岡島チェアが副会長の有力候補に サッカー協会、女性2人目

 日本サッカー協会副会長の有力候補に、女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」のトップ、岡島喜久子チェア(62)が挙がっていることが9日、関係者への取材で分かった。10日の協会理事会で理事に推薦され、今月末の評議員会などを経て就任する見通し。2014~18年に務めた国立西洋美術館館長の馬渕明子さん以来、2人目の女性副会長となる。

岡島喜久子チェア(WEリーグ提供)
岡島喜久子チェア(WEリーグ提供)

 理事29人のうち女性は現在4人で、田嶋幸三会長は女性登用を進める方針を示してきた。スポーツ庁などが競技団体の健全運営を促す指針「ガバナンスコード」では、女性理事の目標割合は40%以上に設定されている。

いい茶0
メールマガジンを受信する >