静岡新聞SPORTS

バレーボール男子の井手 東レ退団、海外移籍を決意

(2020/5/11 19:09)
東レを退団し、海外移籍を目指す井手=東レ体育館
東レを退団し、海外移籍を目指す井手=東レ体育館

 バレーボール男子元日本代表のリベロ井手智が6年間在籍した東レを4月末で退団し、欧州への移籍を目指している。1年後に延期された東京五輪も視野に、代表復帰を期して武者修行に出る。「厳しい環境に飛び込んで精神的にも技術的にも強く、うまくなりたい」と決意を語る。
 2月末に発表された日本代表に井手の名前はなかった。「大事な年に代表を外れてしまった」。海外挑戦に迷いはなくなった。2019年まで日本代表で、一時は主力として起用された。ところが昨年のネーションズリーグで出番が激減した。当時、チームが重視していたのがスパイクレシーブなどの「ディグ」。練習時のデータで、ディグの成功率が他選手より低いことがマイナスに評価された。「練習から本気でやるという姿勢が自分は甘かった」と悔やむ。
 小2でバレーボールを始め、長崎の名門・大村工高で主将を務めた。常勝校を率いる重圧に苦しんだ高校時代が原点なら、東レで試行錯誤した6年間は心のよりどころだ。リーグ優勝と入れ替え戦の両方を経験。先発を外れ、試合に出られない時期もあった。「人間、プレーヤーとして成長させてもらった」
 リベロという守備専門のポジションは年齢的なピークが長く、体格で劣る日本人でも比較的、能力を発揮しやすい。「日本人の繊細なボールタッチの感覚が生きる」と井手。現在28歳。パリ五輪に照準を合わせるが、東京五輪の延期で1年の猶予ができた。「まだチャンスがある」と意欲を取り戻している。
 新型コロナウイルスの影響が世界に及ぶ中での険しい道のりだが、決断に後悔はない。「今のままじゃ何も変わらない。海外のスピード、パワーに対抗し、多くを吸収したい」。挑戦心に突き動かされている。

東レアローズ男子の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第1節 1回戦
川 崎 2 - 0 横浜M (終了)
鹿 島 - 清 水 (15:00)
札 幌 - 横浜C (14:00)
浦 和 - F東京 (14:00)
広 島 - 仙 台 (14:00)
大 分 - 徳 島 (14:00)
湘 南 - 鳥 栖 (15:00)
C大阪 -  柏  (16:00)
神 戸 - G大阪 (17:00)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿