入れられ、子ども部屋の次男くん(小3)の机の下に放置されていました。掃除をしていて、何気なく動かしたところこぼれてしまいました。

 なんだろう。

全文を読む

「流行に敏感!?」の巻

2013年2月11日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:こーだ

服や遊びなど、どちらかというと、流行りものには興味の薄いわが家。
そんなわが家も、たまには流行に乗ることがあります。

といっても、全くうれしくない話。
だって流行といっても、乗った流行は「インフルエンザ」なんです。

インフルエンザ。お子さんのいる家庭では、「子どもが学校などでもらってきて、それで家族にうつっちゃったんだよね」なんていうのはよく聞く話。

全文を読む

「ありがとう、ピアノ」の巻

2013年2月 9日(土)カテゴリー:小学生  投稿者:りえっち

先日、2年生の息子の今年度最後の授業参観がありました。

この公開授業は1年の集大成として、各担任の先生がさまざまな工夫を凝らした内容になるようで、1年締めくくりの授業参観は去年も楽しみにしていました。息子のクラスでは道徳や体育、算数、国語、音楽などいろんな要素を入れた出し物を計画している様子でした。

そんなある日、息子が「ママー、今度、授業参観でピアノの伴奏やってくれるお母さんを探してるって先生が言ってたら、立候補しといたよ。」

えーーー!!!

全文を読む

「おしゃれさん?」の巻

2013年2月 7日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:ジョガボニート

 お風呂あがりにドライヤーをかける音がします。小学4年のわが娘はこの冬から、“ドライヤーデビュー”しました。ヘアブラシを使うほどではありませんが、肩くらいの長さの髪を温風で乾かすのがとても楽しいようです。

 最初は風邪をひかないように、とママに促されて始めました。去年までは、髪にそこまで手をかけるようなことはしていませんでした。タオルで水気をとって自然に乾くころには居間に寝てしまい、ベッドまで担いでいったこともしばしばでした。それが1年経つと-。変わるものです。

全文を読む

「おこづかい」の巻

2013年2月 3日(日)カテゴリー:小学生  投稿者:かずぼん

もう1ヶ月経ってしまいましたが、今年も穏やかな、そして実家では賑やかな、正月を過ごすことができました。お年玉も結構な金額をいただきましたよ(子どもの数より大人の方が多いのですね)。そのお年玉ですが、皆さんどうしてますか?

子どもの年齢にもよるのでしょうけれど、ウチは毎年、私が全額回収し、息子名義で貯金しています。でも。もうすぐ3年生だしなぁ。少しは本人に渡してもいいかな・・・なんて考えているうちに時が流れてしまい、結局は“使い込まないうちに早く貯金しないと!!”と全額貯金しました。

全文を読む

「持って生まれた性格」の巻

2013年2月 1日(金)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

同じものを食べ、同じように生活しているのに、どうして兄弟でこうも性格が違うんだろう?
みなさんは、そう思ったことありませんか??

わが家は、長女(9歳)と7歳になる二女・三女の双子の3姉妹。

姉妹で性格が違うのはまだわかるのですが、双子となると、ほぼ同じタイミングで産まれ(我が家は1分差)、同じ環境で育ち、同じものを食べ、同じ就学環境だから、性格も似てくるのかと思いきや・・・。

全文を読む

「なわ跳び」の巻

2013年1月28日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:たいいくがかり

 昨年から5歳の娘のクラスでは、なわ跳びが始まりました。

 そんな時、ママが保育園の担当の先生に「○○ちゃんなわ跳び好きじゃないもんね」という話を聞き、夫婦で驚きました。家の中でもなわ跳びを「やろう。やろう」とせがんでくる娘だったからです。

全文を読む

「はだしの女神」の巻

2013年1月25日(金)カテゴリー:乳児  投稿者:やつ

 娘が生まれてから8カ月がたち、ハイハイするそぶりを見せてからは2週間がたちました。

 しかし、ハイハイまではいたらず、ほふく前進のスピードが早くなるばかりです。

全文を読む

「変わる書き初め大会」の巻

2013年1月21日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

 夏から習字に通っている1年生の娘。初めての書き初め大会に参加しました。

 私も小学生のころ、デパートの屋上や体育館で開かれる席書大会に出ましたが、とにかく寒かった!!!という記憶が(その記憶しかないと言っても過言ではない)。

全文を読む

「親が知らないネットの世界」の巻

2013年1月20日(日)カテゴリー:小学生  投稿者:おんがくがかり

 スマートフォンを使うにあたって母親から13歳の息子に示された使用契約書の話、年始から話題になっていたのでご存じの方も多いと思います。

「13歳の息子へ、新しいiPhoneと使用契約書です。愛を込めて。母より」
⇒ http://blogos.com/article/53423/ (外部サイト「BLOGOS」へ)

 わが家でも、今年中学生になる上の娘がスマートフォンを利用したいと言っており、私のお下がりを提供することも考えていたので、この話は大いに参考になりました。

 それよりも、いつもお世話になっているネット系コンサルタントから先日聞いた、下の娘がやっている人気ゲームの話にたいへん驚きました。その人も深く考えずに娘さん(私の下の娘と同じ小4)にその人気ゲームをクリスマスプレゼントとしてあげたそうです。
 

全文を読む

「世代間、子育ての違い」の巻

2013年1月18日(金)カテゴリー:乳児  投稿者:ナグコ

 娘が1歳になり、この長くも短い1年を振り返る機会が増えました。

 家族や友人はもちろん、多くの方々の支えがあってこその1年でしたが、いくつか子育てに関して世代間における常識の違いを感じたのも事実です。

 産後約1カ月間は昭和元年生まれの祖母と団塊末期世代の母が住む実家にいました。

 何はともあれ「お乳」な祖母、ミルクを足す派の母…。

 抱き癖がつくから泣いても抱くなという祖母、抱っこであやす母…。

全文を読む

「オムライス弁当に挑戦」の巻

2013年1月 8日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 冬休みが終わり、今週はお弁当ウイーク。月、火、水、木と4日連続です。毎日がお弁当というママ、パパには笑われそうですが、4日も続くと僕の少ないレパートリーは底をついてきます。
 
 そうそう、わが家ではこの5年近く、お弁当づくりは僕の役割になっています。
 ※詳しくは過去の「あすなろ」で。
 ⇒「お弁当づくり歴2年半」の巻「奮闘!落胆!お弁当づくり」の巻

全文を読む

「『うんいいよ』の新年に」の巻

2012年12月31日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 長男の通う幼稚園で、クリスマス会が開かれました。園の先生が自作した演劇や合奏を園児たちが学年別に披露するというものです。長男は年少組の「どうぞのいす」という絵本を舞台化した劇で、無事ウサギ役をこなし、見学したぱぱ記者も、ほっと胸をなで下ろしました。 

全文を読む

「クリスマス」の巻

2012年12月23日(日)カテゴリー:小学生  投稿者:やっほー

 子どもたちへのクリスマスプレゼントはもう決まりましたか?
 
 わが家の小学4年生の娘は、サンタがいるのかどうか、ちょっと疑い始めています。
 

全文を読む

「街の真ん中でスケート!」の巻

2012年12月17日(月)カテゴリー:その他  投稿者:いもけんぴ

 真央ちゃんや高橋くんにあこがれて、「スケートやってみたい」と子どもにせがまれたことありませんか。
 
 そんな夢が叶う場所が静岡市の街中にオープンしました。静岡市の葵スクエアにできたスケートリンクです。
 

全文を読む

「サンタクロース」の巻

2012年12月14日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:こーだ

 サンタクロース、信じてますか?

 小学校高学年くらいになると、もうそろそろ真実を知る子どもも多いようですね。わが家の場合、まだかろうじて半分は信じてくれているようですが、それでもかなり疑っているよう。

全文を読む

「拍手喝采!リズムダンス」の巻

2012年12月10日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:ジョガボニート

 先月末、小学校の音楽会を見に行きました。小さな学校なので学年ごとに歌や演奏を繰り広げます。わが娘は小学4年生。「何をやるのかな」と前日にプログラムをのぞくとびっくり。歌、合奏に加えて、リズムダンスと書いてあるではありませんか!
 
 私「どんなダンスするの?」
 娘「見てのお楽しみ~」
 
 そして当日。

全文を読む

「子どものつぶやき」の巻

2012年12月 7日(金)カテゴリー:その他  投稿者:りえっち

 今日は、ちょっとパパママの皆さんにお教えしたいラジオのコーナーがありますので、番宣させて下さい(笑)
 
 SBSラジオ「GOGOワイド Wテツの らぶらじ」で毎週水曜日、午後3時ちょうどから放送しているのが「園児のつぶやき」というコーナーです。
 
 このコーナーでは、言葉は喋っているけどまだ字は書けない…そんな年代の子供達がふとつぶやいたキラリと光る名言・珍言を集めて放送しています。
 
 例えば、風でめくれあがる本を見て・・・「あ!風さんが本を読んでる!」
 
 笑うばあばを見て・・・「ばあばのほっぺ、おどっているよ」
 
 などなど。
 

全文を読む

「だじゃれ」の巻

2012年12月 5日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:かずぼん

 小学2年の息子は結構、“だじゃれ好き”。この年頃はたいていそうなのでしょうか?
 
 昨夏に友達とTDLに行くバス車内でもだじゃれを言い合って盛り上がっていたよなあ。どちらかというと息子はなかなか思いつかず友達が言っただじゃれに大笑いするほうでした。「ジャイアン、死んじゃいやん」とか。
 

全文を読む

「初めての日本平動物園」の巻

2012年11月30日(金)カテゴリー:乳児  投稿者:PUMP

DSC_0160.jpg まもなく6か月を迎える息子。身長・体重とも順調に伸びているものの、首がすわったせいか、以前よりも抱っこがしやすくなりました。
 
 ということで、休日のたびにショッピングセンター等へお出かけをしていますが、先日、息子にとってはもちろん初めて、パパママにとっては何十年ぶりとなる「日本平動物園」に、じいじ・ばあばと共に行ってきました。
 

全文を読む

「双子って?」の巻

2012年11月28日(水)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

 先日、1年生になった二女&三女の学校ボランティアの掃除に参加してきました!
 
 クラスに入ると、さすが1年生。みんな元気に寄って来てくれました。
 

全文を読む

「月日が経つのはホントに早い」の巻

2012年11月23日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:シュージ

 先日、家族で「サザエさん」を見ていて登場人物の年齢について話題になりました。「ワカメちゃん」って何年生かな?
 
 すぐさまiPhoneでリサーチ!!
 
 「ワカメちゃん」は9歳の小学3年生。なんと我が家の長女と同じ歳。当然長女は比較対象に。
 

全文を読む

「だからその手を離して」の巻

2012年11月23日(金)カテゴリー:乳児  投稿者:やつ

 娘は誕生から6カ月を迎えました。最近は色々な事に興味を持ち始め、近くにあるものをじーっと見つめた後に「ガシッ」とつかみます。
 
 先日は静岡新聞の夕刊をつかみながら手をばたつかせ、「衆院 今夕解散」の見出しをクシャクシャに。
 

全文を読む

「自転車を買った」の巻

2012年11月21日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:ざっきー

 うちの娘は幼稚園年少。元気で活発、クラスでもうるさい女の子として有名ですが、どうも、運動オンチらしいのが心配です・・・。
 
 箱根の彫刻の森に遊びに行ったときは、おともだちの先頭に立ってガラスのジャングルジムに登り始めたものの、「こわいこわーい!」とひとつも登れません。また、何度ジャンプを教えても、両足一緒にジャンプできません。三輪車を前に進めるのにも、親子で猛特訓しました。
 

全文を読む

「子どもは親を超えていく」の巻

2012年11月20日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:おんがくがかり

 先日、第6回静岡県体操祭の新体操女子が草薙総合運動場体育館で行われ、上の娘(小6)が小学生リボンで優勝しました。県で1位ですよ! 自分が小6だったときのことを思い出すと…、そもそも県で1位になったことはありませんし、「すでに親を超えたな」と感じた瞬間でした。

20121116トロフィー.jpg
 

全文を読む

「かわいい服を着せたい!」の巻

2012年11月16日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 120センチから130センチ、140センチへ。背が伸びるにつれ、かわいらしい男の子の服はどんどん少なくなります。手頃な値段で・・・となるとなおさら。アーミー柄やがい骨柄、スポーツ系など、武骨というか、男っぽいデザインばかり目につきます。色も渋めか、逆に極端にビビッドか。
 
 まだまだ、かわいらしい、子どもらしい服を着せたい! そんな欲求が満たされません。
 

全文を読む

「トコロ変われば」の巻

2012年11月14日(水)カテゴリー:乳児  投稿者:ナグコ

 離乳食はだいたい5、6カ月ごろからスタートですよね。娘は小さく生まれたこともあり、栄養士さんと相談して、少し遅めの7カ月から始めました。
 
 しかし、3時間おきのおっぱいから抜け出せないまま8カ月に。赤ちゃんせんべいなら食べた9カ月。ひじきを混ぜた固めのおかゆは気に入ったらしい10カ月…。
 

全文を読む

「役に立たないかも知れないブックガイド」の巻

2012年11月12日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:橋爪充

 1~2週間に1度、静岡市北部に住む私の母が訪ねてきます。
 
 その際、ちょくちょく持ってくるのが、かつて私が愛読していた絵本。30年以上前からずっと押し入れに保存してあったようで。多くは母のもくろみ通り、4歳10カ月女子と1歳6カ月男子の愛読書になっています。
 
 今日は、そのうちの何冊かをご紹介しましょう。ある世代のパパママには「懐かしい」と思ってもらえるのではないでしょうか。完全に懐古企画です。すみません。
 (奥付、版元は手もとにある本の記載を参照しました)
 

全文を読む

「嫌いなもの、苦手なもの」の巻

2012年11月 9日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 僕は、アラフォーの今もどうしてもグリーンピースが食べられません。「なんで?」と聞かれても言葉になりません。口に入れると、反射的に「うっ!」となります。程度の差はあれ、「受け入れられない」ものがある人は割合に多いのではないでしょうか?
 
 僕のことはともかく。。。
 
 わが家のお兄ちゃん(小4)は、つい半年ほどまで「音」に悩まされていました。正確に言うと「不規則音」「予期せぬ音」。特にリコーダー(たて笛)の外れた音がどうしてもダメだったようです。うまく指で穴をふさげなかったり、息を吹いたまま指を動かしてしまったりすると「ピッ」と出ますよね。あの音です。
 

全文を読む

「6歳の口に戸は立てられず」の巻

2012年11月 7日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

 先日会社の同僚たちと、チビゾウこと1年生の娘、私で車でおでかけしました。
 
 お姉さんたちに相手にしてもらって、娘はおおはしゃぎ。
 学校の話、旅行の話…機関銃のようにず~っと喋っておりました。

 「まったく自分のことばっかり…」と思いはしたけど、まあここまでは良かった。
 

全文を読む

「娘、初めての運動会」の巻

2012年11月 5日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:ohana

 3歳の娘が、通っている幼稚園で初めての運動会を体験しました。
 
 以前もコラムで書いたのですが、夏の安倍川花火大会以来、打ち上げ花火のような大きな音をすっかり怖がるようになった娘。運動会でも、競走種目で発せられるピストルの音に最初は耳をふさいでいました。
 

全文を読む

「絵本中毒」の巻

2012年11月 2日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 4歳間近の長男は、平仮名が認識できるようになったせいか、絵本ばかり読んでいます。寝る前の読み聞かせも3、4冊はざらで、最高記録はなんと10冊!

 読み聞かせているこちらの手が疲れて腱鞘炎になりそうです。
 

全文を読む

「保育園の連絡帳」の巻

2012年11月 1日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:あゆとママ

 見たものを指差して言葉にすることができるようになり、おしゃべりが日に日に楽しくなってきた様子の1歳11カ月の長男ですが、まだ「まま」「ぱぱ」「きゅうきゅうちゃ(救急車)」「ぬーぬ(牛乳)」くらいしかはっきりと言えません。
 
 そんな長男の昼間の様子を知る唯一の手段が、保育園の先生方と毎日交換する連絡帳です。

全文を読む

「お姉ちゃんになる」の巻

2012年10月30日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:葉っぱ

 第2子誕生で、ますますにぎやかになった「葉っぱ」家。毎日があわただしく過ぎていきます。忙しさは2倍以上となりました。今思えば、子ども1人の子育てがなんてラクだったのだろう…と。

全文を読む

「ランドセル」の巻

2012年10月26日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:やっほー

 最近のランドセルは、本当に色とりどり。
 ランドセルの淵の色まで変えて、二色のコーディネイトでランドセルを楽しむことができます。
 
 我が家の下の娘もいよいよ来年小学生。同じ幼稚園のママ友に聞くと、ほとんどの人がもうランドセルを購入していました。しかし、そのランドセルを買うときが大変!という話題に。
 

全文を読む

「耳から鼻水!?」の巻

2012年10月24日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:いもけんぴ

 保育園に通っている1歳半の娘。年中、鼻がズルズル。
 
 朝晩冷えるようになって、大きなくしゃみとともに、これまたすごい鼻水が出るようになっていました。おとといの晩、耳掃除をしてあげていると・・・・
 
 なんじゃ こりゃぁ~!

全文を読む

「初の運動会」の巻

2012年10月22日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:エレファント

 先日、息子にとって初の幼稚園運動会がありました。
 静岡市内の体育館を貸し切ってのかなり規模の大きな大会。正直びっくりでした。
 
 驚いたのはそれだけではありません。
 朝早くからの親たちによる座席取りとカメラポジション争い。いやいや本番前にへとへとです。
 

全文を読む

「便秘」の巻

2012年10月19日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:かずぼん

 すみません、こんなタイトルで。でも保育園時代、特に1~4歳くらいまで、息子の“ウンチ”のことで毎日気をもんでいたのです。
 
 母乳&ミルク時代には毎日数回出ていたものが、普通食になったら、なかなか出なくなってしまいました。保育園との連絡ノートには排泄欄に空白が続き、もう毎日気になって仕方なかったんです。出したいのにいくら踏ん張っても出なくて泣きながら苦しんでいる息子。。見ていて辛くて一緒に泣いたことも。
 

全文を読む

「休日夜間当番医」の巻

2012年10月17日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:こーだ

 はじめまして。今回からコラム「あすなろ」に参加するこーだです。
 
 少し前のことですが、今年のお盆のころの話です。
 
 小学2年生の娘が、大泣きしながら「お腹が痛いっ!」と訴えてきます。そのうち吐き気も。
 

全文を読む

「やられた...」の巻

2012年10月15日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:ジョガボニート

 今年は10月になっても日中は暑い日が続いています。そんなわけで冷蔵庫のフリーザーには、アイスが入っていることが例年より多くなりました。いろいろな種類がある中で、小学4年の娘の好みはソフトクリームのように巻き上がったタイプ。チョコがかかっていれば“文句なし”です。
 

全文を読む

「ノーベル賞・山中先生に学ぶ」の巻

2012年10月12日(金)カテゴリー:その他  投稿者:(ま)

 いいパパだなあ。素敵な家族だなあ(ウルウル)―。
 
 ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった山中伸弥教授と奥さまの会見(10月9日)を聞いていた、僕の感想です。研究成果はもちろん「パパ」としてのエピソードにひきつけられました。
 
 「アメリカでは研究以外の時間がずいぶんできて、子供の成長をすぐ横で見ることができました。子育てに携わることができました。研究でいろんなことがあっても子供の笑顔を見ることがずっと私の支えでした」。
 
 米国留学中を振り返り、山中さんはそう話しておられました。
 

全文を読む

「パパ読んで~」の巻

2012年10月11日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:みーぱぱ

 コラム「あすなろ」をご覧の皆さん、はじめまして!
 
 10月6日に4歳を迎えた長女と、1歳5ヶ月の次女の父、「みーぱぱ」と申します。
 
 初めての投稿です☆どうぞ、よろしくです!
 

全文を読む

「実は正反対の姉弟」の巻

2012年10月 3日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:たいいくがかり

 先月5歳、2歳になった姉弟は、かなりの確率で「そっくりだね」と言われます。今も確かに似ていますが、お姉ちゃんの数年前の写真を見ると、本当に似ているなと思います。

 しかし、顔はそっくりでも、やることや性格、好き嫌いはまるで正反対です。お姉ちゃんの時はそうじゃなかったのに・・・と思えることが頻繁にあります。

全文を読む

「初落ち」の巻

2012年10月 1日(月)カテゴリー:乳児  投稿者:やつ

 先日、会社で仕事をしていると、携帯に妻から電話が。
 
 「仕事中にかけてくるなんて、なにごと?」と思いながら出ると、「落ちた! 落ちちゃったー!!」と嫁の慌てふためく声。その声にかぶさるように「ウギャー!!!」という娘の泣き声。
 

全文を読む

「家計負担、どう増える?」の巻

2012年9月28日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:きりん

 ちょっと固い話ですみません。 

 わが家はアラフォー共働き世帯。消費増税が決まり、今後どのくらい家計負担が増えるか気になるところです。専業主婦の友人たちも「これから教育費もかさむし、働くことを真剣に考えなきゃ」と言っています。

全文を読む

「お肌の悩み」の巻

2012年9月26日(水)カテゴリー:乳児  投稿者:ナグコ

 やっと秋らしい風が吹き始めましたね。娘はもうすぐ10カ月、最近はつかまり立ちができるようになりました。
 
 ママにとって秋の訪れは、あせもの季節の終わり。娘は肌が弱いので、ひどいあせもを覚悟していたのですが、どうやら無事に夏が過ぎたようです。
 

全文を読む

「私も行きたい」の巻

2012年9月24日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:おんがくがかり

 小学6年の娘が、学校で配られた修学旅行の計画案をニヤニヤしながら見せに来ました。「平成24年度 修学旅行 実施計画案」という堅苦しい感じの書面でしたが…
 
 目を通すと、「2泊3日」「鎌倉大仏」「江ノ島電鉄」「元町中華街で夕食」「(名の知れた)ホテル泊」「国立科学博物館」「最高裁判所」「国会議事堂」「浅草寺」「東京スカイツリー(展望台まで上れるそうです)」「(ちゃんとした)旅館泊」「ANA機体工場見学」「お台場でバイキング」「江戸東京博物館」…と、何ともそそられる内容。思わず「私も行く!」と言ってしまったくらいでした。
 

全文を読む

「家族4人でキャンプ」の巻

2012年9月21日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:橋爪充

 9月上旬、2週続けて家族4人でキャンプに行きました。今年の夏にテントを新調したのですが、ずっと使う機会がなかったのです。1週目は梅ケ島キャンプ場で慣らし運転。2週目は箱根パノラマパークで行われたキャンプインフェスティバルに参加しました。4歳8カ月女子は昨年、テントデビューを果たしていますが、1歳4カ月の男子は正真正銘、生まれて初めてのキャンプです。
 
 率直な感想。幼児って、どうしてあんなにテントが好きなんでしょうか。ペグで地面に打ち付けていない段階から2人で中に入って大はしゃぎ。インナーシートを敷いていないのに、ゴロンゴロンしながら「気持ちいいねー」を連発です。
 

全文を読む

「寝る子は脳も育つ」の巻

2012年9月18日(火)カテゴリー:その他  投稿者:(ま)

 「寝る子は育つ」。昔から言われている言葉ですね。ご存知の方も多いと思いますが、これには、ちゃんと科学的裏付けもあります。夜間熟睡している時に「成長ホルモン」が多く分泌されるためです。「夜更かしはいけません!」と目くじらを立てるのにはちゃんと根拠があるんです(笑)。
 
 今朝(18日)の静岡新聞朝刊を見ていましたら、「寝る子は脳も育つ」という見出しがあり、目をひかれました。睡眠時間の長い子どもほど、記憶や感情に関わる脳の部位「海馬(かいば)」の体積が大きかったことを、東北大の滝靖之教授らの研究チームが突き止めた―というニュースでした。
 

全文を読む

「守銭奴でこまる・・・」の巻

2012年9月14日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:りえっち

 今日は、小学2年生の息子(8歳)についての悩みを書いてみようと思います。
 
 「字を書くのが早くて汚い」 とかー、
 「緻密な性格ではなく、テストでケアレスミスが多い」 とかー、
 「いまだに夜、一人でトイレに行けない」 とかー・・・・
 
 まあ言い出したらキリがないのですが、
 今わたしが一番「ヤバくね?」と思っているのがタイトルの通り、「守銭奴でこまる」なのです。

全文を読む

「仲裁の達人への道」の巻

2012年9月12日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

 児童クラブでのこと。
 
 上級生のお姉さん二人が、ゲームのルールでもめていたそうで、チビゾウこと私の娘(小1)が「じゃあ、最初にAちゃんの方法でやって、次にBちゃんの方法でやったらいいんじゃない?」と提案したんだそうです。
 

全文を読む

「花火の爆音にびっくり?」の巻

2012年9月 8日(土)カテゴリー:幼児  投稿者:ohana

 うちの娘(3歳)の夏休みもあっという間に終わり、幼稚園通いが再開しました。プールや伊豆旅行など、思い出づくりもたくさんしました。さいわい、体調を崩すことなく過ごすことができ、良かったなと思います。
 
 とはいっても、ちょっとしたハプニングも。
 

全文を読む

「おばけ」の巻

2012年9月 7日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:ちいぴか

 初めて投稿します。もうすぐ4歳になる長女、2歳の次女、そして12月に3人目を出産予定の母親です。日々の子育てから「困った」「知りたい」ことを記事にしようと取材をしています。
 
 時間が限られた毎日、朝から晩まで子どもたちをせかしてしまいます。そんな時、よく登場するのが「おばけ」です。「おむつ替えないと、おばけがおしりをたべちゃうぞ~」
 

全文を読む

「おおかみこどもの雨と雪」の巻

2012年9月 5日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」を近くのシネコンで見てきました。
 
 狼男と結婚し、生き別れてしまった人間の女性が、生まれた2人の「おおかみこども」を自然豊かな田舎で一生懸命育てるというお話です。
 

全文を読む

「嬉しい!楽しい!誕生日」の巻

2012年9月 4日(火)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

 みなさん、こんにちは。
 
 先月、私は〇〇歳の誕生日を迎えました!
 
 前日、仕事が終わって自宅へ帰ると、三女が駆け寄って来て「ママ、明日サプライズがあるんだけど、何時に帰ってくる?」と聞いてきました。「早く帰って来るよ~」と言うと、「7時までには帰って来てね!」と言われました。
 

全文を読む

「第2子誕生」の巻

2012年9月 3日(月)カテゴリー:乳児  投稿者:葉っぱ

 妻が陣痛のような痛みがあるとのことで、あわてて病院に向かったのは生まれる1週間前のこと。
 
 「いよいよか」と心の準備をしながら、分娩室に入ったのですが…。陣痛がおさまってしまいました。
 

全文を読む

「ベビーカー論争」の巻

2012年8月31日(金)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 朝日新聞さんが取り上げたり、NHKさんが取り上げたり、という影響でしょうか。このところ、「ベビーカー論争」が再燃しているようです。時々、ネットなどで火がつく話題ですね。電車やバスにベビーカーをたたまずに乗るのはどうか、という話です。

 わが家は2人の子をまだベビーカーに乗せていた時代に東京に暮らしていて、鉄道が主な足だったので、よく分かります。おむつやらミルクやらけっこうな量の荷物を持った上でベビーカーを畳み、さらに子どもを抱く、場合によっては2人抱くなんてことになると、とてもとても女性では無理です。パパでも大変でしょう。

全文を読む

「兄と弟の"相乗効果"」の巻

2012年8月30日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 僕の結婚式のとき、恩師がスピーチで紹介してくださった名言が心に残っています。「友情は、喜びを2倍にし、悲しみを半分にしてくれる」。ドイツの詩人・思想家、シラーの言葉とうかがいました。「結婚」も同じかなあ?という疑問は置いておいて、人と人の“相乗効果”を分かりやすく伝える言葉ですね。

 一方、英国には似たことわざで「結婚は悲しみを半減し、喜びを2倍にし、生活費を4倍にする」というのもあるそうですね。当時は笑い話かと思いましたが、今振り返ると「その通り!」という感じがいたします(笑)。

 それはさておき、わが家の長男・次男を見ていると、2人の“相乗効果”をはっきり感じます。一人でいる時はやたらさびしがり屋さん。「青菜に塩」という感じで、シュンとしています。長男も、次男も、そんなふうです。

全文を読む

「夏休み」の巻

2012年8月28日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:かずぼん

 早いもので息子の夏休みも残りわずか。今年は水泳教室(夏休み期間のみ)、家族揃ってお出かけ(名古屋港水族館)、いとこたちともよく遊んだし、いい夏休みだなあ。去年より格段に増えた宿題もほぼ終わりつつあるし~。
 
 絵日記、読書感想文・・ お母さんも苦労したよ・・・書き始めるまでが大変なんだよな。息子も同様、何をどう書いたらいいのか整理できず、なかなか書けません。
 

全文を読む

「おいおい、そこですか(笑)」の巻

2012年8月22日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 毎日のように小学生やさまざまな団体の皆さんが見学にお越しになる静岡新聞社・静岡放送の本社屋ですが、実は僕、社員でありながら行ったことのない場所がまだまだたくさんあります。ということで、夏休みの社員家族見学会に初めて参加してみました。小4の長男、小3の次男、妻と一緒に。
 

全文を読む

「共働き×子どもの病気」の巻

2012年8月20日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:たいいくがかり

 9月に2歳になる息子は、お姉ちゃんに比べるとまだまだ病院によくかかります。夫婦共働きのわが家にとって「子どもたちの病気」は大問題です(そういうご家庭、多いでしょうね)。
 
 特に、夜中に発熱したとき。小児科のインターネット予約の画面を見ながら、明日はどちらが仕事を休めるか、どちらが病院に連れて行くか、元気な子のお迎えはどうするか・・・。夫婦会議が始まります。
 

全文を読む

「おっぱい VS 哺乳瓶」の巻

2012年8月17日(金)カテゴリー:乳児  投稿者:PUMP

 こんにちは。8月も半分が終わりましたが、まだまだ暑いですね。
 
 とはいうものの、乳児の子育てって断然、夏の方が楽じゃないですか? クーラーを使わなくても、格好は薄着、掛け布団はナシ、入浴時も寒くなくてありがたい! 冬には冬のメリットがあるのかもしれないですけど。
 
 さて、トラブルもなく順調な子育て・・・と思っていた最近、1つの壁にあたりました。
 

全文を読む

「あせらない」の巻

2012年8月15日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:きりん

 はじめまして。2歳女児の母です。現在、第2子妊娠中です。
 
 なかなかおしゃべりを始めなかった長女。ようやく最近、ごにょごにょと話し始めました。ほとんど何を言っているのか分かりませんが…。
 

全文を読む

「泣いて泣いて泣きやんだら」の巻

2012年8月13日(月)カテゴリー:乳児  投稿者:やつ

 はじめまして。5月末に娘が産まれた父親ルーキーです。
 
 嫁と娘が里帰りから戻ってきてから、予想通り(以上?)の大変な毎日。
 

全文を読む

「1歳8カ月の成長」の巻

2012年8月10日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:あゆとママ

 はじめまして。1歳8カ月を迎えた長男のママをしています。
 
 長男が1歳を迎えた次の日に仕事に復帰し、はや8カ月。忙しい日々ですが、毎日楽しく仕事と育児、家事に奮闘中です。
 

全文を読む

「子育ては諦めが肝心」の巻

2012年8月 8日(水)カテゴリー:乳児  投稿者:ナグコ

 はじめまして。昨年11月に生まれた娘は8カ月になります。よろしくお願いします。
 
 産前産後は精神的に不安定になりやすいといいますよね。私も4カ月間ほど「産後うつ」的な日々を過ごしました。
 

全文を読む

「双子用ベビーカー」の巻

2012年8月 6日(月)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

 双子用ベビーカーは、縦型・横型、どちらを使っていますか?
 
 縦型は、スーパーなどの狭い通路でも、幅を気にせず通ることが出来る、ただ、体重バランスの関係で、前と後ろに座る位置が決まってしまいやすい、後ろの子が景色を見にくいなどがあります。
 

全文を読む

「スポーツと親の愛」の巻

2012年8月 3日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:おんがくがかり

 上の娘(小6)は、3歳の頃から新体操をやっています。もう始めて9年、現在はとある新体操クラブの選手クラスで、ほぼ毎日練習を続けています。日々練習会場が違うので、その送り迎えや大会の応援など、親としても精いっぱいのサポートを続けています。
 

全文を読む

「父の妄想とフットサル」の巻

2012年7月30日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:橋爪充

 久しぶりに4歳7カ月の長女とボール蹴りをしました。静岡市駿河区にあるフットサル場。職場の同僚に誘っていただいたフレンドリーマッチです。
 
 もちろん、長女が試合に参加するわけではありません。8分1本で続く試合の合間、みんなが休憩している間に、ボール遊びをする程度です。ドリブル、シュート、パス。「待て待て~」。私がスローモーなドリブルを始めると、楽しそうに追いかけてきます。フットサルで多く見られる足裏トラップを試みるので、びっくりしました。
 

全文を読む

「季節はずれですが・・・」の巻

2012年7月26日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:いもけんぴ

 はじめまして。小学5年生と1歳3か月の、9歳差の姉妹をもつ母です。上の子は、下の子に比べて身長2倍、体重3倍、姉というよりも「チビママ」です。

 そのチビママから先日、「ちょっと聞きたいんだけど」と切り出され、次に何がくるかと思いきや、「サンタって、本当にいるの?」の質問。この暑いときに、なんて季節はずれの話。なんでも、友達との会話の中で、サンタの正体の話になったのだとか。

全文を読む

「負けるな、次男」の巻

2012年7月23日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 1歳4カ月の次男は、つかまり立ちして、目についたものをぽいぽいっと放り投げるのが楽しくて仕方ないようす。ぱぱ記者や妻は「あっ、もうこんな所に手が届くんだ」と驚きながら、本や文房具などを、より高い場所に移したり戸棚や押し入れにしまう日々です。
 

全文を読む

「まっすぐ帰るのは大変」の巻

2012年7月19日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:アサゾウ

 チビゾウこと私の娘は小学1年生になり、もうすぐ初めての夏休みです。
 
 この3カ月、プールバッグを引きずって底に穴をあける、学校で育てている朝顔が夏を待たずに枯れかかる…などなど、今思えば笑える出来事に、いちいち怒ってなんだかとっても疲れました(- -;
 

全文を読む

「あんどう先生」の巻

2012年7月18日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 小3の次男が学校から帰ってくるなり、「きょうALTの先生が来たんだよ~」と楽しそうに話を始めました。こうして学校であったことを進んで話してくれる辺り、まだまだかわいいな~と思います。
 
 「ALT」。外国語の指導助手の先生のことですね。Assistant Language Teacherの頭文字を取っています。あいさつの仕方を教えてもらったり、何かカードゲームのようなものをして、とても楽しい時間だったようです。
 
 と、まあそれはともかく、最高のエピソードがこの後にありました。
 

全文を読む

「生き物を育てる」の巻

2012年7月16日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:りえっち

 小学2年になる息子が通う小学校では、植物や生き物を自分の管理下で育てる、という取り組みをしています。5月には、各自、鉢植えで育ててみたい植物について調べ、苗を自分で買ってくるという宿題が出ました。
 
 わが家の場合、おじいちゃんの趣味が野菜作り。もう十数年、市民農園を借りて野菜作りに精を出しています。
 
 トマトをぜひ育てたいという息子は、さっそくおじいちゃんに聴き取り調査開始。必死にノートに「わきめをつむ」「みずはあげすぎない」などおじいちゃんからのアドバイスをメモり、2人で仲良く苗屋さんにトマトの苗を買いに行きました。
 
 2人が買ってきたのは、「リトルサマーキッス」というキュートな名前のトマト。
 

全文を読む

「無理せずやる」の巻

2012年7月15日(日)カテゴリー:小学生  投稿者:ジョガボニート

 今夏、小学4年の娘が家でピアノを弾く姿をよく見かけるようになりました。地区の親善音楽会で歌う「気球にのってどこまでも」の伴奏を弾いているのです。聞けば本番で伴奏をするわけではないとか。「曲を気に入ったの?」。さりげなく聞いてみると、「楽譜をみて、私でも弾けそうな気がしたから」という話でした。

全文を読む

「私の新発見」の巻

2012年7月14日(土)カテゴリー:その他  投稿者:ひとちゃん

 7月7日(土)・8日(日)にエコパアリーナで、初の大型イベント『こどもみらいプロジェクト in エコパ』を行いました。
 
 今回は、静岡新聞SBSブースの内容などもリニューアルし、より身近なもので遊んでいただけるように、工夫しました。
 
 私たちスタッフも、新たなメンバーが加わり、みんなで色々なアイデアを出しあった結果、楽しいイベントになったと思っています。
 
 その中で、私の新発見は・・・

全文を読む

「たなばた」の巻

2012年7月10日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:かずぼん

 小学2年の息子を児童クラブにお迎えに行ったときのこと。「お母さんも願い事書いてね」と先生から短冊を渡されました。

 ああ、もうすぐ七夕かあ。。季節の伝統行事をまめにやらないわが家を反省しつつ、「毎日元気で楽しく過ごせますように」とわりとつまらない、でも本心なのよって言葉を書きました。

 息子は何て書いたのかしら?

全文を読む

「新米パパ参上」の巻

2012年7月 9日(月)カテゴリー:乳児  投稿者:PUMP

 はじめまして。3週間前に第1子が誕生したばかりの新米パパです。
 
 妻と子供は、妻の実家に帰省中のため、現在は朝食抜き&夜食コンビニの毎日。「いってらっしゃい」「おかえり」のない生活は寂しいものだなぁと感じつつも、先輩パパママからは、「今だけだから楽しんで!」
 
 子育てって、自分が想像しているよりずっと大変なんでしょうね・・・。

全文を読む

「お姉ちゃん」の巻

2012年7月 3日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:たいいくがかり

 弟が生まれて1年9カ月、4歳のお姉ちゃんは面倒をみたくて仕方がありません。遊んでいる最中もお世話をしたり、おもちゃを貸したり、お菓子をあげたりしています。
 
 弟がお昼寝をするときも、「お姉ちゃんがトントンしてあげる」といって、寝ている弟の胸をたたいて寝かしつけをしてくれるのですが、力加減のせいか起きてしまうこともしばしばあります。また、遊んでいる最中も「お姉ちゃんのこと好き?」と質問をして、片言の「好き」という言葉を待っていたりします。
 

全文を読む

「カブトムシ」の巻

2012年7月 2日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:エレファント

 1カ月ほど前に会社の同僚からいただいたカブトムシの幼虫のうち1匹が無事成虫となりました。しかも雄。
 
 幼虫の時は気持ち悪がっていた息子と妻も、次第に慣れたのか2人がほとんど世話をして、私のやることはほぼなし。たくさんもらったので近所の子どもたちにも、分けてあげたのですが、わが家がどうやら1番早く成虫になったようです。
 

全文を読む

「賞品を準備中! 意外と豪華かも♪」の巻

2012年6月30日(土)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 先日からお知らせしています ☆アットエスコミュニティβ☆ エコパで「みつけてつたえてゲーム!!」 の賞品を準備しています。アットエスコミュニティβの「ハッピース!!子育て来楽部」のメンバーだけのVIP企画(大げさですねw、会員限定ゲーム)です。こういうことを考えて、準備をしているときって、本当にワクワクします。

 ※ゲームについて詳しくは ⇒こちら でご覧ください。

全文を読む

「自由人」の巻

2012年6月29日(金)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 まずは、お店の人に「ごめんなさい」。30分近くも、こんな格好でただでDVDを見せていただいて。。。ちゃんと、この後でDVDソフトを2本購入させていただきました(笑)。

 とある平日、夕方のショッピングセンター。休みだった僕と、学校帰りの次男(小3)は一緒に夕飯の買い物に。まあ、トムとジェリーが大好きな次男にとって、このショッピングセンターのCD・DVDショップは天国なんです。ずーっと、楽しいアニメが次から次へと流れていますからね。

全文を読む

「双子はライバル??」の巻

2012年6月26日(火)カテゴリー:双子  投稿者:ひとちゃん

二女・三女が、この4月から小学生に!
今月、初めての運動会がありました。

私達の小学校では、新1年生が、開会式で抱負を発表する、という恒例行事があります。発表するメンバーは、各クラス男女1人ずつを先生が任命します。

全文を読む

「動物園でドキドキ」の巻

2012年6月26日(火)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 久しぶりに日本平動物園(静岡市駿河区池田)に行ってきました。このところ、行くたびに着々と新しく、面白くなっている感じがします。
 
 今回は、新しいエントランスゲート、ピカピカのトイレ、授乳室や救護室も入った事務棟が出迎えてくれました。駐車場の料金が値上がりしていたのにもちょっとビックリしましたが・・・。(※6月1日から普通車600円、バス1500円になったそうです)
 

全文を読む

子育てコラム「あすなろ」について

2012年6月26日(火)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 翌檜(アスナロ)は檜に似た常緑樹です。「あすは檜(ヒノキ)になろう」。そんな意味が込められた命名です。ぐんぐんと空に向かって真っすぐに伸びる翌檜、その姿に子どもの健やかな成長を望む思いを重ね、このコラムの名を「あすなろ」としました。

 スタートしたのは2007年。こどもみらいプロジェクトの主要事業の一つ「ハッピース!!子育て来楽部」がスタートする少し前のことでした。このホームページの前身「ぱぱままにゅーす」の開設に合わせて企画しました。
 
 これまでの5年間は静岡新聞SBSグループに勤める「ぱぱ記者」たちが日ごろの子育てで感じたこと、経験したことなどを飾ることなく記してきました。これからは、こどもみらいプロジェクトのママメンバーなど女性陣も加わり、子育てコラム「あすなろ」として、さらに楽しいコーナーにしていきたいと思っています!

 子育ては楽しいこと、うれしいことがいっぱい。でも、つらくなるときもあれば、イライラするときもありますよね。わたしたちの家庭のたわいもない出来事、トラブル、パパ・ママの心模様・・・。そんな子育て日記を読んで「わかる、わかる」と共感してみたり、「あらら・・・ダメねぇ」と思ってみたり、ちょっぴり息抜きをしてもらえたらうれしいです。
  
 皆さんからのコメント(お名前はニックネームで構いません)もお待ちしています。気軽に書き込んでくださいね。
 
 ※このカテゴリーでは、2012年4月からの「あすなろ」(第452回以降)を掲載しています。さらに前の記事は旧サイト「ぱぱままにゅーす」でご覧になれます ⇒こちら
 
 

全文を読む

「日々成長」の巻

2012年6月20日(水)カテゴリー:幼児  投稿者:葉っぱ

初めまして、みなさん。

1歳6ケ月の娘をもつペンネーム「葉っぱ」です。今回からこちらに登場させていただくことになりました。

全文を読む

「アンパンマンミュージアムにて」の巻

2012年6月18日(月)カテゴリー:幼児  投稿者:くまもん

 まもなく2歳になる娘はアンパンマンが大好きです。起きてすぐアンパンマンのDVDを見るところから一日が始まります。
 
 そんな娘のために先日、横浜市にある「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」に行ってきました。入口ではアンパンマンやジャムおじさんなどいろんなキャラクターのモニュメントが出迎えてくれ、娘は「うわー」「うわー」を連発していました。
 

全文を読む

「野外フェス、音楽も聴こうぜ」の巻

2012年6月16日(土)カテゴリー:幼児  投稿者:橋爪充

 音楽好きな両親の子どもは、音楽好きになってくれるはず。そんな根拠のない確信とともに、ここ数年、わが子と一緒に野外音楽フェスティバルに参加しています。
 
 今年の「初フェス」は6月上旬の「頂2012」でした。4歳の娘はこれでフェス9回目。1歳の息子はこれが人生初めてのフェスです。
 

全文を読む

「それは言わないでwww」の巻

2012年6月13日(水)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 休みをいただいて、次男(小3)の参観会へ行ってきました。
 
 ちょっと横道にそれますが、今の職場はシフト勤務で週末の固定休みがない代わりに、平日は比較的休みやすいんです。そのおかげで、子どもたちの行事は結構な割合で見られるのがうれしいです。
 

全文を読む

「自然の力はすごい?!」の巻

2012年6月 8日(金)カテゴリー:幼児  投稿者:ohana

 幼稚園生活まもなく丸2カ月になる娘。お友達も徐々にできてきたようで、毎朝楽しそうに登園していく様子はほほえましいものです。5月から幼稚園で始まった給食もほぼ残さず食べてきているとのこと。食のほそさを心配していたぱぱ記者もひと安心。
 
 それでも、最近の娘にはちょっとした悩みが。前回のトイレネタに続いて・・・ですが、それは、定期的に娘を襲う「便秘」。たまり続けるとそのうち伏せがちになり、機嫌も悪くなっていくんです。頻繁にトイレには連れてっているのですが、すんなりとはいかず、いつも苦労しています。
 

全文を読む

「悩みごと」の巻

2012年6月 5日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 最近長男は悩みごとがあるようです。よくほお杖をついてイッチョマエに物思いにふけっています。
 
 独りぼっちになるから幼稚園に早めに行くのがイヤとかなんとか・・・。そういえば、ぱぱ記者も同じ頃、なぜこの世に注射なんてものがあるのだろうかと、雲を見ながらひとり悩んでいました。
 

全文を読む

「胃腸炎」の巻

2012年5月24日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:たいいくがかり

 2週間前、休暇をもらって家族で旅行に出かけました。4歳の娘は体も丈夫になり元気に生活していましたが、1歳の息子は出かける前の週まで、風邪のような症状があり、薬を飲んでいました。
 
 出かける週にはその症状も回復しましたので、無事に旅行に出かけました。ところが、3日目の朝食の時間に息子が、突然おう吐してしまいました。とはいえ元気だったので、外出をしましたが再度おう吐、下痢の症状があったので、施設内の救護室を紹介してもらい、休息を取りましたが微熱があったこともあり、近隣の小児科を受診することにしました。
 

全文を読む

「ようこそ! しずおかへ(公園編)パート2」の巻

2012年5月14日(月)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 先月、3つほど公園を紹介したらたくさんの人に読んでいただけたようなので、気をよくして今回もいつもの子育て雑感からちょっと脱線。最近、小4、小3の子どもたちとお出掛けして、ものすごく気に入ってくれた2つの公園を紹介します。
 
 まずは静岡駅南口から徒歩5分弱の「森下公園」。駐車場はありませんが、駅からとても近いです。僕は小学生のころ、ここのローラースケート場に練習に通っていた時期がありました(光GENJIに刺激されたのかどうかは・・・忘れましたw)。
 

全文を読む

「お漏らしして...」の巻

2012年5月10日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:くまもん

 1歳10カ月になるわが家の娘はこの数カ月、片言の言葉をたくさん言えるようになったり、早く走れるようになったりしました。目を見張る成長ぶりに毎日がとても楽しいのですが、ちょっとした心配事もあります。
 

全文を読む

「幼稚園で急成長?!」の巻

2012年5月 8日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:ohana

 娘がついに幼稚園に入りました。
 
 自宅からは歩いて十数分程度ということで、夜勤中心のぱぱ記者が主に昼間のお迎え役を務めています。娘の手を引きながら、園での出来事について話を聞いてあげるのが最近のぱぱ記者の楽しみでもあります。
 

全文を読む

「一升餅と凧」の巻

2012年5月 4日(金)カテゴリー:乳児  投稿者:みのる太

 4月に1歳の誕生日を迎えた次男。誕生日には長男同様、実家の祖父母に一升餅を用意してもらいました。
 
 一升餅には「一生食べ物に困らないように」という意味が込められているとか。この一升餅を背負って歩くのが自分が生まれ育った地域のしきたりです。
 

全文を読む

「いっぱいの勇気」の巻

2012年5月 1日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:ランド

 先日、家族で潮干狩りに出かけました。息子が1歳の時からの恒例行事で、今年で3回目になります。

 行き先は浜名湖弁天島付近。今年はあまりアサリがいないと、前週に同じ場所に出かけた先輩から話を聞いていたので、潮干狩りはほどほどに、浜名湖のさまざまな生物を息子に見せられれば、という思いでした。

全文を読む

「竹を切る」の巻

2012年4月26日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:スカイ17

  4月のある日、小学4年生の娘が庭で、のこぎりを持っていました。何をするのか尋ねたら、これから竹を切るというのです。

全文を読む

「入園しました」の巻

2012年4月17日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:エレファント

 4月10日、3歳の息子が幼稚園に入園しました。当日は本人も緊張していたでしょうが、それ以上に私たち夫婦がドキドキ感を味わっていました。
 
 朝起きてから、着替えをして朝食を食べ、元気良く園に到着。そこまでは順調そのものでした。
 

全文を読む

「ようこそ! しずおかへ(公園編)」の巻

2012年4月12日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 春4月、新しく静岡県に引っ越してきたよ♪ というパパ、ママ、ベビー・キッズも多いと思います。ようこそ! しずおかへ。これから、よろしくお願いします。(ちなみに、「しずおか」って少し言いにくいですよね。静岡の人には「しぞ~か」と言う人も多いです)
 
 静岡新聞SBSのこどもみらいプロジェクトやアットエスのイベントグルメなどをぜひ、注目していてくださいね。きっと、家族で楽しく暮らしたり、遊んだりするうえで役立つ情報が見られると思いますよ。
 
 きょうはいつもの子育て日記を少し離れて、わが家で子どもたちに人気の公園を3カ所ご紹介します。きっと、静岡市や静岡県中部に住んでいるママ、パパなら一度は行ったことがあるよという人が結構な割合いるだろう、わりとメジャーなスポットです。み~んな無料です。まずはワンピースの世界にGO!

DSC_0698.jpg
 

全文を読む

「娘の貫禄」の巻

2012年4月10日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:くまもん

 1歳9カ月になる娘は陽気な性格で、いつも音楽に合わせて踊ったり、歌を歌ったりしています。その姿を見ているだけでこちらも楽しくなるんですが、最近、新たな一面を見せるようになりました。
 

全文を読む

「娘が苦手なもの」の巻

2012年4月 5日(木)カテゴリー:幼児  投稿者:ohana

 先日、父の13回忌のため、妻と3歳の娘を連れて浜松の実家に行きました。祖父母の23回忌も兼ねた法要だったため、普段めったに顔を合わせない遠縁の親戚も集まり、娘が人見知りしないか少し心配しつつ、実家に向かいました。
 

全文を読む

「家族全員で引っ越し」の巻

2012年4月 3日(火)カテゴリー:幼児  投稿者:みのる太

 ぱぱ記者の転勤に伴い3月下旬、家族全員で静岡市からが浜松市に引っ越しました。
 
 引っ越しが決まってからというもの、幼稚園の早期保育に通っていた3歳の長男は、友人と別れることが悲しくてテンションはずっと低め。転居後も「このおうちを壊して元のおうちに戻る」と駄々をこねて落ち込んでいました。しかし、遠州鉄道の赤い電車が見える公園など徐々にお気に入りポイントをみつけていくうちに、陽気な笑顔を取り戻しつつあります。
 

全文を読む

「やはり、座って小用は・・・」の巻

2012年2月 9日(木)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 わが家で長く続く戦い「立ちション」か「座りション」か(下品な表現、お許しを・・・)。過去のコラムをさかのぼってみたら、2008年にも書いていました(⇒こちら)。もう4年もそんなことをしているのですね・・・。
 
 先日、わが家の男性軍3人にとって屈辱的な出来事がありました。なんと、わが家のトイレに「ペットシート」が登場したのです。

全文を読む

「悩んだ末に・・・転校します」の巻

2012年1月10日(火)カテゴリー:小学生  投稿者:けろろ&たまま

 これまで何度もこのコラムに登場した次男くん(小2)、4月から転校して特別支援学級に入れていただくことになりました。静岡市では養護学級と呼んだり、なかよし学級と呼んだりしています。
 
 成長がちょうど1年遅れているような感じで、小1、小2は普通学級で過ごしてきました。算数が特に苦手です。もう小3も間近、かけざん九九も周りの友達は すいすい諳(そら)んじますが、うちの次男くんは繰り上がりの足し算にまだまだ悪戦苦闘している状態です。いくら家でみっちり教えても、とてもみんなには 追いつけません。

全文を読む

実録!小学校入学への道(10・完)入学

2009年4月10日(金)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 11月の就学前健康診断から不定期で掲載してきた「実録!小学校入学への道」も今回でしばらくお休みです(わが家ではまた秋から、二男の「小学校入学への道」が始まりますが…)。長男の入学式を無事に終えることができました!!

 入学式当日の流れについて時系列に沿って振り返ってみます。(時間帯は学校により異なりますが、流れはおおむね同じです)

全文を読む

実録!小学校入学への道(9)学習環境づくり

2009年4月10日(金)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま
 子ども部屋は用意しましたが、まったくわが家の子どもたちは寄り付きません。すっかりおもちゃと絵本の倉庫状態です。長男の小学校入学を契機に学習環境を整えよう! 子ども部屋に学習机と本棚を用意しよう! と思いましたが、使ってくれなさそう。そこで、リビングの一角に学習コーナーを作ることにしました。

全文を読む

実録!小学校入学への道(8)ようやくランドセル購入

2009年2月25日(水)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 長男も保育園で周りのお友だちから「ランドセル買ったよ!」と話を聞かされていたようで、首を長くしてこの日を待っていたようです。静岡の中心街に向かうバスに乗る前から、ウキウキ顔でした。お父さんがなかなか「買いに行こう」と言い出さないことを不安に思っていたのかもしれません。


 「プレゼントしてあげるよ」というおばあちゃんと静岡市内の某かばん店前で合流。いろいろ迷うのかな?と思っていたら、店員さんが「一番の売れ筋ですよ」と最初に薦めてくれた黒の牛革ランドセルを背負うと、長男は「うん、これがいい!」と即決。5分で終わってしまいました…。


 親として、少々こだわりたかったのは完全防水かどうかという点だけ。ランドセルの“雨合羽”(ランドセルカバー)もあるけれど、面倒臭がりの僕の子どもだからきっと雨でも付けない…。幸い、長男が気に入ってくれた品は望み通りの仕立てでした。


 防水とはいってもいろいろです。中の裏地までバッチリ防水対応のものもあれば、表面だけしか対応していないものもあります。まだ買っていない人は少数派かもしれませんが、店員さんにそんな点も聞きながら選ぶとよいかもしれませんね。


 ほんの5分の買い物でしたが、ランドセルを背負い、鏡の前で「気を付け」をした長男の姿はグンと成長した“少年”の顔に見えました。1人で学校まで行けるのかな…、ちゃんと授業中に座っていられるかな…、心配がちょっぴり軽くなった気がしました。


 しかし、ランドセルってなかなか、いい値段ですね。かわいい、かわいいわが子のためとはいえ、わが家の家計では、ちょっと出費を渋る値段でした。


 本日の出費 46000円 



全文を読む

実録!小学校入学への道(7)クリスマス・プレゼント

2008年12月25日(木)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 小学校入学を控えた長男のクリスマスプレゼント、おもちゃ一色だった昨年までとは様変わりしました。そうしようと決めていたわけではないのですが…。


 “おじいちゃん・おばあちゃんサンタ”から届いたのは、長男が大好きなアニメキャラクターの文房具セット。鉛筆、筆箱、ノートなどの豪華詰め合わせでした。


全文を読む

実録!小学校入学への道(6)入学通知書

2008年12月10日(水)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 わが家に入学通知書が届きました。

 市町により差はあるようですが、大半は12月中(遅くとも1月中)には届きます。


 

nyugakutuuti1209.jpg

全文を読む

実録!小学校入学への道(5)親学講座

2008年12月 4日(木)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま
 年長さんがいる家庭は、何となく落ち着かない感じになってきましたね。

 周囲の話を聞くと、住んでいる市町や学校の規模によって入学用品は少しずつ異なる様子。同じ小学校に通っている近所のママ、パパに聞くのが、何より頼りになりますね。それでも、疑問に思うことは下手に悩むよりも、学校に直接聞いてしまいましょう。

081104_1957~03.jpg

 さて、今回は「親学ノート」のお話。

全文を読む

実録!小学校入学への道(4)入学用品申し込み

2008年11月20日(木)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま
 就学前健康診断(→実録!小学校入学への道<2>)の会場で配られた「新入学用品の予約申込書」。「本日、提出していただいても構いませんよ?」と言われたものの、リストにある品数も値段も、とてもその場で決断できるレベルではなく、家に持ち帰りました。

 先週、いよいよ提出の締め切り日を迎えました。前夜、緊急夫婦会議を実施、絞り込みを進めました。
 

全文を読む

実録!小学校入学への道(3)ランドセル

2008年11月13日(木)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま
 今月に入り、ランドセルの新聞広告やテレビCMを目にする機会が増えてきました。例年よりも放映、掲載が多い気がするのは自分が購入する年だからでしょうが、不景気でも必ず売れるランドセルに寄せる業者の期待は例年以上に大きいようです。

 「ランドセルカバー、リコーダーケース、防犯ブザーをサービスします」「早期予約特典○千円引き」などというPRをネットや店頭で目にすると、「もう買わないと…」なんて、気をせかされます。確かに、特典は魅力的です。

全文を読む

実録!小学校入学への道(2)就学前健診

2008年11月 7日(金)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま

 来年4月に小学校に入学するお子さんがいる家庭には10月中旬以降(市町により若干の時期の違いはありますが...)、受診会場などが書かれた就学前健康診断のお知らせが郵送で届いているはず。わが家にも届き、「息子もいよいよ小学生か...」と実感させられました。

 先日、その健診に出掛けてきました。今の住所に転居してまだ1年のわが家はこの健診の日、長男が入学する予定の小学校に初めて入りました。妻と長男、そして野次馬で参加した私(お父さん)、3人そろって緊張してしまったのでした...。

全文を読む

実録!小学校入学への道(1)序章

2008年11月 5日(水)カテゴリー:その他  投稿者:けろろ&たまま
 今年もはや11月、各地の小学校などで就学前健康診断が本格的に始まりました。
 年長さんのパパママ、特に長男長女の入学を控えたパパママはドキドキでしょうね。

 入学までにどんなイベントがあるのかな、どんな準備にどれだけ出費が必要なの??。
 年中さん以下のパパママも興味があるのでは?

 そこで、始めます! 連載「実録!小学校入学への道」
 これから不定期で、長男の小学校入学を控えたスタッフがレポートします。

 初回は近日中に。ご期待ください。

全文を読む

このページの先頭へ