HOME  > 001)静岡こども環境大使  > ハワイ島から環境大使が静岡にやってきました(10)

ハワイ島から環境大使が静岡にやってきました(10)

001)静岡こども環境大使

活動を振り返って~大使の感想~
   
「新たな知識を得る機会に」
☆富士宮市立芝川中学校1年 小泉克弥
 今までとはちがう活動で、しっかりできるか困っていた日々は、あっという間に過ぎていきました。
 活動を終えてみると、たくさんの思い出やたくさんの学びなど数多くのことが心に残っています。 初めてハワイの大使と会ったときは、とても緊張しました。でも、同じ体験をしていくうちに、少しは打ち解けていけたような気がします。 二日目の森の環境学習、三日目の海の環境学習と自然の環境学習を行う度に、ぼくも新たな知識を得ることができました。
 この交流を通して、国や地域、それぞれの環境問題はちがうけれど、問題意識を持ち、解決していこうという考えは一緒だと分かりました。
 これからもいろいろな環境問題に興味を持ち続けていきたいです。そして、自分達にできることを考え、実践し、追求していきたいです。

「多くの人が考えれば大きな力になる」
☆静岡雙葉中学校1年 石橋佳奈
 一昨年の11月から、環境大使として活動してきて、いろんなことを体験できました。
 同じグループになった先ぱいと、ふだんは入れない山に登って、木の種類、性質などや、その山全体のことを調べてきました。
 他にもハワイの環境大使とネットを通じて交流したり、今年の3月には、実際に一緒に活動もしました。最初、私は英語が話せないので不安もありましたが、ハワイの環境大使とは、とても楽しく活動できたし、仲良くなれてよかったです。
 私が環境大使になってがんばったのは、やはり自分の発表です。環境大使になって1年以上の活動の中で学んだことをベースに、いろんな情報を付け加えて、みんなの前で発表することは、緊張したし、大変でした。でも、発表した後は、ものすごくスッキリして、とてもうれしかったです。
 また、ここまでがんばることができたのは、貴重な体験学習をさせてくれた周りの大人の方々のサポートのおかげだと思っています。
環境は人が努力すれば変えられると思います。私一人の努力では小さな力にしかならないけれど、環境大使として活動し学んだことを、周りの人達に紹介していくことで、少しでも多くの人が環境について考えてくれたら、それは大きな力になっていくかもしれません。私自身も、もっと環境について調べたり、学んだりして、どんな努力が必要かをさがしたいと思います。

「地球全体で考える問題」
☆御前崎中学校3年 寺田奈穂
 今回環境大使に課せられた役目、それは、静岡の環境保護活動を紹介することでした。私はウミガメの保護について調べることになりました。そこで、一年かけて私の住む御前崎の小学校での保護活動についてまとめました。しかも、英語での発表ということで最初は不安でしたが、ハワイの人との交流を楽しみに頑張りました。
 また、日本文化を紹介したかったので、飾り巻き寿司にも挑戦し実際作ってもてなす事ができました。言葉の壁はあったものの、6日間仲良く過ごすことができいい思い出になりました。
 また、現在問題となっている原子力のことや自然エネルギーのことを大使の皆で話し合うことで、地球全体でこの問題を考えていかなければと実感しました。思いを伝えることの楽しさと達成感を感じた6日間でした。

「豊かな自然と共生していかなければならない」
☆静岡県西遠女子学園中学校3年 永田理紗
 こども環境大使として参加した研修は、私自身まだ知らないことがたくさんあると実感した6日間だった。
 ハワイの大使との交流を通して、異文化について理解を深められたと同時に、自分達の住む静岡や日本についても多くのことを学ぶことができた。
 木を使わないことで起こる静岡の森の問題について知った「森」の学習。遠州灘海岸のアカウミガメというテーマで発表し、ウミガメという生物をとっても、環境や国民の意識の違いによって保護のしかたが異なることを再確認した「海」の学習。富士山からの豊かな湧き水によって受け継がれてきた文化と私達の生活について理解した「山」の学習。富士山のゴミ、日本の原発問題から未来のエネルギーについて話し合った時間。
 どれをとっても、人は自然の中で生かされていて、豊かな自然と共生していかなければならない必要性を再確認したよい機会となった。

「一人でも多くの人に環境に関心を持ってもらう」
☆静岡市立大里中学校3年 大石健生
 今回の環境大使の研修を通して、強く思い出に残っていることが2つあります。
 1つ目は、ハワイの大使に話しかけたとき、英語が通じたことです。ぼくは英語に自信がなく、初日は会話をすることに消極的でしたが、積極的に話しかけることでしっかり英語で会話ができました。
 2つ目は、プレゼンテーションです。プレゼンが上手だとほめてもらったこともそうですが、何より自分のプレゼンの内容でみんなが討論してくれたことがとてもうれしかったです。みんなの真剣な表情が今でも強く印象に残っています。エネルギー問題についてという難しい内容でもみんなが意見を持っていてすごいと思いました。
 研修を通して環境に関することだけでなく、自分の意見を持ち、発表、表現することなど多くのことを教えていただきました。この経験を生かし、環境大使になった時からの目標の「一人でも多くの人に環境に関心を持ってもらう」を実現できるようがんばっていきたいです。

全員集合02.jpg

株式会社 静岡新聞社・静岡放送 株式会社は、チームマイナス6%に参加しています。