HOME  > 002)静新SBSグループの取り組み  > LED照明を浜松市に寄贈-本社など6社

LED照明を浜松市に寄贈-本社など6社

002)静新SBSグループの取り組み

 浜松市が1月から取り組む「企業協賛を活用した公共施設へのLED照明等の設置事業」に賛同した静岡新聞社など民間6社の代表者が22日、同市西区大平台の市エコハウスモデル住宅で、鈴木康友市長に太陽光で発電し蓄電するLED照明の目録を手渡した。6社には鈴木市長から感謝状が贈られた。

 LED照明を寄贈したのは本社をはじめ、アイエイチエス(同市東区)とサインクリエイト(同市南区)、損害保険ジャパン浜松支店(同市中区)、システック(同市北区)、さくら交通(袋井市)。

 鈴木市長は「東日本大震災をきっかけに、自然エネルギーの活用や節電の意識が高まっている。今後もみなさんのご協力をお願いしたい」とあいさつした。LED照明は街路灯や防犯灯などとして、市内の小中学校や同ハウスにすでに設置されている。

鈴木市長(右)に目録を手渡す本社代表者=浜松市西区大平台の市エコハウスモデル住宅
鈴木市長(右)に目録を手渡す本社代表者=浜松市西区大平台の市エコハウスモデル住宅

株式会社 静岡新聞社・静岡放送 株式会社は、チームマイナス6%に参加しています。