バスケットU―14女子 沼津市立高中等部 初の日本一

 中学年代のバスケットボール日本一を懸けた「bj2020総合教育・生涯学習機関ECCカップU―14(14歳以下)」(静岡新聞社・静岡放送特別協力)は28日、草薙このはなアリーナで男女決勝などを行った。

女子決勝 沼津市立高中等部-J.sphere 初優勝を決めて喜ぶ杉山(右から2人目)ら沼津市立高中等部の選手=草薙このはなアリーナ
女子決勝 沼津市立高中等部-J.sphere 初優勝を決めて喜ぶ杉山(右から2人目)ら沼津市立高中等部の選手=草薙このはなアリーナ
女子3位決定戦 清水七中-Eagle Nest S”tage 第2クォーター、シュートを放つ清水七中の山本(中央)=草薙このはなアリーナ
女子3位決定戦 清水七中-Eagle Nest S”tage 第2クォーター、シュートを放つ清水七中の山本(中央)=草薙このはなアリーナ
女子決勝 沼津市立高中等部-J.sphere 初優勝を決めて喜ぶ杉山(右から2人目)ら沼津市立高中等部の選手=草薙このはなアリーナ
女子3位決定戦 清水七中-Eagle Nest S”tage 第2クォーター、シュートを放つ清水七中の山本(中央)=草薙このはなアリーナ

 女子決勝は沼津市立高中等部がJ・sphere(愛知)との接戦を39―37で制し、初優勝。女子の静岡県勢では2年ぶり2度目の栄冠に輝いた。同3位決定戦は清水七中が57―44とEagle Nest S"tage(埼玉)に快勝した。女子のMVPに杉山萌唯、ベスト5に勝亦麻結、河谷真矢(以上沼津市立高中等部)、梅本理世(清水七中)が選出された。
 男子は城南静岡中の8位が最高だった。
 27、28日の静岡県勢結果と男子決勝は次の通り。

 ▽男子決勝トーナメント1回戦
 城南静岡中 59―45 bj ACADEMY CROWN
 千葉ジェッツU―15 67―48 浜松開誠館中
 U―14島根スサノオマジック 75―43 伊東南中
 ▽同準々決勝
 名古屋ダイヤモンドドルフィンズU―14 64―48 城南静岡中 
 ▽同5位決定1回戦
 京都ハンナリーズU―14 61―55 城南静岡中 
 ▽同7位決定戦
 U―14島根スサノオマジック 87―55 城南静岡中 
 ▽同決勝
 名古屋ダイヤモンドドルフィンズU―14 56―32 サンロッカーズ渋谷U―15
 ▽女子決勝トーナメント準々決勝
 EagleNestS”tage 53―41 浜松学院中 
 沼津市立高中等部 59―46 清水南高中等部
 清水七中 65―32 bjJY
 ▽同5位決定1回戦
 浜松学院中 44―34 bj ACADEMY CROWN
 清水南高中等部 60―35 bjJY
 ▽同5位決定戦
 浜松学院中 42―38 清水南高中等部
 ▽同準決勝
 沼津市立高中等部 41―40 清水七中
 ▽同3位決定戦
 清水七中 57―44 EagleNestS”tage
 ▽同決勝
 沼津市立高中等部 39―37 J・sphere

 ■中高一貫の良さ 強化に結実
 沼津市立高中等部が、1点差で競り勝った清水七中との27日の準決勝に続き、J・sphere(愛知)との決勝も2点差の接戦を制した。
 第3クオーター途中に24―29と5点差に引き離された。だが、第4クオーターに入って勝亦が連続シュートを決めて勝ち越すと、主将の杉山の3点シュートや野口の得点で突き放した。終盤は追い上げられ、39―37の残り1・5秒でフリースローを与えたが、相手が2本とも外し、全国から静岡に集まった13チームの頂点に立った。
 杉山は「3ポイントが入ったときは安心したが、準決勝で20点差を一度ひっくり返されていたので、最後まで集中しようと心掛けた」と振り返る。勝亦は「相手エースをしっかり抑えることが勝利につながった」と守備面の収穫を挙げた。沼津市立高との合同練習が強さの秘訣(ひけつ)で、工藤監督は「中高一貫の良さを生かした強化ができている」と話す。
 出場権を得ている来年1月4日開幕のジュニアウインターカップ第1回全国U―15(15歳以下)大会(東京)は1学年上の3年生主体で臨むが、指揮官は「2年生も起用したい」と2冠獲得へ、成長を示した勝亦らに期待を高めた。

 ■終盤突き放し清水七中3位
 準決勝で沼津市立高中等部を苦しめた清水七中が、3位決定戦で57―44とEagle Nest S”tage(埼玉)に快勝した。第2クオーター終了時は22―21とリードはわずか1点。選手同士で話し合い、市川は「しっかりとしたディフェンスから流れをつくろうと決めたことが良かった」と守りを修正し、終盤突き放した。
 大会前は新型コロナの影響で市外での練習試合は取りやめたが、駿河総合高などと対戦してレベルアップを図った。梅本は「団結して戦うことができた」と大会を振り返った。

いい茶0
メールマガジンを受信する >