HOME  > 001)静岡こども環境大使  > ハワイ島から環境大使が静岡にやってきました(5)

ハワイ島から環境大使が静岡にやってきました(5)

001)静岡こども環境大使

清掃工場

  「ハワイ島にはごみ焼却施設はないんだよ」と聞いて、静岡の大使たちはびっくり。ハワイでは、多くのごみが埋め立てで処理されているというのです。「静岡ではどうしているのか?」というハワイ側の問い掛けにこたえ、一行は静岡市の清掃工場を見学しました。そこには、静岡市出だされるごみが毎日大量に集まり、分別された上で焼却処理されるという説明を受けました。また、焼却で発生する熱を利用してエネルギーを作って利用していることも分かりました。また、驚いたことに、持ち込まれるごみの中には新品同様のものがとてもたくさんありました。
  
ゴミ02.jpgゴミ03.jpg 

大使たちの発見、感想
○ごみの中に使える物はまだまだ多く、「もったいない」という言葉がまだ広まっていないのかもしれない。
○ゴミを燃やした熱で発電をしていた。
○厳しい法律の基準に従って排出物もきれいにしていた。

株式会社 静岡新聞社・静岡放送 株式会社は、チームマイナス6%に参加しています。