J1鹿島主将の三竿、優勝を渇望 ザーゴ監督不在の中で始動

 J1鹿島が20日、茨城県鹿嶋市で新シーズンへ向けて始動し、主将の三竿が優勝への熱い思いを口にした。4季連続で逃している国内タイトルを渇望し、オンラインで「去年1年、戦ってきたメンバーがいるのでベースはできている。今までにないくらい優勝したい気持ちが強い」と語った。

始動日に練習するJ1鹿島の三竿=茨城県鹿嶋市((C)KASHIMA ANTLERS)
始動日に練習するJ1鹿島の三竿=茨城県鹿嶋市((C)KASHIMA ANTLERS)

 就任2季目のザーゴ監督や外国人選手は不在で、来日後の隔離措置のため2月3日からの宮崎キャンプ2日目に合流する見通し。新加入のブラジル人MFアルトゥールカイキは緊急事態宣言の期限となる2月7日まで入国できず、ブラジルで新型コロナウイルスに感染したレオシルバの来日時期は未定。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0