静岡新聞SPORTS

アーチェリーのロシアチーム 掛川・つま恋で合宿

(2019/7/5 08:09)
練習風景を公開したロシア代表チームの選手たち=掛川市のつま恋リゾート彩の郷
練習風景を公開したロシア代表チームの選手たち=掛川市のつま恋リゾート彩の郷

 東京で12日から開かれる東京五輪アーチェリー競技のテストイベントに出場するロシア代表チームが、掛川市のつま恋リゾート彩の郷に事前合宿のため訪れ、4日に松井三郎市長ら地元関係者の歓迎を受けた。
 アーチェリーのロシアチームは、前回リオデジャネイロ五輪で女子団体銀メダルを得た強豪。東京五輪の事前キャンプ地は未定だが、ウェブサイトでつま恋に注目し、テストイベントに向けた合宿地に選んだという。メダリストを含む選手5人が10日まで滞在して練習する。
 広大な芝生の競技場があるつま恋は、かつてアーチェリーのナショナルトレーニングセンターに指定され、今も日本代表が合宿に利用している。ロシア選手らは「施設が広すぎて驚いている。プレー環境も良い」と満足げに話した。松井市長は「素晴らしい練習をして金メダルを取ってください」と激励した。

東京五輪の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト