8/30(土)・31(日) 富士登山キャンプ!~低学年の部~ 【前編】

8/30(土)・31(日)の2日間、富士登山イベントの第2段、低学年部員と行く富士山トレッキングを実施しました!
前回の高学年のコースとは違い、富士宮口から宝永山の周りをぐるっと周り、御殿場口へ抜けるコースを歩きました。

前回に続き、雨の中のスタート。。。
でもみんな元気いっぱいの笑顔で、いざトレッキングスタート!


今回も、富士山の山岳ガイドさんにも同行していただきました。
みんな一列に並んでてくてく、てくてく。とっても可愛らしいご一行です。


富士山には、こういった横に伸びる樹木がたくさん。


「どうして横に伸びているかわかる??」とガイドさん。
「雪で押しつぶされるから!」と部員のみんな。大正解!!

富士山の冬は厳しく、草木も雪の下に埋もれてしまいます。
上に伸びることができない樹木は、横にむかって伸びるんですって。


6合目を過ぎ、御殿庭(ごてんにわ)方面に向かいます。
この辺りは急な下り坂が続き、気を抜くと足元をすくわれます。


そして歩き始めて30分ほどすると、晴れ間が見えてきました!


宝永第二火口縁で、「ハイ、チーーーーズッ!


今回は山頂を目指すわけではないので、標高も6合目以下のトレッキング。
この標高だと、富士山に暮らすたくさんの植物や生物を見つけることが出来ました♪

ミヤマアキノキリンソウの蜜を吸うミツバチ


ニワハンミョウ


フジアザミ。とてもインパクトのある見た目です。


メイゲツソウ。イタドリが赤く色付くとメイゲツソウ。とてもきれいな色でした。


部員のみんなも、たくさんの虫や生き物を見つけましたね。
生き物がたくさんいると、部長のてっちゃんも、とても嬉しそうでした☆


これはコガネムシの一種、センチコガネ。鮮やかな色が特徴的でした。


エゾコモリグモ。部員のみんな、大人と違って目線が低く、小さな虫も良く見つけましたね♪


「みんな、あそこ見てごらん!静かにね!」とてっちゃん。
何がいたのかな??


そこにはなんと!


木の間から、ニホンジカがこちらをじっと見ていました!

とっても可愛いニホンジカですが、最近では富士山もニホンジカの食害が深刻なようです。
でも同時に、ニホンジカが増えすぎてしまった原因は、人間によるものだということも学びました。
食害対策も必要ですが、それ以上に、人間の過度な開発が生態系に影響を及ぼしていることを深く考えさせられましたね。

進んでいくと、白骨化したシカの死骸もありました。



たくさんの発見があり、あっという間にルートの終盤に。
右手に見える、双子山を目指します!


この登りが、疲れた体にこたえました。。。


まだまだ余裕?!


正式名称は、二ツ塚下塚(ふたつづか しもづか)。


ここまで来たら、ゴールの御殿場口5合目は目前!
「どこにそんな元気が残ってたの!?」
砂地の下り坂をみんなで駆け下りましたね♪



そして、みんな笑顔で無事に御殿場口5合目に到着!
スタートから約6時間。低学年の部員にはキツいかな、と思いましたが、全員笑顔でゴール♪


トレッキングを終えると、今日の宿泊地「富士山麓山の村」へ移動♪
共同生活を通じて仲間の絆を深めるぞ~!


後編へ続きます。